Xが教えるスロッシャー武器研究(バケットスロッシャー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

スロッシャー武器研究(バケットスロッシャー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
先端部分に関しては、70ダメージ入り、手前の細い線に関しては50ダメージとなります。
どちらを当てたとしても2確の武器となります。普通に歩き撃ちをするには安定したダメージを稼げるため、そこまで威力減衰を気にしなくていいのが非常に強みです。
ですが、高台から攻撃した際はどうしても威力減衰が発生するので、2確以上となります。
ダメージが入る高さをしっかり把握しておいて上からバシャバシャかけるのがとても有効です。

・射程について
先端部分を当てるという点で言うと、3メモリほどの射程となります。射程で言えばデュアルほどの射程です。
比較的射程が長い方ですので、遠くから牽制できるとかなり有利に持っていけます。
ただし、射程の割に当たり判定がシビアなところがあるため、しっかり相手を見ておく必要があります。
射程のことを考えると味方の横取りをしていくと効率よくキルを稼ぎやすい面もありますので、基本は2対1を作って横取りしていきましょう。

・ジャンプ撃ちについて
バケツ全体に言えることですが、基本ジャンプ撃ちによるレティクルのサイズ変更はありません
ということは一切ぶれないという特徴を持っています。そのため、ジャンプ撃ちをしてもエイム力さえあれば距離を稼ぎながら攻撃することが可能です。
ですが問題点もあります。ジャンプ撃ちをする際ですが、基本的に攻撃ボタンを押してからジャンプをすると移動速度が遅くなるという現象が出ます
ですが、ジャンプボタンを先におして攻撃ボタンを押すと速度減衰の影響で少し速い状態を保てます。動画でも紹介してるので差を見てもらうといいかと思います。ですが、そもそもバケツはジャンプ撃ちをするとヒト速の効果を落としてしまうので、この辺り気を付けていきたいところです。

また、ジャンプ撃ちの使い方ですが、曲射のジャンプ打ちと着地後の歩き撃ちを織り交ぜた攻撃をすると高速で2回当てることができます。操作に慣れてきたりすると有効な技になりますので、是非覚えておいてください。

・歩き撃ちについて
バケットスロッシャーの歩き撃ちは遅くなります。また、ヒト速については、攻撃時には反映されないようになっており、全く動きが速くなりません。
歩き撃ち自体が有効でないというより、そもそも火力と射程の影響で動きが鈍い武器となります。当てれば強いですが、無駄にバシャバシャしてると逆に駆られる武器ですので、しっかりと当てていきましょう。なんなら退くことも大事ですよ。

・メイン性能アップの特徴

メイン性能アップについては、バケットスロッシャーだけ特殊になっています。
効果としては、「最大ダメージ範囲アップ」となります。一見言葉をみたら細い部分にもダメージが70になるのかと思うかもですがそういうことではありません。
具体的には、高低差によるダメージの最大範囲のアップとなります。
実際に動画でも測定していますが、試し打ち場の金網ぐらいの高さで威力減衰が発生しています。
そのため、2確では倒せないんですよね。
そのため、メイン性能を最低1.0ほど積んでおくと50ダメージ前後になります。
これにより海蘊ぐらいの金網の高さなら2確をギリ狙えるくらいとなります。
ですが、ジャンプ撃ちすると高さが変わるので2確は無理です。
ギアに余裕があれば1.3か2.0くらいのギアを積んでおくことをお勧めします。まあ、スリップダメージも入ると思うので、1.3で十分ですが、この辺りは当てた感覚で変えていきましょう。

・対面時の対応について

基本的には横取りのスタイルで倒していくのがいいです。
射程があると言っても3メモリほどで、連射性能が悪いことを考えると逆にやられかねないことが多いからです。
あとは横からの攻撃に非常に弱いのも特徴ですね。その点をしっかり理解した上で相手の位置確認が重要となります。
また、バケスロには重要なテクニックがあります。
それは、なぎ払い撃ちです。
やり方としては、攻撃ボタンを押した時に横を向くという感じです。慣れてしまえばとても簡単です。ですが、動きが鞭のような動きとなるため、広がり方の感覚を掴むことが重要になります。
こればっかりは練習しないとダメですが、マニュ系の取りこぼしや、奇襲を仕掛けてきた相手に当てることでキルできる可能性が増えますので、しっかりと覚えておきましょう。
ちなみに他のスロッシャー武器ではこのなぎ払い攻撃はできないので注意です。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■バケットスロッシャー

キューバンボムとマルチミサイルの構成となり、中衛型の武器となります。
メインの射程を有効に使って塗りと味方の援護に徹底することが重要となりますが、キューバンボムが使えることにより、各ルールでの防衛時や攻めの時に火星ができるようになっています。
ただし、インク消費が激しい部分がメインとサブにあるため、インク管理が非常に難しいです。敵が見えない撃ちはボムでの牽制をしっかり行い、敵が見えてきたらインク回復をしながら味方と連携できるようにしましょう。
できれば牽制の1発を当てることを意識しましょう。
また、射程外についての攻撃ができるマルチミサイルは非常に強力です。
とくに中衛型としては、マルミサを安全圏で撃てる可能性が立ち位置的にあるのでスペシャルをためて打ち続けれ流と非常に強いです。塗が強い面守りますので、積極的にスペシャルを使っていきましょう。

■バケットスロッシャーデコ

スプリンクラーとイカスフィアの構成となり、塗特化型の構成となります。
スプリンクラーは塗りの補助ですね。塗り移動速度の遅いバケスロからすると、スプリンクラーで遠くの場所を塗りできるのは非常に役に立ちます。また、スプリンクラーで相手を炙り出すこともできるので、わざと敵陣に投げておきメインで倒すのも有効です。ただし、ボムがない構成なため、打開するのが非常に難しい武器です。
なるべく足場の塗りを取られないように動き、いざという時はイカスフィアを使って相手を退かせたり打開に合わせて使えるようにしておきましょう。
メインとスペシャルの使い方がとても重要な武器となりますので、それを生かせる塗り意識をしっかり持っておきましょう。

■バケットスロッシャーソーダ

スプラッシュボムとクイックボムピッチャーの構成となり、超攻撃型となります。
スプラッシュボム自体は扱いやすいという点がありますが、なにより置きボムや各ルール関与、射程外への攻撃と幅広く使えます。そのため、立ち位置にかかわらずボムで相手を抑えることができるため、ボムの使い方さえ良ければ、メインより役に立つと思います。また、爆風ダメージが入っていれば、メインの擦り当てても倒すことができるため、ボムコンボも意識するといいです。
また、スペシャルもクイックボムと軽量級のボムを大量に投げれるため、一瞬で塗りの管理と相手の殲滅も可能です。
敵を纏めて倒すのに適したスペシャルですので、味方と一緒にいる時に横からボムを投げるようにしましょう。
ただし、使いどころが悪いと全く役に立たないスペシャルになる可能性もあるので、焦らず使い切るのが重要です。

3:ギアの考察

■バケットスロッシャー

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、インク回復、サブ効率、相手インク影響軽減、サーマルインク
ボムとメインを使うことが多くなりますので、それを補うことを考えたギア選びとなっています。
高低差の激しいマップの場合は、メイン性能を積むようにすると取りこぼしがなくなる確率がアップするので、使い分けるといいかと思います。
また、メインとボムの多用によりインク切れが多発しやすいため、インク効率系は必須にもなるかと思います。
もちろん慣れて仕舞えば省いてしまってもいいかと思います。
安全靴は対面時のスリップダメージの影響をなくすためです。機動力が遅いバケスロには被弾が命取りです。足場の確保が重要ななりますが、念のためしっかりつけておきましょう。
また、サーマルインクは壁裏の相手に対して有効に立ち回るためとなります。メインのアテ感に慣れて仕舞えば必要ありませんが、使い勝手が良いと思います。また、リベンジも有効かと思います。やられた相手に対してサーマルインク状態がつくので立ち回り次第では、サーマルインクより有効かもしれません。苦手武器が大きのは間違い無いのでこの辺りの採用も候補に入れたいところです。

■バケットスロッシャーデコ

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、インク回復、相手インク影響軽減、サーマルインク、スペシャル強化、ステジャン
バケスロと変わってスペシャルを活用する前提での構成となります。
スペシャル性能アップをつけることによってイカスフィアの耐久力を上げます。そうすることによりイカスフィアでの生存率が上がります。これにより相手もスペ対面がしづらくなりますので、イカスフィアを使うのであれば必須と言えるでしょう。
また、ステジャンを使うのは、前線にいち早く戻るためです。ボムがない武器構成なため、前線に早く戻る必要があります。イカスフィアもスパジャン後に発動することもできるので、前線でガンガン戦う場合にはステジャンを積んでも良いと思います。

■バケットスロッシャーソーダ

・オススメ:イカ速、メイン性能、メイン効率、インク回復、サブ効率、相手インク影響軽減、サーマルインク、スペシャル増加、カムバック
この武器に関しては、多くの効率系を積みたいところです。
そのため、スペシャル型にするのか。ボム型にするのかによって構成が多く変わります。
なので今回はギアが多めとなっています。
どちらも補いたいという方は、カムバックをつけることをお勧めしますが、20秒しかもたないこともあり、前線でキルできることが前提となります。その上での採用がいいと思います。
また、バケスロのメイン自体がそもそも対面での技術がかなり必要なので、ボムで牽制してメインで仕留めるというのがいいのかなと思います。なるべくメインを振り過ぎないということですね。
そう考えるとボムの効率を上げている方が、何かと味方の援護ができるのでサブ系に振るのも良いかと思います。

4:まとめ

今回は以上となります。
バケスロは直線的にインクを打つことは非常に強いのですが、横への対策がとても難しいです。
正面ばかり見ていると横槍であっさりやられてしまいますので、なぎ払い攻撃は必須のテクニックかと思います。
また、味方と一緒に行動することが重要な武器ですので、味方との強力意識を持っておきましょう。
場合によっては、前線でバシャバシャという攻めも重要になります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました