Xが教えるシューター武器研究(.52ガロン編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

シューター武器研究(.52ガロン編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

・ダメージ(通常と曲射)

ダメージに関して言えば、名前の通り52ダメージを与えることができます。2確で倒せる武器となっており、当てることさえできればかなり強いです。
また、威力減衰で言うと30までダメージが下がります。4確となるの確定数だけで言えば二倍くらいのダメージ減衰という風になります。
綺麗に一発当てたとしても、相手が逃げてダメージ減衰が発生すると3確まで落ちてしまうので、気をつけたいところですね。

・射程

約2.5ほどの距離感になっています。ちなみに2確出すための射程です。
ジャンプすれば射程を伸ばすことは簡単ですが、正直なところ連射性と弾ブレを考えるとあまり使用したくない所となります。また、弾ブレによって射程範囲内であっても当たらないことがよくありますので、近くで打つ意識が重要になると思います。

・歩き撃ち(ヒト速の比較あり)

ギアをつけていない状態の時で見ると当然のようにインク切れが発生するくらい遅いです。
また、1.3積んでいたとしても、ちょっとしかスピードが上がらずそこまでの恩恵を感じにくいかと思います。
塗りが強い武器でもないので、わざわざ人速をつけて機動力を上げるかどうか迷う所ですね。
個人的には、ヒト速よりもイカ速の方がいいような気がしています。
理由としては、イカキャンセルを有効活用した方が機動力があるからです。

・ジャンプ撃ち

ジャンプ撃ちについてですが、盛大に弾ブレを起こします。
もちろん当たればかなり強いのですが、コレだけブレると運任せレベルになってしまうんですよね。
いや、ほんとコレは辛い所。
実際にガロンでのジャンプ撃ちはある意味死を招く行動なのかと思っています。
ただでさえ機動力が遅いのに、相手に見つかる行動をするわけですから、格好の的なんですよね。歩きうちなんてしながらジャンプ撃ちしていたら、より目立ちますし逃げ遅れてしまう原因にもなります。

・メイン性能アップの特徴(1.3からとする)

52ガロンに関して言えば、メイン性能は対面力を上げる上で重要な役割になります。
ジャンプ撃ちの性能が上がるというのはかなり強いことです。
1.3ぐらい積んでしまえば、弾ブレがかなり抑えられます。通常のスプラシューターよりもブレが少なくなります。
さらに言えば、N-ZAPよりもブレません。またコレをつけたい理由としては、52ガロンの連射性の遅さをカバーするためとなります。
連射性が悪い分先に牽制ダメージを与えていないとやられる確率の方が上がります。その牽制攻撃しっかり成功するためには、ジャンプ撃ちというのは非常に重要な位置となるわけです。

・対面時の意識すること

ガロンの悪い特徴である部分を最大限理解することが重要になります。
例えば、ガロンの悪いところは、連射性の悪さです。
連射性が悪いということは、流れ打ちをした際に隙間ができる状態になります。
隙間ができるということは、相手が当たらない可能性が増えるというわけです。こう考えると、正確に相手に当てるエイム力が必要になります。
それを立ち回りでどうカバーするのかというと、基本的には相手を正面に構えて後ろに下がりながら打ち合いにするのがいいです。
なるべく直線の動きをするんですね。また、足元が取られると動きが非常に悪くなるので、敵インクの上での対面はNGです。コレが結構きつい。この点を考えると必ず動くのは自分のインクの上であり、イカキャンセルを有効に使った雷神ステップもどきの動きが重要になります。
雷神ステップをしろというわけではなく、歩き打ちの時間を減らして一瞬で倒すということの意識が重要になるということです。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■.52ガロン

メインとスペシャルを中心に立ち回る武器になります。
そのため、対面時に1対1でエイム力がないと一瞬にしてやられることが多くなります。
カモンなどをするのもいいのですが、一番はポイントセンサーを使って味方に敵の居場所を知らせるのがいいでしょう。
また、ポイントセンサーを当てることによって、背後をとれるように動くことも大事です。
連射性の悪いメインでガンガン攻め切るのはかなり難しいので、横槍を意識していきましょう。
また、イカスフィアも強力なのですが、スフィア割をされると、一気に潰されますので、イカスフィアも味方がいる近くでした方がかなり効果的かと思います。突進のしすぎは危険ということですね。

■.52ガロンデコ

カーリングボムとハイプレがついたことにより、後衛的な動きが可能になった印象です。
ですが、この構成には注意が必要です。まず、カーリングボムについては、ローラーとの相性がいいことなどから、突っ込んで使うイメージが強いです。ですが、実際は、カーリングボムについて行ったとしても、1確でないためそもそも返り討ちに会う可能性が高いです。連射性がないので、エイムが追いつかないとかなり苦労するかと思います。
また、塗りもそこまで強くないため、ハイプレを頻繁に使うことがきついと思います。
そのことから、中後衛としてはちょっと中途半端な位置付けの武器な気がしています。
ですが、メインの扱いさえたけていれば、カーリングボムとのコンボも可能ですし、スペシャルで一気に相手を葬ることも可能ですので、メインの質が問われる武器なのかと思います。

■.52ガロンベッチュー

スプラッシュシールドによってかなり立ち回りがしやすくなった構成です。
ガロン自体はどうしても歩き撃ちが遅いことから、あいてとの体面がきつい場面が続きます。
ですが、シールドを1枚挟むことによって、一時的に相手の攻撃を凌ぐことが可能となります。
逃げるために投げるもよしですし、相手との対面に利用するのにも最適です。
シールドの使い方で、生存率が上がるのでメインとの相性が良いように感じます。
また、スペシャルもナイスダマとかなり攻撃的です。塗りが弱い反面、ナイスダマで相手を強制的に引かせたり、塗ることも可能です。
特にメインでは届かない遠くの的に攻撃ができるのが一番良い所です。
52ガロンの中では、かなり使いやすい部類かなと思うので、この武器から練習してみるのもアリかと思います。

3:ギアの考察

■.52ガロン

・オススメ:イカ速、スペシャル性能アップ、安全靴、メイン性能アップ
基本的に、安全靴は必須かなと思っています。
ただでさえ、足が遅い上に、メインの射程の短さによって足場を奪われやすいからです。
そのため、安全靴によってすぐに抜け出せるようにしておくと立ち回りが楽になります。
また、イカ速はイカキャンセルが有効なことからあるとかなり立ち回りが楽になると思います。
活かすギアようにスペ性能アップをつけておくのも有効かと思います。
とにかく割れないようにするだけで、かなり相手をお思考ことができます。まあ、味方がいる時に使うのがベストですが、耐久が高ければそれだけ相手陣地を荒らす時間を稼げるのでコレはコレで必要なスペシャルになりますね。

■.52ガロンデコ

・オススメ:イカ速、スペシャル性能アップ、安全靴、サブ効率
こちらも安全靴を履かせたい所です。理由としてはカーリングボムと一緒に進むことが多くなるため、足元を撮られるからです。
また、中後衛向きなところもあるため、サブを多用するのが重要になります。カーリングボムを多く使用し、相手が痺れを切らせたところにメインでとどめを刺したい所だったりもするので、そういった意味ではサブ効率は必須です。また、逃げ用にも必要な部分なので、インク消費の激しいガロンには重要ですね。
スペ強化はハイプレは長く使えればそれだけルールや味方のサポートに役に立ちますので、慣れてない方はつけてみても良いかと思います。

■.52ガロンベッチュー

オススメ:イカ速、サブ効率、安全靴、スペシャル増加量アップ、
基本的にシールドを使っての立ち回りが多くなるため、サブ効率は必須になってきます。
シールドを使わないのも良いですが、どうしても連射性が悪いので、相手とのタイマンはきついんですよね。
そこでシールドを使うと結構な場面で味方のカバーやタイマンでの勝率が上がりやすくなります。
また、インク塗りの効率が悪いため、スペシャルを使える機会が少なかったりします。
それを見越して、スペ増などを積んでおくと、スペシャルの回数が増え打開の対応などに使えると思います。

4:まとめ

今回は以上となります。
52ガロン使ってみて思ったのは、想像以上に重かったという点です。
正直なところ、ヒト速をつけるよりかイカ速をつけて、イカキャン応用の方がかなり動きが勝って良かったです。
あとは、ダメージが高いからといって、前線に出しゃばりすぎないといいうことですね。
いや、本当難しいけど、慣れた瞬間化ける武器だなとも思いました。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました