Xが教えるローラー武器研究(カーボンローラー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

ローラー武器研究(カーボンローラー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
横振りは100ダメージ。縦振りは120ダメージ。ひきは70ダメージとなります。
ひくこと以外は基本1確を狙えますが、軽量級ということもあり、射程の短さが相まってダメージ減衰が発生しやすい武器です。
そのため少しでも射程外に行くとダメージが極端に下がり1確を狙えないというシーンが多いです。間合いの練習をしないとかなり厳しい武器と言えますね。

・射程について
横振りは0.9メモリ。縦振りは1.3メモリとなります。
横振りに関しては非常に射程が短く、相手との距離がほぼゼロに近いくらいとなります。そのため、潜伏からの間合い詰めが重要となりかなり辛いところです。ただし、軽さがあるため連続で触れるのは非常にいいところですね。
縦振りも伸びたとしても1メモリ弱となっているため、確実に当てないとかなり辛いです。ただし、他のローラーよりも振りが早いため一発目外したとしても二発目を当てることでカバーができます。
もちろんローラー特有の縦振り時に舌を見るとダメージがアップするので、そのテクニックで距離を稼ぐのもあります。
ですが、この武器の射程は非常に短いため前線にいる際は、潜伏がバレないようにポジションを意識するのが重要なのかと思います。

・メイン性能アップの特徴

カーボンローラーのメイン性能アップは「ダメージアップ」となります。そのため、ギアの積み方によっては1確の射程を伸ばすことができるため非常に強力です。ただし、使い切れていないと射程を見誤ることが多いのでその点は気をつけたいところですね。
ダメージの上がり幅をギア3.9つんだ時で見てみましょう。
横振り:100ダメージ → 115ダメージ
縦振り:120ダメージ → 138ダメージ
ひき :70ダメージ  → 80.5ダメージ

ひきに関してはダメージは上がるのですが、1確はできない状態となっています。
射程も伸びるといっても0.1メモリくらいしか変わらないところもあり、メイン性能ギアをつける意味では、少しの取りこぼしを減らすというのが目的になるかと思います。基本前線で潜伏しながら確実に抑える動きが大事になるので、対面の練度に関わってくるのかと思います。

・対面時の対応について

対面時においてですが、シューター系とは違い体をいかに見せないかが重要になります。
とくにカーボンローラーの場合は射程が短いこともあり、スプラローラーよりもバレないというのが重要になります。
そのため、移動の仕方も直線的に動くのではなく物陰に隠れたり、壁際や角待ちをして相手にバレない動きが重要になります。もちろんイカ忍ジャを使えばソレなりにバレませんが、上手いプレイヤーには見つけられることもあるので気をつけたいところですね。
対面においては、ダメージ減衰のことも考えると正面で戦うというよりも横を取ることを意識すると取りこぼしが減りやすいです。咄嗟の反応ができないというところですね。
正面から向かってくるローラーは視認がしやすいため対処がしやすいです。というか、後ろに下がってインクを踏ませれば動きも悪くなるので、倒しやすいんですよね。
一番大事なのは以下に相手のインクを踏まずに、孤立している相手を潰せるかどうかです。
まとめて倒すというよりも一人ずつ確実に倒して前線を上げていくようにしましょう。
足場が取れないと動きが難しい面もありますので、キルして足場を作るのが非常に重要にもなります。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■カーボンローラー

ロボットボムとアメフラシの構成となっています。
メインの射程を考えるとロボムによってクリアリングができるのはありがたいところです。
ですが、使い方としてはロボムの使うシーンは限られてきます。基本的に前衛として動くので敵との対面が多くなります。そういった場所でボムを投げていると位置バレしてしまうためローラーの強みを生かせないんですよね。
ではどういった時に使うのか。足場が少なく前線を上げていく時に使います。
射程が短くダメージも軽めのカーボンローラーは相手に近付かないと本領を発揮できません。その環境を作れるのは一旦オールダウンさせるくらいの隙が生まれた際くらいです。
その環境を作るためにもロボムを投げておきクリアリングと潜伏箇所の確保をすることが重要となります。この場合、ボムを投げたとしても自陣インクの中盤あたりからのクリアリングとなるため、相手からキルされるリスクが減りやすいんですよね。
投げるタイミングが大事であって、いつでも使えばいいという感じではないです。
また、前線で潜伏する上でアメフラシは非常に強力です。前線では足元が敵インク多いため潜伏しづらい面があります。というよりも隠れても位置バレしやすいんですよね。そういった時にアメフラシは少しでも目眩しをしながら敵との対面を楽にしてくれます。軽く外したとしてもスリップダメージで倒し切ることも可能だからです。
ただし、単射程という部分は川ならないので横から仕留めていく意識は持っておきましょう。

■カーボンローラーデコ

クイックボムとロボムラッシュの構成となっています。
ローラーの中でもクイコンができる武器ですね。そもそも射程が短いので遠くの敵に対して攻撃をする方法があまりありません。そういった場面で役に立つのがクイックボムですね。一時的な足場の確保であったり、クリアリングをするのにインク量が軽いため非常に便利です。
また、カーボンローラーと相性がよく、2種類のクイコンを使うことで取りこぼしを減らすことができます。
1つ目はクイコンを投げて足場をとってからローラーで仕留める方法です。2つ目はローラーで倒しきれなかった場合にボムで追撃する方法です。
両者とも使えるコンボですが、相手との距離感で使い分けるイメージですね。
1つ目のクイコンは長射程や塗りが弱い武器に対して効果的です。逃げ場をなくすからですね。
2つ目のクイコンは、単射程向きです。もともと射程が短いので接近戦になりますし、塗りが強い武器なのでボムで巻き込んだ方が倒しやすいためです。遠くに逃げてもボムで追撃できますしね。
非常にボムを使う武器なので、コンボは使い分けておきたいですね。
また、ロボムラッシュは足場の確保やクリアリングで使います。そこまで多用するかというと難しいですが、足場の確保と敵の位置の確認はローラーとして重要な部分なので、牽制として投げておき爆発に紛れて相手に近づくようにしましょう。

3:ギアの考察

■カーボンローラー

・オススメ:イカ速、イカ忍、メイン性能、インク回復、スペシャル減少ダウン
ローラーということもあって、イカ速、イカ忍、スペ減は必須になってくるところです。
というのも前線に出るために機動力と視覚に入らないというのはかなり重要です。そういった面ではこの三つは必要なところとなります。正直しぶきをあげながら攻めてくるローラーはそこまで怖くないので。
イカ忍をつけるのであれば、下げたスピードを上げるためにイカ速を積むのはある程度必要となります。
しぶきを上げないからといっても動きが遅いと対面時に攻撃を避けきれないですしね。
スペ減は前線武器には欲しいところです。前線においてデスすることがどうしても多くなることと、復帰の速さによってスペシャルを溜めることが困難になりがちです。
ソレをカバーすることによってスペシャルでの前線を荒らすことに繋がるので欲しいところです。
インク回復やメイン性能などは武器の使用感になってくるので、隙間があれば入れるくらいでもいいかと思います。
特にメイン性能は、判定がそこまで伸びるわけではないですしね。

■カーボンローラーデコ

・オススメ:イカ速、イカ忍、メイン性能、サブ効率、スペシャル減少ダウン
カーボンローラーデコに関しては、クイックボムを使用するため、サブ効率が重要となります。
というか、これないと結構インク切れが発生するので必須に近いですね。ただし、他のギアを圧迫してしまうので、無印とは構成が大きく変わってきます。イカ速の数を減らすのか、メイン性能を外すのか。人によって相性もあるので、サブの使い勝手に合わせて調整しましょう。
ちなみにサブ性能はあまりお勧めはしないですね。距離が伸びるのは確かにいいのですが、そもそもメインの射程との相性が悪いこともありなかなか難しいところです。
ただし、遠くに飛ばせるということはそれだけクリアリングの幅が広がるのでマップ次第ではいいかと思います。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか?
カーボンローラーはローラーの中でも軽量級なため、何度も触れるのが魅力的です。ただし、ダメージがその分軽くなるためどうしても間合いの詰めかたが甘いとやられてしまうんですよね。
なるべく間合いを把握した上で潜伏と合わせて倒していきたいですね。

今回は以上となります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました