Xが教えるガチホコ講座(ルート:モンガラキャンプ編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:モンガラキャンプ編)」です。
今回のルートは「モンガラキャンプ場」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
モンガラキャンプ場 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
正面突破の定番ルートになるため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
通常というほど、通常なルートではないです(笑)
むしろ、全落ちさせた時に通るくらいのルートになります。理由は、相手のリスポン地から近いためとなります。
そのため、敵を抑える役割が複数人必要となり、人数有利を常に維持しないといけないためです。
そのため、このルートを使うときは、人数有利の時のみ使用するようにしてください。それ以外は置き撃ちを意識して味方との連携をしていきましょう。インクレールで逃げるのもとても有利な立ち回りになります。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
この場合は、ホコより前の確保が重要になります。さらに確保としては相手リスポン地の前まで抑えることが要求されます。
そうしないとホコ持ちが全く運べないからです。相手陣地では、高台からの攻撃ができるため、長射程の上手い人であれば一瞬で抑えられます。ですが、リッターやハイドラでなければ攻撃が金網のルートまで届くことはそうそうないので、ホコ持ちが金網を通るまで押さえ込みができれば、このルートはとてもいいルートに変わります。
実はホコ持ちよりも持たない側が重要なルートになるわけですね。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:金網ルート
・ルート使用度:★★★★★
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
ルートの半分ほど金網の上を通る必要があるため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは、金網からの進み方が重要になります。もちろん人速を持っているのが大事なのですが、いかに相手を近づけさせないようにするかということと。人数の把握が重要になります。特に2落ちさせた場合はすぐ進むことをお勧めします。
また、インクレールから敵が降ってきますので、インクレールの確保も重要になります。
この意識が薄くなるとホコ持ちはすぐやられますので、正面とインクレールの場所は常に見ておくようにしましょう。
あとは、ちょっとした足場を使っての移動方法も覚えておいてくださいね。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートに関しては、ホコ持ちよりも先に金網を渡れるほうがいいです。といっても、なかなか厳しいところもあるので、スペシャルをうまく使って進むようにしましょう。潜伏もできないため対面が単純に相手の方が有利な状況になります。
また、対面については、ボムを積極的に使いましょう。それか金網の下から相手へ邪魔をするのがとても有効です。

5:まとめ

モンガラキャンプ場のホコルート解説でした。
このルートは、味方との連携が特に大事なように感じます。特に、全員で相手の全落ちを目指すのが大事で、なるべく人数有利を続ける必要があります。ホコ持ちだけでなく、ホコを持たない人も積極的にキルを狙っていきましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました