Xが教えるスピナー武器研究(クーゲルシュライバー編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

スピナー武器研究(クーゲルシュライバー編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

■通常撃ちの特徴

・ダメージについて
ダメージについてですが、単射程モードと長射程モードで変化します。
単射程モードの時は、28ダメージとなり4確となります。長射程モードに関しては、30ダメージとなりますが、4確となります。ダメージの変化はありますが、確定数は変化なしといったところです。
ダメージもいい感じですが、連射性が高いのも魅力の一つです。もちろんレティクルもかなり精度が良いのでダメージと相まってとても強い部類の武器となります。

・射程について
こちらも単射程モードと長射程モードで変化します。
単射程モードに関しては、2.1メモリあたりとなっており短めです。ただし、塗りと連射性の速さがあるので、意外と近づいてきた敵をあっさり倒せます。射程は短いですが、連射性はえぐいです。
いっぽう長射程モードでは約2倍の4.5メモリとなります。
射程の差が激しいですが、いちばんの特徴はレティクルの精度です。動画で見てもらうとわかりますが、長射程モードになると一気にレティクルが絞られると思います。
これは他のスピナーにはない特徴で、的確にインクを飛ばすことが可能です。射程の割にこの制度というのがかなりエグいんですよね。

・メイン性能アップの特徴

ダメージアップの効果となります。どれくらい変わるのかというとメイン性能ギアを3.9つけた場合ですが、単射程モードは30.8、長射程モードは33となります。アップデートにより元々の攻撃力が下がったことで擬似確が発動できなくなっています。
そのため、このギアを積むという恩恵があまりなくなった感じもしますね。積むぐらいならヒト速などを積んで機動力を上げた方が良いようにも感じますね。

・対面時の対応について

この武器の特徴としては射程モードを切り替えれることと、機動力のよさとなります。
まず機動力の速さでいうと、スピナーとは思えないくらい早いです。対面したときに早すぎて苦手意識が多いと思います。さらにヒト速ギアの恩恵を受けやすいため、チャージしながら意外と前線に攻め上げるということも可能となります。
もう一つの射程モードの切り替えですが、単射程については、連射性だけでなく良い感じに弾が散らばるので塗りもかなり強いです。しかもチャージを途中でできるため永遠と打ち続けることができます。
では、この武器はどうやった立ち回りがいいのかというところになりますが、基本的には単射程モードを多用するのが強いと思います。理由としては、機動力があるため、塗りをしながら足場の管理をしスペシャルを多用するのがいいと思います。
また単射程を多用する理由としては、クーゲルは相手からのヘイトが高いため、近づいてくる敵が多かったり、スピナーのポジションである壁や角で鉢合わせすることが多いんですよね。そこでチャージを常にしている状態でないと対面時に対応が遅れてしまいます。超射程もいいのですが、連射性が若干単射程の方が早いため、とっさの対応に適しているためです。
もちろん長射程モードも使っていくのですが、味方の援護などに適しているのかなと思います。
レティクルの精度が上がる分当て感が重要になるので長射程モードは結構難しいんですよね。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■クーゲルシュライバー

ポイズンミストとジェットパックの構成となります。
サブがボムではないため、メインを多用しつつ、スペシャルでの制圧をするという立ち回りになります。
メイン頼りになるので、単射程モードで足場の確保をしながら機動力を維持するのがとても大事です。
ただし、あくまでスピナーなので、接近戦はかなり厳しいため制圧が難しいです。
そのため、スペシャルを使って相手を押さえ込むことを定期的にしないと、相手が詰めてくるので気をつけてたいところですね。ボムでのクリアリングができないので、しっかりと相手を確認しながらメインとジェッパを使い分けるように意識しましょう。

■クーゲルシュライバーヒュー

ジャンプビーコンとアメフラシの構成となります。
この二つはメインとの相性が非常にいいです。
まず、ジャンプビーコンに関してですが、そもそもスピナーのポジションはビーコン設置場所とかぶる部分があります。
設置をしておくことで味方の復帰を促すことができます。また、ポジション的にビーコンを守りながら相手を攻撃できるため、安全性もあります。
アメフラシに関しては、長射程モードとの相性が非常にいいです。雨の中の敵を遠くから攻撃することで三発以内で仕留めることが可能です。また、各ルールの関与も後衛ポジションからできるので、立ち位置をそこまで変えなくても前線の手伝いができるのがいいです。ただし、ビーコンやアメフラシの使い方を抑えていないとなかなか辛い武器でもあるので、しっかりと抑えておきましょう。

3:ギアの考察

■クーゲルシュライバー

・オススメ:ヒト速、スペシャル性能アップ、インク効率、安全靴
メインでの立ち回りが多用されるのでヒト速は必須となります。また、インク効率を上げることで少しでもチャージ効率を上げながら塗りをしていけるようにしたいところですね。
また、ジェットパックの爆風ダメージも上げておきたいところなので、スペシャル性能アップも積みたいところです。
サブはほとんど使うことがないので、今回は構成案として話となります。
ちなみにですが、ジェットパックがついているので、受身術もありかと思います。
着地を狙われる恐れもあるため、積んでおいてもいいかと思います。ポジション次第では狩られないので、実際に使ってみて試してみてくださいね。

■クーゲルシュライバーヒュー

・オススメ:スペシャル減少、サブ性能、サブ効率、安全靴、ヒト速
ビーコンの性能を引き上げるためにサブ性能を積んだ構成としています。基本的にはポジションにビーコンを設置することが多いため、前線で倒れた味方のカバーができます。
ただし、クーゲルの立ち位置などは対面が多くな離やすいため、デスの数も重なってしまいます。
そのため、スペシャルを失いやすいことも多々ありますので、スペ減などを積んで、保険として持っておきましょう。またビーコンがあることで前線に復帰してもすぐスペシャルを使える状態にすることも想定してとなります。
ビーコンを軸に立ち回ることが重要となります。使わない場合はクーゲルと特に差がなく、スペシャルの使い分けぐらいになります。ポジションを維持する上でもビーコンはとても重要ですのでしっかりと使っていきましょう。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか。
クーゲル自体はとても強いと言われていますが、正直使い切るのが難しいところとなります。
機動力はありますが、スピナーの基本を押さえていないとあっさりやられてしまいますので、壁をうまく使うことは忘れないようにしましょう。
今回は以上となります。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました