Xが教えるマニューバー武器研究(クアッドホッパー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

マニューバー武器研究(クアッドホッパー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
ダメージは28の4確となっています。威力減衰が発生すると14ダメージですね。
これは、デュアルスイーパーと同じ攻撃力になります。レティクルもそこまで広い方ではないので、しっかり相手を捉えることができればそれなりに仕留め切れる力はあります。
ただし、アプデによって当たり判定が若干変わっているのもあるので、当て切れるかどうかも重要なところですね。

・射程について
射程は、2.5メモリあたりとなります。スライドのことを考えると射程としては申し分ないくらいですね。
歩き撃ちをしながら塗ったりすることもあるので、相手との間合いを考えればそれなりにはいい感じかと思います。
ただし、単射程の部類に入るギリギリのラインなので実際に使ってみると辛いことが多いです。
牽制し切れるかどうかも重要なところなのでその点をしっかり押さえていきましょう。
また、2.5あたりであれば、威力減衰が発生しても4確で仕留めることができやすいのでそこも魅力的ですね。

・ジャンプ撃ちについて
ジャンプ撃ちについてですが、結構範囲が広がってしまいます。
というか、ジャンプ撃ちは比較的使いたくないくらいのブレです。理由としては、通常撃ちの当たり判定が縮小されたことによって、相手に当てることが難しくなったからです。その上、ジャンプ中でレティクルが広がるとなると、弾ブレに拍車がかかってしまいます。
そういった点からしてジャンプ撃ちはしたくないというのが本音です。
使うシーンとしては、壁上にいる敵に対して直線的に使うといったところですね。

・歩き撃ちについて
歩き撃ちについては、それなりの速さがあるので、そんなに気にならない程度です。
そのため、塗りをしたりする程度であれば使っていくのはありかなと思います。
ですが、歩き撃ちというより通常撃ちについては、難点があります。それが歩き撃ちにも影響するんですよね。
クアッドについてですが、過去のアプデによって弱体化しています。
具体的には、通常撃ちについてプレイヤーへの当たり判定の縮小ということで若干当てづらい感じとなりました。
このちょっとした修正が通常撃ち自体の精度を落とすきっかけとなっています。
簡単に言えば、歩き撃ちで当てるための弾ブレが発生しやすくなったということです。思ったよりも当たらないため結構辛いんですよね。それが歩き撃ちにも反映されているので、実際対面では避けたい行動になります。
ちなみにスライドにはこの影響がないので、スライドを駆使する方がいいんですよね。

・雷神ステップについて
飛沫の大きさからして、雷神ステップはかなり厳しいと思います。
またクアッドのメイン撃ちからイカへの移行が若干遅いこともあり、飛沫が大きいとしてもちょっと辛いなというのが本音です。
それよりもスライド4回使えることを考えると雷神ステップよりもスライドを優先して使った方がいいかと思います。
使い方は知っていても使わなくてはいいという感じですね。

■スライドの特徴

・ダメージについて
クアッドについては、ダメージの変化はありません。
何の変化があるかというと、レティクルの大きさが変わるということと、連射性の向上。さらにスライドの回数となります。
また、いちばんの特徴はスライドしながら攻撃ができるという点です。これに関して言えばマニューバーの中で唯一の能力と言っていいです。本来はスライド中は無防備なためやられるリスクが多い行動でもあります。
ですが、その間も攻撃することによって他のマニューバーよりも攻撃的に立ち回ることができます。
ですが、滑りながら撃つため、常に相手にエイムを向けておく技術が必要となります。なんなら手が回りきらない可能性もありますね。スライドが強いのですが、それなりに難点もあるということです。

・スライド距離について
メモリ1つくらいの距離感となります。
ただしスライドが4回できるので大体3.5〜4あたりまでの距離を稼ぐことができます。
そのため、大体の単射程に対しては、間合いを取り直すができる武器となります。
まあ、スライドをむしろ攻撃に使うことの方が多いですが、回避能力が本当ある武器なので逃げるという選択が先方にも組み込みやすいなと思っています。
ただし、スライドを連続でする際にテンポが速いと距離が短くなることもあり、焦っている時ほどミスが出やすい面もあります。
スライドの距離を活かすためにも、スライド移動の感覚を身につけるのがいいかと思います。

・インク消費について
インク消費に関しては、スライドの回数が多いことから、インク枯渇が発生しやすいという点があります。
まあ、メインの消費もそれなりにあるので、スライドの回数が少なかろうが減りは速いです。
その理由としては、スライド中にも弾を撃ち続けているという点です。
スライド自体のインク消費に合わせて弾自体のインクも消費しているので、意外と乱戦しているとインク切れで負ける等のが多くなります。
複数の相手をするなら、少ないスライドで仕留めることが求められると思いますので、インク管理だけはしっかりしておきましょう。

・メイン性能アップの特徴

擬似核の発動はできます。ギア数としては、2.9(メイン2:サブ9)となります。
もともとスライドが強い武器なので、短期決戦に持っていくことを考えると積んでもいいような能力と言えます。
特に複数人相手している時に効果を発揮するかと思います。
また、デュアル同様サブギア4つ積むことによって、ダメージ30を維持することができます。
これにより、射程外の取りこぼしでもギリ4確に持っていくことができやすくなり、対面時での取りこぼしを減らすことができます。また、その方がギアをたくさん積むことができるので、臨機応変なギアが組みやすくなるのも特徴ですね。
ちなみにですが、擬似核の武器に関しては、インクを踏んでいる的に有効です。
相手インクの上で叩くことが多くなりやすいクアッドのことを考えると意外と2.9積みきるのかは立ち回りとの相談になってきますね。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■クアッドホッパーブラック

ロボットボムとスーパーチャクチの組み合わせとなります。前線型のになりますね。
ロボットボムについては相手のクリアリングに使えます。また、射程が短い部類ではあるので、遠くの敵に有効という点がでかいです。特にチャージャーやスピナーに対してはその場から退かせることができるので、遠くからの牽制ができますね。
あと、壁に当てたりすると思ったよりも反発して、飛距離をコントロールすることもできます。そう言った使い方をすることによって相手の前線を下げる役割ができるようになります。
チャクチについてですが、スライドの使うタイミングで変わってきます。スライド1〜3回までに使うのか、4回目に使うのかで実は硬直時間がかわります。スライド1〜3回で使うと発動が早くなります。4回目はスライド終わりの硬直時間の影響でちょっと遅いんですよね。この時間が非常に厄介です。チャクチ狩りされるリスクを減らすのであれば、1〜3回で使うのがベストです。最後の硬直前に使うということですね。ちなみにスパッタリークリアも同じです。
ですが、クアッドのスライドチャクチは正直遅いので、スパジャンで使うのがいいかなと思います。
1発にかけるのもありですが、リスクが高い気がしますね。

■クアッドホッパーホワイト

スプリンクラーとロボムピッチャーの構成となります。サポート型の構成ですね。
スプリンクラーは、メインの塗りとくインク消費量をカバーするためには、使っておきたいサブとなります。
短時間で足場とスペシャルを溜めることを考えると、スプリンクラーで足場を整えることが重要となります。
もちろんお取りとしても使えるので、前線に投げて相手が壊しにきたところでメインを使うのもありです。
また、ロボムピッチャーは各ルールで相手の邪魔をするために使うという点です。
ただエリアについては、使い方が難しいかなと思っています。エリア内に敵がいた場合はロボットボムを散らされる可能性があるので、どちらかというと、エリアに来る前におさえとして使う方が良かったりもします。ちょっと使い方が難しい面があるので、その辺りは気を付けたいところですね。
ですが、爆発力があるのは間違いないスペシャルですので、常に用意しておき味方と合わせて使うようにしましょう。

3:ギアの考察

■クアッドホッパーブラック

・オススメ:サブ効率、メイン性能アップ、インク回復力、ステルスジャンプ、カムバック、相手インク影響軽減、スペシャル減少量
サブで相手の邪魔をすることを考えると、サブ効率系は必須なのかと思います。
もちろんインク管理ができれば別ですが、いかに長い時間スライドを使って入れるかが重要です。
立ち回り的に、サブを多用するのであればサブ効率を積む方向で良いかと思います。
また、前線で動くことが多い武器なので、ステジャンやカムバは積んでおくと少しは前線での生存が上がるかと思います。
また、対面をガンガンしたいのであれば、安全靴を積むのがいいと思います。スリップダメージが常に入ることが想定されるクアッドは、少しでもスリップを受ける時間を減らしたいというのがあるためです。
サブとメインのどちらにふるかでギア構成が変わるので、立ち回りに合わせていきましょう。

■クアッドホッパーホワイト

・オススメ:メイン性能アップ、インク回復力、イカ速、カムバック、相手インク影響軽減、スペシャル増加量
当客の手段がスペシャルしかない以上メインの火力アップは重要になると思います。
そのためにメイン性能とインク回復。機動力を上げるためのイカ速など、前線で詰めるものは積んでおきたいところです。
また、相手インクを踏むことを想定して安全靴も用意しておきたいですね。
あとは、スペシャルをできるだけ捌ける環境は整えておきたいので、カムバかスペ増を積んでおくのもいいかと思います。
生存力が高ければ必要ないので、この辺りは武器の慣れや対面力になると思います。
カムバックは20秒しか持たないので、その点もしっかり押さえ上で採用をしましょう。

4:まとめ

今回は以上となります。
クアッドはスライドを使ってナンボといった武器ですが、前線でダメージを受けやすいという面もあるので、その点もしっかり押さえたいところですよね。
スライドが強いから前線で暴れる人が多いですが、よっぽどのエイム力がないと辛いのは確かなので、その点をしっかりと押さえていくといいかと思います。
個人的に思い入れがある武器ですが、スライドの使い方次第というのはよく思いますね。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました