Xが教えるガチホコ講座(ルート:ムツゴ楼編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:ムツゴ楼編)」です。
今回のルートは「ムツゴ楼」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ムツゴ楼 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
ゴールまでスロープをたどってゴールを目指すルートになります。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートに限らずですが、ムツゴ楼では、相手の殲滅を行なってから鉾を進める必要があります。
また、今までのルートはなるべく速やかに運ぶことですが、高低差があるマップで、味方も侵入しにくいため、ホコショットを多用することが重要になります。
ホコショットの打つ位置を抑えると、長時間耐えるのは相手もきつくなるので、突っ込んできたときに相手を味方と協力して殲滅しましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートに関しては、一人一人の敵を確実に殲滅することと、全落ちしないことが重要になります。
なので、一番は味方の管理が重要になります。
ムツゴ楼では、復帰の時間がかかります。正しく言えば復帰して前線に上がり切るのが大変なんです。
そのため、人数不利が起きると相手はカウントをガンガン攻めてきますなので、全落ちをせず人数不利になったら、スペシャルを貯めるということを徹底していってください。
徹底が重要なのです。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:壁登りルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
ルートの途中途中にある壁を使用して進むルートなため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは途中の壁を登るというよりも、最後の壁を登ってノックアウトするルートが重要になります。
正直そこを覚えているのであれば、ルートAで途中で切り替えてもいいです。
このルートは相手の位置に合わせて壁を有効活用することで短縮ができるのでチャンスをうかがいましょう。
進んだ分だけ、カウントが進むルートなのかと思います。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートは、Aとほとんど考え方は変わりません。ですが、壁塗りの意識がとても重要になります。このルートは進むにつれて、ホコ運びが不利になっていくルートです。(もちろん他のマップもですが、、、)
特に高低差があり、敵が見下ろせるため、早く進めることが重要です。そこで、ホコ持ちに壁塗りをさせていると一瞬のチャンスも潰されます。敵陣を塗るついででいいので、しっかり壁は塗っておきましょう。
ただそれだけで、幅が広がります。
あと、最後の壁登りは後ろからついていくのがベストです。
周りに敵が来るのでその敵を落とすのが大事です。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:徒歩ルート
・ルート使用度:★★☆☆☆
・ルート難易度:★★★★★

【理由】
ルートで唯一イカ潜伏ができないルートを進むため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートに関しては、正直、相手の全落ちとホコを落とす場所次第です。
それ以外はあまり使う必要がないと思っています。ですが、使えるシーンを覚えているといいので覚えていて損はしないです。といっても、その程度の使い方になります。
動画であげていますが、短縮する方法もこのルートではありますので、この移動の方法を覚えておいてください。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを使うときは、ホコの後をついていかなくても問題はありません。
なぜなら、ホコを取られたとしても相手からしたら、移動が困難だからです。
まあ、ある意味こちらも同じなのですが、純粋に対面の強い方が勝つところになりますのでホコを無視して、相手のエリアの確保をする方を優先してください。ホコ持ちを狙っておりてくる敵を仕留めるのが一番ベストです。また、スペシャルを使うのもアリですが、ホコ持ちを守るためではなく、相手を殲滅するために使いましょう。

5:まとめ

ムツゴ楼のホコルート解説でした。
このルートは、直線的でキル力が物を言うマップだと思います。そのため相手の対面力が高いと一方的に押し込まれるのでとても編成が重要に感じます。ですが、裏どりの動きをすることで相手を翻弄できるマップでもありますので、マップを確認しつつ、常にいろんな角度から攻撃をしていきましょう。

これにて、ガチホコ研究は終了となります。
いや〜本当長かった。自分のための勉強にもなってとても良かったです。
では、また次回違う検証で会いましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました