Xが教えるガチホコ講座(ルート:海女美術大学編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:海女美術大学編)」です。
今回のルートは「海女美術大学」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
海女美術大学 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★★
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
ルートが限られてるけど、基本のルートになります。

【ホコ持ちイカのルートポイント】
ここでは、まず確実に相手を処理していることが重要です。また、壁が多いため相手の潜伏しそうなポイントを覚えるのがポイントです。
マップ自体も狭いので、少しの判断ミスが負けを招きますので、ホコを持つ時は最新の注意と、度胸を持ってしっかり進めましょう。特に相手が2落ちの時は進めるチャンスです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ここでは、いかに前線の位置どりと塗りを充実させることが重要になります。
正直ホコではかなりの限界があるマップです。ホコを置き去りにしないと同時に敵のキルをしっかりしておくことが重要です。
特に下の通路の制圧でなく、合わせて上の高台の制圧をするとホコ持ちが運びやすくなり、ノックアウトが見えてきます。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:綱渡りルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
進む道がまさに綱渡りなため 笑

【ホコ持ちイカのルートポイント】
ここに関しては、ホコ持ちのキャラコンと塗りが重要になります。
ホコ持ちについては、敵が高台にいる時に使うと刺さりやすい動きです。ルートというよりも進め方といったほうが正しいかもしれませんが、覚えておくといいルートかと思います。使う時は、下が塗れていない時に使うくらいです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
こちらに関しては、ルートAの時と同じになります。
あえて、塗ってルートを作ることはしなくても大丈夫です。ただし、暇があれば塗っておくと万が一に備えれますので、相手を倒して塗りをする時はせっかくなので塗っておきましょう。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:遠回り・切り替えルート
・ルート使用度:★★☆☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
カウントの進みが遅いわりに、進むのが難しいルートなため

【ホコ持ちイカのルートポイント】
まず、ここを進む時は相手の殲滅か、よっぽどのルート確保ができている時のみになります。
あえてここを通ることはしなくてもいいです。
むしろ相手にわざとこもらせたいのであれば使う程度ですね。ただし、味方が巻き添えを食らって死んでしまうことがありますので、要注意です。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ホコ持ちがここをよく通るようであれば、前を進むのではなく、後ろを通るようにしましょう。
囮にするんです。理由は、タダでさえやられやすいルートなため、見つかった瞬間キルされます。
やられに行くようなルートなので、あえてホコ持ちを囮にして、出てきた敵を落としていきましょう。

5:まとめ

海女美術大学のルート解説でした。
ここは最初のホコを持つタイミングがとても大事だと思います。持った瞬間に一気に前に持っていけなければ、長続きするためです。また、一瞬で逆転もされるので、しっかりと相手を処理していきましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました