Xが教えるシューター武器研究(プライムシューター編)【スプラトゥーン2】

Xが考える武器研究

みなさん、どうも( ´∀`)

シューター武器研究(プライムシューター編)」です。
武器に関してよく質問が来るのでそれぞれの武器を実際に使って研究をしていきたいと思います。
立ち回り、シリーズでの違い、ギア考察の一通りをできればと思います。
では、この研究についてまずは下記の注意事項をお読みください。

1:動画を基本に説明をしています。
2:武器の練度はX帯での使用感で話しています。
3:立ち回り方によってギアの考え方は変わります。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説。
武器研究について上記をもとに説明をしていきます。
こちらは実戦で使った感覚をもとにお話をしていきます。上位プレイヤーとの考え方が違ったりしますので、その辺りは読み手の判断でお願いします。

また、この記事に関して練度への注意事項があります。

武器の練度について考えてみた【スプラトゥーン2】
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、武器の練度について考えてみました。というのも、現在武器の検証などを行なっているからです。ですが、この「武器の練度」という言葉は人によって解釈が変わります。その武器で勝てれば練度が高い。塗りポイントが高け...

こちらの内容を確認した上でお読みください。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

1:メインの使い方

メインの使い方として、各特徴をしっかり押さえていきましょう。

・ダメージ(通常と曲射)

通常のダメージは42と高めになっていますが、3確の武器となります。
射程の長さの割にダメージが高いのが特徴です。
ただし、ダメージ減衰も発生すると21まで下がってしまうため、5確となる時もあります。
そのため、射程をいかした間合いを取ろうとしすぎるとどうしてもダメージ減衰が発生してしまうので、その点だけ注意が必要となります。
ただ、射程がほんとえぐいので強いですよね。

・射程

射程に関しては、確殺範囲だと3.1ほどとなります。ですが、ダメージ減衰の幅を考えると直線的ですが3.3まではいける射程となります。ただし、距離が離れるほど弾ブレの影響を受けやすいのも確かなのでその点を考えるとちょっと詰めた距離感で行けるのがいいかなと思います。

・歩き撃ち(人速の比較あり)

プライム自体は歩き撃ちがとても遅くずっと撃っていると敵に狙われ続ける原因となります。
また、ヒト速をつけたとしても劇的に上がるわけではないので、付ける必要性としては微妙なところかと思います。
それよりかは、イカ速を積んだ方が機動性は上がるのでその方がいいと思います。
ちなみにですが、プライムは敵の目の前で戦うのではなく相手の射程外から詰めるのが一番いい戦い方なので、ヒト速が使うかは立ち回り次第なところですね。

・ジャンプ撃ち

ジャンプ撃ちになるとシューターはブレが発生します。
そのため、いくら歩き撃ちの精度が良かったとしてもジャンプした場合ブレが半端ないです。倒せる的も倒せないときはこのジャンプ撃ちのせいの時もあるくらいです。
なので、あまり使わず、威嚇射撃や塗りをする時に使用するといいかと思います。

・メイン性能アップの特徴(1.3からとする)

擬似確の発動は3.4からとなります。ただし、99.8となるため注意することがあります。
まず相手がインクの上に載っている必要があるということです。理由としては、擬似確防止の安全靴の普及によってですね。これにより思うように2確を狙いづらくなります。なので、相手がこちらのインクを踏んでいないとき以外は2確を狙いすぎない方がいいと思います。狙いすぎると結構ミスの原因になりますからね。

・対面時の意識すること

基本的に射程を活かした動きがいいと思います。
また、機動力を活かすにはイカ速が最適なので、相手との距離を取りながらしっかり相手を詰めていくようにしましょう。
また、一番注意したいのは相手のインクを踏まないようにすることです。
検証でもありましたが、歩き撃ちが非常に遅いです。そのため、相手のインクの上に乗るとすぐに詰められてやられることが多くなります。
コレをいう理由としては、プライムのメインの強さから起きる対面意識の高さが原因です。
知らずに塗らずに詰めて行った結果、自分が沼にハマることが多くなるので対面時は、足場の管理はしっかりしておきましょう。塗るということではなく、足場の環境がいいところで戦うということです。

2:種類別の使い方

各サブ・スペシャルを考慮しメインの立ち回りと合わせた内容にしました。

■プライムシューター

ポイントセンサーとアメフラシの構成となっていることから、炙り出しの武器となります。
ポイントセンサーによって相手の炙り出しをすることによって、相手の射程外からの攻撃が可能となります。
射程管理が重要な武器としてはとても大事なことです。

また、アメフラシに紛れて相手との対面も非常に有効です。ダメージが高いのを利用して雨の中をガンガン進んでいきましょう。足元が敵インクでも自分たちのインク色になるので、立ち回りもしやすいですしね。

■プライムシューターコラボ

キューバンボムとバブルランチャーのスペシャル高い構成ですね。
まずこの武器の強みはスペシャルを使い切ることと、速割りのコンボができるかどうかです。
ただ、キューバンボムを投げたところに対して投げるというテクニックになるので、かなり練習がいるかと思います。ただし、コレができるかどうかで打開ができるところになりますので、覚えておきましょう。
また、キューバンボムとメインの射程は同じです。そのため、吸盤によって届かない場所にボムを配置しておくといった違うテクニックが必要になります。この使い分けが大事かなと思いますので、しっかり使い方を分けるようにしましょう。

■プライムシューターベッチュー

スプラッシュボムとナイスダマのオールラウンダータイプですね。
メインとスプラッシュボムでは届かない遠距離をナイスダマによってカバーできます。
また、ナイスダマの使い方によっては、ルールを強制的に止める力があり、且つメインとサブとの挟み撃ちもしやすいのが特徴です。
なので、メインだけでなくスペシャルで一気に展開を変えるのもアリが武器と言えます。
また、構成的にインク枯渇我しやすい武器ですので、インク管理がとても重要です。特にスペシャルを回そうとして、塗りながら対面することが多いと、どうしても切れやすいんですよね。
なので定期的にインク管理を行いつつ、かつスペシャルで効率よくインク回復を狙うようにしていきましょう。

3:ギアの考察

■プライムシューター

・オススメ:メイン性能、カムバック、スペシャル減少ダウン
基本的にスペシャルを使っていきながら、相手をメインで倒していくのが重要となります。
また、サブの観点からどうしてもメインを中心とした立ち回りをしていくことになるので、メイン性能は必須なのかと思います。また、カムバックとスペ減をつけることによって復帰後のスペシャルの回転を上げることにつながります。一時的に能力も上がりますしね。どうしても前線に行く武器であるため、メイン性能はつけて損はないと思います。
また、コレにはないてないですが、安全靴をつけておくと相手インクを踏んだときの生存率が上がるのでいいのではと思います。

■プライムシューターコラボ

・オススメ:サブ効率、スペシャル強化、対物強化
スペシャル特化としています。そもそもメインはある程度強い武器であるため、サブやスペシャルを活かす方に降った方がいいように感じます。
実際にこのコンボが決めれるかどうかは、どういったギアを組むかによって大きく変わるのでそこはしっかり抑えておきたいところです。
特に、キューバンボムの場合相手に壊されることはないので、確実にバブルコンボ決めれればなかなか強いですよね。
また、連射性が若干遅めなので、対物を積むことでアーマー相手であったり、矛での対応力も多少なりとも上がるかと思います。

■プライムシューターベッチュー

・オススメ:メイン性能、カムバック、スペシャル増量、サブ効率
ベッチューに関しては、立ち回りが帰れる構成かと思うので、正直なところ、自分の立ち回りに合わせたものがいいと思います。個人的にはスペシャルの回転と、無理やり近づいてきた敵の対処くらいでいいので、スペ増とカムバックを積む感じになると思います。
また、メインでは下がってくれない相手に対してボムは有効なため、意外と使うシーンが多いです。
そのため、サブ効率をさらに積むとより相手を押さえ込む構成になっていくかと思います。
メイン性能の使い方としては、スペシャルやサブでの取りこぼしを減らすためにはとてもいいと思います。
メインで宦官行きたい人向けでもありますが、擬似確発生の3.4を狙うのであれば、正直メインと生存率が高くないとかなり厳しいと思います。スペシャルが使えないという状況もあるので、個人的には立ち回りによっては使いづらい気はしますね。あくまで、威力減衰を防ぐのであればいいかと思います。

4:まとめ

今回は以上となります。
正直この武器が強いというのはメインを相手の視覚から使うことができればと思います。
足元が取られないというのも特徴ですね。
これ撃ちながらだと機動力が遅くなりすぎて相手に捕まりやすいんですよね。
そのため、生存率が一気に下がるのでそれを乗り切るエイム力も重要になります。
今回のギア構成はあくまで使ってみての感想込みですので、慣れない方は安全靴など積んでから試していくといいかと思います。

1:全サブウェポン解説まとめ編
サブウェポンまとめ
2:全スペシャルの使い方・検証まとめ編
スペシャルの使い方
3:ビーコンマップ研究編
ビーコンマップ研究
「ビーコンマップ研究」の記事一覧です。

5:最後に

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました