Xが教えるスピナー武器研究(ハイドラント編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

スピナー武器研究(ハイドラント編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
ハイドラについては、チャージによってダメージが変わります。
1ゲージ目のチャージは32ダメージとなります。2本目のフルチャージ40ダメージとなります。
チャージ時間によってダメージが変わるため確定数が変化します。
ただし、立ち回りの関係上、高台や壁裏から遠くの敵を攻撃するため、フルチャージでの攻撃が多くなるかと思います。
射程も伸びますし、フルチャージを打ち切りたいところですね。

・射程について
チャージ1段階では3メモリ当たりの射程となります。シューターと同じくらいですね。
フルチャージした場合は4.5メモリあたりとなり、射程が大きく変化します。
もちろんダメージもアップしているので、フルチャージを使うのがとても有効と言えます。
集弾性もたかく弾幕がはれるので、しっかりと射程を活かした動きをするのがおすすめとなります。

・メイン性能アップの特徴

ダメージ性能アップとなりますが、チャージ1段階と2段階で変化があります。
チャージ1段階については、擬似確の発動ができるようになっており、サブギアを5個積むと33.3ダメージを叩くことができます。接近戦をする際にはとても重要となり、詰めてきた相手を倒すにはとても重要です。
2段階目については、ダメージアップは反映されますが、3.9積んだ場合、48ダメージまで乗ります。スリップダメージが入れば二発で倒せる可能性もありますが、それよりかは他のギアを組んだ方がいいため、実質チャージ1段階のためにつけておくというのがいいかと思います。

・対面時の対応について

ダメージと射程はありますが、機動力が遅いことが欠点となります。
そのため、チャージをしてから攻撃を仕掛けるまでの動きがとても重要となります。
基本的には、壁の裏から攻撃することが重要となります。連射性が高いこともあり上手く当てることができれば一気に倒すことも可能です。他のスピナーと違って横取りでなくても一人で倒すことができるので、慣れてくると一人でキルの量産も可能です。
ただしそれができるのは、ポジションの確保と足場が整っているときです。
基本的には重量級なため機動力がありません。また攻撃も重く即座に対応ができないという点があります。
相手を近づけずに倒すのが一番理想となりますので、しっかり足場の確認をしながら近づけないことを意識しましょう。

あと、近づいてきた敵を効率よく倒すために、軽くチャージして倒せる感覚を身につけておきましょう。
フルチャージしていては間に合いませんので、ちょい打ちを覚えるのが重要となります。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■ハイドラント

ロボットボムとスーパーチャクチの構成となります。
基本的にメインで立ち回ることが多くなります。ロボムとチャクチを使いたいところですが、実はそんなに使うことがありません。
理由としてですが、まずロボムに関しては索敵したとしても倒し切ることができないので、メインで打ちながら足場を奪った方が楽だからです。また、チャクチについてもポジション的に後衛なので使うところがないんです。
どうしてもメイン頼りになるんですよね。インク消費も激しいので、ボム投げるくらいならしっかりチャージして準備しておきたいというのがあります。
スーパーチャクチも攻撃用や撃退用として使うのではなくインク回復用として使う方がいいくらいとなります。
そう考えるとほぼメイン一本となりますので、正直辛い構成だなというところです。

■ハイドラントカスタム

トラップとインクアーマーの構成となります。
こちらに関しては、それぞれ使い方ありとてもハイドラとの相性がいいです。
まず塗りの弱さや索敵として活躍するのがトラップです。特にガチエリアなど有効ですね。
トラップを敵の侵入場所に設置しておき、引っ掛けることによって相手を二発ほどで倒せるようになります。
マーキングもされるので、壁の裏にいても曲射で狙うことができます。
インクアーマーについても射程的に扱いやすいのも魅力的です。
安全圏からアーマーを張って味方の前線を上げることが可能です。
インク回復としても即効性があり優秀なのがいいところです。

基本的にはメインで攻撃しながらポジションを確保しつつ、隙を見つけてはトラップを設置しておくといいでしょう。
スペシャルが溜まれば、インク回復だけでなく前線に上がりきった味方のカバーもできるので、相手を押し込む手助けもできます。できれば、自らも前線を押し上げていくと長射程を活かして抑えることができるので、常に移動を意識しましょう。

3:ギアの考察

■ハイドラント

・オススメ:メイン性能アップ、インク効率、サブ効率、ヒト速
メインを軸とした構成でいいと思います。
ボムやスペシャルで対応をするというよりもメインでの対応が多くなるからです。
ある程度機動力を上げつつ、火力も盛っておくことで対面能力を上げます。メインの射程で抑えることが重要となりますので、メインインク効率をつけることによって攻撃回数を底上げするといいと思います。
メインインク効率をつけることで、なるべく攻撃の手を緩めないことが大事となりますので、しっかりと相手に圧力をかけていきましょう。

■ハイドラントカスタム

・オススメ:メイン性能アップ、インク効率、サブ性能、サブ効率、スペシャル性能アップ、ヒト速
こちらもハイドラントと似たような構成になりますが、メインよりの構成でもいいとおもます。
スペシャル自体の性能をアップしてもいいのですが、アーマーを纏う時間の短縮で前線の味方の補助を早くすることが可能です。ですが、攻撃手段としては、メインのみとなりますので、メインよりのギア構成となるわけです。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハイドラントについては、メインの火力を盛った武器と言えます。その分機動力が遅いため、重戦車のような武器と言えます。
使い切れば強いのですが、何しろチャージ一回の重みが他のスピナーに比べてとても重いです。
メインのエイム力が立ち回りに素直に直結する武器となりますので、しっかりと当てれるようにしておきましょう。
今回は以上となります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました