Xが教えるローラー武器研究(ヴァリアブルローラー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

ローラー武器研究(ヴァリアブルローラー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
横振りは150ダメージ。縦振りは150ダメージ。ひきは125ダメージとなります。
縦横振りのダメージは同じとなっていますが、縦振りに関しては射程も伸びていることもありダメージ減衰が若干低いように思います。
またこの武器の特徴は縦振りであり、他のと違い塗りの強さがあります。ダメージはそこそこ高いので縦振りでダメージを稼いでいきたいところですね。

・射程について
横振りは1.5メモリ。縦振りは2メモリとなります。
横範囲よりもちょっと伸びてはいますね。ダイナモよりかは短いといった感じです。
ただし、ヴァリアブルローラーの縦振りはトコトコ歩きながら調整ができます。唯一ヒト速が乗るんですが、効果はないです(笑)
話は戻ってこの武器の特徴は縦振りの射程ではなく塗りの強さがダメージ減衰となります。
横振りよりも縦振りで追い込む方が強いので、射程的なことも考えて縦振りを使っていきましょう。

・メイン性能アップの特徴

ヴァリアブルローラーのメイン性能アップは「ダメージアップ」となります。そのため、ギアの積み方によっては1確の射程を伸ばすことができるため非常に強力です。ただし、使い切れていないと射程を見誤ることが多いのでその点は気をつけたいところですね。
ダメージの上がり幅をギア3.9つんだ時で見てみましょう。
横振り:150ダメージ → 172.5ダメージ
縦振り:150ダメージ → 172.5ダメージ
ひき :125ダメージ → 143.7ダメージ

縦振りと横振りのダメージは同じくらいとなっており、上昇地も20ちょっととなります。
縦振りを使うヴァリアブルとしては少しでも遠くへのダメージ減衰を抑えたいところがあるため、縦振り多用する方にはいいかと思います。

・対面時の対応について

ヴァリアブルの対面において強いのは縦振りです。他のローラーの場合は潜伏して横振りで叩くことが多いですが、この武器は縦振りによる牽制が非常に強力となっています。
シューターくらいの距離感であればダメージ減衰も50ほどに抑えられるので二発当てれば倒すことが可能なんですよね。インクを当てるという射程で言えば4メモリほど飛ぶので非常に遠くから攻撃が可能となっています。牽制さえしっかりしていれば縦振りで倒すことが可能なので積極的に狙っていきたいところです。
また、縦振りによって足場の確保ができるので、前線へ上がる道を自分で作ることもできます。
前線に上がればスプロラのように潜伏キルも狙えるので、結構立ち回りを変えやすい武器とも言えます。
ただし、当て振りはエイムが非常に難しいので当てれるかどうかで戦況が大きく変わります。
また、横振りをするにも間合いを詰めないといけないため前線へ出るというのはローラーの役目となりますので、立ち回り自体は他のローラーと変わりません。
ただし、縦振りにより塗りの応戦やサポートがしやすいため、前衛と中衛を交互に変えて立ち回ることができますので、状況により変えていきましょう。

あと、この武器は縦振りの射程が長いことから均衡状態の時は味方のカバーに入って縦振りをするのがいいです。
倒せなくとも足場をとったりダメージを与えるだけで全く状態が変わってきますので、カバーの意識をしっかり持っていきましょう。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■ヴァリアブルローラー

スプラッシュシールドとスプラッシュボムラッシュの構成となります。
立ち回りとしては縦振りが多くなるため、何かと相手に見つかりやすい武器です。
そのためにスプラッシュシールドを使うことによって安心して縦振りをすることが可能です。
特にシューター系を相手にするときは、縦振りのスキは非常に危険です。そういったシーンで使えるのが非常に便利です。
また、前線武器ということもあり前線での逃げに使えるのも重要です。動画で使い方を説明していますが、スプラッシュシールドを使えば角に投げて相手の攻撃を防げますし、真下にいればイカジャンでなんとか逃れます。そういった使い方もできるので前線離脱もできるのがいいですよね。
また、前線を攻める上ではスペシャルは非常に便利です。もちろん敵がいない時や足場の確保にもいいので使い勝手がいいんですよね。ただし、前線でボムを投げるのに必死になると後ろからやられることが多いので、敵の位置を抑えてはおきましょう。

■ヴァリアブルローラーフォイル

キューバンボムとマルチミサイルの構成となります。
こちらは無印と違って非常に邪魔をするのに特化した構成となります。
そもそもキューバンボム自体はダメージが高く他のボムよりも強力です。逃げる際に壁へのおきボムがしやすく相手を倒すことが可能です。
またその逃た際に、マルチミサイルを使うことで守りから攻めに転じることが可能です。
前線に上がりすぎるとそもそも標準がつかないので、下がり切ったタイミングで使えばおおよその場所を押さえた上で再度攻めることも可能です。
ただし、前線で使うことができないため、下がるタイミングが非常に重要となります。
無駄に下がりすぎるのは危険ですので、この辺りは味方の位置に合わせて動いていきましょう。

3:ギアの考察

■ヴァリアブルローラー

・オススメ:イカ速、イカ忍、メイン性能、スーパージャンプ短縮、スペシャル減少ダウン、インク回復
立ち回りはスプロラに近いこともあり、サブの使用度も考えるとメイン重視に組むのかいいと思います。
前線で立ち回ることを想定したりするとイカ速とイカ忍は必須といっても良いかと思います。
もちろん足場を確保してから前線に出る時も重宝するのでいいですよね。
また、メイン性能も縦振りの火力を出す上では必要なので、使用感次第かと思います
他のローラーと違うところとしては、スパジャン短縮をつけることによって前線からの離脱速度を上げるという点です。
前線にいればいるほど囲まれることが多く、離脱ができなくなるのでスパジャンの速度はとても重要です。
シールドを角に投げればその隙間でやり過ごすこともできるので、つけておきたいところですね。

■ヴァリアブルローラーフォイル

・オススメ:イカ速、イカ忍、メイン性能、スーパージャンプ短縮、スペシャル減少ダウン、サブ効率
フォイルの場合は、サブを使っての動きが多くなるため、サブ効率をつけておきたいところ。
イカ忍で逃げることも可能ですが、前線に詰めれないときは中衛あたりでメインの縦振りとボムにより牽制をすることが多くなります。ボムの場合はメインより的確に壁裏などを狙えるので、サブは用意しておきたいところ。
また、投げた後に詰められたとしてもインクが残っているためメインの温存もできます。
なるべく近づけたくはないと思うので、ボムで牽制しつつメインの縦振りを存分に使うためにサブ効率が欲しいところです。
そのほかについては、前線で逃たりデスしたときにスペシャルを使って打開をしていきたいので積んでおきたいところですね。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか?
ヴァリアブルローラーは縦振りが強いといわれていますが、確定範囲の狭さなど考えると当て方が重要になってきます。
牽制の場合は一発で倒すというよりも、じわじわ痛ぶるのが良い武器でもあるので、しっかりと味方と一緒に動いていきましょう。
今回は以上となります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました