Xが教えるガチホコ講座(ルート:Bバスパーク編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:Bバスパーク編)」です。
今回のルートは「Bバスパーク」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
Bバスパーク ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:正面ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
右側のルートを使っていくルートで、敵を常に正面に捉えるルートなため

【ホコ持ちイカのルートポイント】
基本的にこのルートは敵を正面に捉え続けることになります。
ということは、ホコ持ちの位置がわかりやすい状況になります。人で攻めるのは基本難しく、ホコ持ちのキャラコンも重要になります。
以外にもですがね。さらに、ルートの途中に敵リスポン地の前を通るので実は結構最後まで気を抜けないルートになります。
常にホコショットを打つ準備を行い、さらに味方の人数も把握する必要がありますので、通る際は警戒を怠らないようにしましょう。
さらに、このルートで全落ちした場合、敵からしたらルートCを活用できるので逆転の危険性もあります。
運ぶ際は気をつけておきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ゴール前の確保はもちろんなのですが、このルートを使用している際は全落ちにならないように気をつけましょう。
理由は、相手からするとルートCの利用がすぐできるからです。
リスキルにはしりやすいマップな分、逆転もされやすいマップです。全落ちしないことが一番重要なので、場合によってはホコ持ちを囮にして、味方の人数を揃えることにも専念していきましょう。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:切り替えルート
・ルート使用度:★★☆☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
中央を起点に、ルートA、Cの切り替えが容易にできるため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
これに関しては、ホコを落とした位置から最適なルートを選ぶこと方法として覚えておくと便利です。
このルートを多用するというよりかは、ホコの割れた位置からどのルートを選ぶかがポイントです。
特にBバスパークの場合、相手陣地に入ると視野が広がり相手が見下ろしやすくなっていますので、相手の位置によって選択することが重要です。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを使用する場合、または、ホコを確保した場合は、足元の塗りを意識するようにしてください。
理由は、高低差が激しく、マップの移動が困難なためです。また、Bバスパーク特有のうねりが意外と移動の邪魔になりますので、塗るだけでもとても助かります。
また、塗れていればいるほどこのマップのうねり部分は対面も勝ちやすくなりますので、意識していきましょう。

4:外回りルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
ゴールを中心に見た時、一番離れたルートを通っていくため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
個人的には、一番このルートをお勧めしたいです。
理由は、敵を探す時に一方方向から確認ができるということと、ホコショットでの邪魔が有効だからです。
また、Bバスパークのうねりが実は敵のインクの邪魔をしてくれます。さらにリスポン地から比較的離れているので、人数有利時などは有効に進めます。
危なければ、ホコショットを打って威嚇もできるのでとても便利なルートです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを通る場合は、ホコを守るのはもちろんですが、後ろに回り込まれないように工夫をしてください。
また、敵が通路に集まってきているようであれば、1人くらい裏どりに行ってもいいです。意外とこの時は刺さりやすいです。
足場の塗りよりも相手を落とすことやスペシャルを吐くことを意識するとカウントが進めやすくなりますので、このルートを通る場合は、裏どりをもろに意識していいと思います。

5:まとめ

Bバスパークのホコルート解説でした。
ここのホコルートはX帯で勝てるまで実は苦労したマップでとても思い出深いです。
実は、ルートAを改修工事後は多用することが多かったのですが、どうも全落ちしてカウンター負けが多かったんですよね。そこで、急がば回れ精神で遠回りをし始めたら予想以上に勝率が安定してきたんですよ。
これはとてもびっくりしましたね。やはりカウンターをくらいにくい、かつ相手がホコを確保しにくいルートを選ぶのも重要なのかと思いました。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました