Xが教えるフデ武器研究(ホクサイ編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

フデ武器研究(ホクサイ編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
メインの振りについては、40ダメージとなっており3確の武器となります。
射程によってないであれば大体25ほどまでとなり射程に捉えれば最悪4確に持っていけます。
ただし、振りが遅いので、3確を確実に狙うように間合いを意識しましょう。結構相打ちに持っていけるのでいいんですよね。

・射程について
振りの射程は、40ダメージを狙うならお。5メモリほどとなります。パブロとにたような射程になります。
単純に当てるとなると1.9メモリほどとなります。ただしダメージが29くらいになり取りこぼしがしやすくなります。もちろんキル速も落ちるので対面時にやられたりします。
射程はほぼゼロ距離に近いくらいで狙うのがベストですのでパブロのように詰めていきましょう。
慣れてしまえば1メモリあたりの間合いでいけるようになります。

・メイン性能アップの特徴

轢きののスピードと塗り幅の増加となります。
轢きに関してはパブロと違って最大12%ほどの伸び率となっています。パブロよりも恩恵を感じやすく、対面時においてかなり役に立ちます。また、インク消費自体は一緒なため、スピードが上がることによってちょっと距離を稼げます。前線へのスムーズに前に行けるので距離を詰めたりするにはあると便利です。
幅については、最大で60%ほど増えます。もともと幅が大きいのでそこまで気になりませんが、あとをついてくる仲間からすると、脱線することが減るのでスムーズに前線に連れて行くことも可能です。まあ、そこまで使うかは別ですが、幅よりもスピードの恩恵があるのでそちら目的でつけるのが良いかと思います。

・対面時の対応について

基本的には前線での対面をして行くことになるのですが、移動の時に轢き移動を多用しすぎるといざ対面の時に振れないということが多くなります。そのためイカ移動を織り混ぜたりすることで一時的にインク回復をしながら対面に備えるという動きが重要となります。
移動のしやすさから轢き移動しがちですが、敵が近くなってきたらインクの管理を徹底するといいです。

対面時に関しては、基本横からの意識がいいです。理由としては、相手の逃げ道を潰しつつ、エイムを合わせにくくするためです。ホクサイのインクは扇型に飛んでいくため相手からインクリングを視認しにくいという点があります。ゴリ押しならいけないこともないですが、なるべく被弾を避けたいのと、2人以上は前線として持っていきたいので、横からの意識が重要になります。

前線の足場を確保してからは潜伏を使ったりして相手の不意を吐くようにするといいです。ローラーほどの爆発力はないにしても十分なキル速を持っているので、やってみると意外と有効です。というか、それができる時は全体的に塗もできているのでするべきですね。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■ホクサイ

ロボットボムとジェットパックの構成となります。
ロボットボムについてはメインのトドかいない範囲のクリアリングができるため、怪しいポイントなどに投げることができるという点です。これにより、角待ちの相手などの対策ができるし、なにより壁に当たった時の反発力もあるため狭いところで無理やり入れ込むことも可能です。爆発の中に忍ばせたりすることで気づかれずに爆発ということもできるので、足早間合いが不安な時には積極的に使っていきたいところですね。
ジェットパックもメインとの相性がよく、そもそも前線を維持した時など、壁裏に潜むことが多くなります。そのポジションから確実に前線をさらに抑え込むことなどもできるので、ジェットパックの強みを生かせます。また、押されている時もジェットパックで遠くの位置から打開の手伝いもできるので、メインが厳しい際の手助けができるわけですね。
スペシャルを溜めるのに苦労はしますが、使い切ることを意識すると攻めも高いもしやすい武器構成だと思います。

■ホクサイヒュー

ジャンプビーコンとマルチミサイルの構成になります。
サポートよりの構成となりますね。ただし、ビーコンとメイン、スペシャルそれぞれの関係性が非常にいいので使い方によってはかなり化ける武器だと思ってます。
それを可能とするにはビーコンの使い方です。ホクサイ自体は前線をはる武器ですが、この構成の時はビーコンをいかに置いて味方の復帰を早めるのかが重要になります。そこで、ホクサイの移動方法を考えると基本的にイカ移動と轢き移動を混ぜた動きとなるわけです。その動きを考えると、前線に行く途中でビーコンを植えることができるわけですね。
そうすることでビーコンの管理をしつつ前線復帰をしていけるので何かと援護を受けやすくなります。
また、前線武器であってマルチミサイルなため使うシーンというのは非常に難しいです。
ですが、ビーコンがあることによって前線から離脱し一瞬でスペシャルを使うことが可能になります。
ここまで話すとメインよりもビーコンを軸に考えているのがわかると思いますが、要はビーコンの使い方で歯車の相方が変わるということです。ぜひ使い切りたいところですね。

■ホクサイベッチュー

キューバンボムとウルトラハンコの構成になります。
キューバンボムはダメージが高いことから使うことによって、相手の抑えが非常にしやすくなります。
特に前線を維持する上では壁に投げて、追ってきた相手をボムキルしたり、イカスフィアなど耐久方の攻撃に対して、ボムとメインで一気に剥がしたりと前線維持をする上での対策がしやすくなります。
コレに加えて、ウルトラハンコによる破壊力も非常に強力です。
ただし、ウルトラハンコ自体は発動の隙があるため、被弾をしないように使わないとほぼ無駄遣いになります。
しっかりとウルトラハンコを使うためにも、敵を確認してから使うのではなく、前もって発動をしておき、速発動できるようにするといいです。
回転攻撃が基本いいですが、なかなかやられることが多い時は連打撃ちで一気に攻め入るのも一つです。
前線の制圧がうまくいけばかなり強い組み合わせなので、スペシャルをためつつ一気に攻め入りましょう。

3:ギアの考察

■ホクサイ

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、スペシャル性能アップ、スペシャル増加
イカ速とメイン性能については、機動力の確保と対面時での旋回力など考えると非常に欲しいところです。
特に轢き移動のインク消費が激しくなりがちですので、少しでもスピードを上げて進む距離を伸ばしたいところです。
また、イカ速をつけることによって轢き移動以外の機動力の確保ができるので、インクの消費を抑えながら素早く移動できます。イカ速がついていれば敵の後ろも取りやすくなりますし、対面時においても発揮します。
インク効率はメインを使って枯渇しやすいのであればありかと思います。一番は轢き移動し振り攻撃中にインク切れを起こしやすい人はメイン効率は必須という感じにもなってきますね。

■ホクサイヒュー

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、スペシャル減少ダウン、サブ性能
イカ速、メイン性能、メイン効率は無印と同じ考え方になります。サブによるボム攻撃はないので、メイン頼りになるシーンが多いためですね。ですが、武器構成として、ジャンプビーコンを多用するのが重要となります。
そのため、サブ性能を積んでおきたいところ。ジャンプのスピードが上がることによってそれだけチーム全体の復帰時間が短くなるので、前線への圧もあがります。ただし、ビーコンを設置しているとインク管理が難しくなります。特にマップが小さい場合は設置場所までの間隔が短いためインク枯渇しがちです。マップに合わせてサブ効率を使うそれだけインクの消費を抑えれますので、マップに合わせることも忘れずに。
スペ減は前線で動くのでですの回数を考慮してとなります。
移動が多くなる武器構成ですので、イカ忍などつけておくと相手にばれず設置することも可能なので移動が多くなる際はこちらもおすすめです。

■ホクサイベッチュー

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、スペシャル減少ダウン、サブ効率
ベッチューもメインへの構成は似たようなところとなります。
ただし、キューバンボムが強いことからサブを多く使いがちなのでサブ効率を積んでおくと良いかと思います。サブ効率を積んでおくとそれだけメインへインクを回すこともできるので、詰める効率は積みたいところです。
スペシャルのハンコについては、前線で使うことが多く、デスすることが多くなるのでスペ減も欲しいところとなります。
基本的に前に出る構成なので、インク枯渇をしないようにかつデスしたとしてもカバーできるように構成を組むと良いかと思います。
前線に行けば行くほど潜伏も増えてきますので、インク回復などもありです。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか。
ホクサイについては、パブロの攻撃特化といった感じで対面に振ったような性能になっています。
3確になっただけでもかなり強いですが、サブスペの構成もとてもよく分けて使うことで幅広く対応できます。
特にスペシャルとサブの組み合わせがいい感じに組んであるので、それぞれ使い分けて見ると良いかと思います。

今回は以上となります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました