Xが教えるマニューバー武器研究(デュアルスイーパー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

マニューバー武器研究(デュアルスイーパー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
ダメージは28ダメージで、威力減衰が発生すると14となります。
基本は4確の武器となりますが、威力減衰が発生すると5〜6確ほどなってしまいます。
とくにデュアルの立ち回り場、射程ギリギリで戦うのが多くなりがちな武器ですので、威力減衰の影響は受けやすいところとなります。
いかに威力減衰を避け、しっかり当てれるのかが重要となりますので、間合いをしっかり覚えておきましょう。

・射程について
威力減衰が発生しない射程としては、3メモリあたりまで届きます。射程としては申し分ないほどですね。
威力減衰が発生しても届く範囲としては、3.5メモリあたりまで伸ばすことができます。
ダメージとしても20台を保つことができやすいので、むしろ退きながら相手を攻撃していくのがいいかと思います。
実際に使っていて、横の動きも強いですが、後ろへの退がり撃ちも結構強力です。
また、ある程度のシューターであれば射程外からの攻撃が可能になるわけですね。

・ジャンプ撃ちについて
ジャンプ撃ちの特徴としては、レティクルが大きくなり過ぎないという点です。
歩き撃ちのレティクルが小さい分、影響を受けにくい部類なんですよね。
射程の長さの割にブレが少ないということは、ある程度しっかりエイム力があれば取りこぼしを倒すこともできるということです。マニュ系ではあまり使い道がない動きなのですが、デュアルでは率先して使いたい部分でもあるんですよね。
また、スライド撃ちをする時に、このジャンプ撃ちは重宝します。詳しくは、後ほどですね。

・歩き撃ちについて
歩き撃ちについては、ちょっと遅いくらいになります。
といっても、そもそも射程があるので、これくらいのスピードであれば間合いの関係上きにしなくても問題ないと思います。また、連射性もそれなりにある武器なので、歩き撃ちでも十分に立ち回れます。もちろん敵の距離が近いとダメですが、対面時の下がりながら撃つ程度なら十分追いつかれないくらいの速さはありますので、焦らず下がりながら撃ち合いましょう。

・雷神ステップについて
雷神ステップについては、かなりきついです。
そもそも飛沫が小さすぎることによって、相手インク上に乗った時に雷神ステップを使う必要性が見えないところです。
また、スライド自体がかなり強く、射程も生かせる武器なので、そもそも雷神ステップをするような相手陣地に突っ込む感じではないと思います。
そうした点から考えても、雷神ステップを使うというのは基本考えなくてもいいかと思います。

■スライドの特徴

・ダメージについて
デュアルについては、ダメージのアップというのはありません。スライドの特徴としてはスライド自体の性能にあります。
また、レティクルが絞られることによって集団性が上がります。
連射速度もそれなりに速い方なので、相手を倒しに行くときや詰める時にはスライド撃ちを使って詰めていきたいところです。
ただし、集団性がそこまで上がるわけではないので、横へのおいエイムはしっかり狙えるように練習しておきましょう。

・スライド距離について
基本的なスライドについては、1メモリないくらいの感覚となります。射程の割に短い感覚なんですよね。
ですが、特徴としては、スライド後の滑りの部分です。
この滑りによって動きながら撃ち続けることができます。また、それにより硬直が少ないのも特徴です。その証拠に歩き撃ちに自然と変わると思います。これにより原則はしますが止まることがないので、常に一定のスピードで動き続けれます。
まや、ジャンプを間に挟むことによって何度もスライドをすることができます。
もちろんインクがあればというところですが、スライドの使い方によっては一気に間合いを話すことができるのも特徴ですね。
ちなみに、スライド後の滑りをした場合は、2回スライドで3メモリほどの距離感となります。射程と同じくらいになるわけですね。

・インク消費について
インク消費に関しては、度重なるアップデートによってインクの消費が増えています。
特にスライド時のインク消費は、最初の頃に使っていた時を思うと、スライド1〜2回分くらいは減ったんじゃないかと思うくらいです。そのため、対面の時にスライドを使う場合はインクの余裕があることが大事になります。
ということは、継続戦闘力はスライドの回数に比例して悪くなるということです。
擬似核を積まない限りは、レンキルが難しいところなので、間合いを常に意識し、インク回復をするのが重要になってきます。
射程がいい分、そのデメリットがインク消費ということですね。

・メイン性能アップの特徴

擬似確が発動できるのが2.9(メイン2:サブ9)となります。結構積まないと発動しないところとなります。
ダメージは、33.3ダメージと擬似3確となるわけです。射程を生かし戦いをするデュアルとしては、相手の足場を取りながら当てることで擬似確の発動がしやすいように感じます。
ですが、2.9というのはそれだけ武器を扱い切れるかどうかというのが重要になります。詰む際はかなり注意をするのがいいと思います。
ですが、擬似確でなくても十分に効果を発揮する積みかたもあります。
それは、0.4積むことによって30ダメージにすることです。4確となりますが、威力減衰の影響を受けたとしても4確に収めやすいと攻撃力となります。他に持つみたいギアがある場合は、こちらのメインもおすすめですね。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■デュアルスイーパー

ポイントセンサーとマルチミサイルの構成となり、サポート特化となります。
基本的には中衛的な立ち位置になる構成となっており、ポイントセンサーで相手の索敵を効率よく行い、マルミサによって味方の応戦をするといった立ち回りがいいと思います。
ただし、ボムがない構成なので、打開時に何もできないことが多いです。
なので、意外と前線を維持するために、効率よく相手の邪魔をする必要があります。
味方の管理をしながらですね。なので、引きすぎるのはNGな構成と言えます。
またこの武器において全落ちする、または、リスキルされた際は、メインで倒すのではなくスペシャルを使って敵を炙り出し味方と連携することを意識しましょう。
ボムがない以上攻撃手段がメインしかないので焦りは禁物です。
まあ、いちばんは、生存を上げて全落ちを防ぐようにしましょう。

■デュアルスイーパーカスタム

スプラッシュボムとアメフラシの構成となり、攻撃特化となります。
メインと同じ射程でスプラッシュボムを投げることができるため、同じ間合いから相手を詰めることができるのが特徴的です。
また、ボムを持っていることによってメインで攻撃しづらい場所にも牽制できます。無印ではできなかった我慢する立ち回りができるわけですね。それとボムによるクリアリングができるので、置きボムなどで相手を威嚇することもできるため前線での活躍がしやすいところもあります。
スペシャルのアメフラシについてもメインとの相性がとてもいいです。
スパッタリー・ヒューのような雨の中で戦うスタイルももちろんできますが、いちばんは雨の外からでも相手を攻撃できるということです。安全圏からの雨とメインのコンボができるということですね。
押さえ込むにはいい構成の武器ともいえるので、上手く織り交ぜて戦いたいところです。
ただしインク管理がかなり難しい武器なので、足元の管理と敵の対面数には気を付けましょう。

3:ギアの考察

■デュアルスイーパー

・オススメ:メイン性能アップ、スペシャル増加量アップ、インク回復力アップ、メイン効率アップ
メインで戦うことが多くなるデュアルスイーパーなので、メインの効率を考えた構成としています。
インク回復と攻撃力はまさに対面力に必須な部分と言えると思います。打開が難しい武器なのでなるべく生存率を上げるためにメインにふることがいいと思います。
また、打開時に少しでも味方の和声ができるようにスペシャル増加量を積んでおくといいと思います。
塗りの力がそこまで高い武器ではないので、回転を上げるのが重要になります。インク消費を考えるとスペ増を積んでおくと準備まで時間を短縮できるのでいいかと思います。もちろん、勝っている時も味方の応戦がすぐできるので、積んでていいかと思います。

■デュアルスイーパーカスタム

・オススメ:メイン性能アップ、インク回復力アップ、メイン効率アップ、カムバック、サブ効率、スペシャル減少量、ヒト速
メイン振りにするかサブ振りにするかで構成が大きく変わります。
個人的には、サブによるクリアリングや、敵の邪魔をメインとして考えたいところもあるため、サブ振りを考えた構成がいいとおもっています。
ただし、インクの消費が激しいのは変わらずという部分なのでギアを積んだとしても気をつけるところですね。
ボムを一回投げてその後どれだけ相手との対面時間を伸ばすのか。そこが構成の焦点になると思います。
個人的には、0.4メイン性能を積んで、サブメインを1〜2個積んだりすることである程度の対面力の向上は図れると思います。完全にインク消費を抑えるのは厳しいので。あと前線に出ることが多い武器なので、ですが重なりやすいです。そういったかたはスペシャルが攻撃の起点となるので、カムバとスペ減の組み合わせで復帰時のスペシャルゲージを維持するようにしましょう。

4:まとめ

今回は以上となります。
デュアル自体は非常に強い武器ではありますが、スライドの使い方を間違えるとインク管理ミスですぐですしてしまいます。
相手を一人倒したら、インクの状態を確認し逃げるという選択をするようにしましょう。連続での対面はきつい部分もありますので、攻めすぎはNGですね。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました