Xが教えるガチホコ講座(ルート:マンタマリア号編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:マンタマリア号編)」です。
今回のルートは「マンタマリア号」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
マンタマリア号 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
通路を進んでノックアウトを目指すルート

【ホコ持ちイカのルートポイント】
基本的に狭いルートを通っていくため、高台や壁裏の敵のクリアリングが重要になります。
相手からすると上から囲むように見れるため比較的落としやすく感じます。ですが、ルートの性質上、ホコワリ合戦になると巻き添いを喰らいやすい場所ではあるので、積極的に運んで、なるべく前線でですするのがいいと思います。
また、攻めるのが無理な場合は、ホコショットを撃って味方の援護をするようにしていきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ホコを持たない場合は、まずは広場の確保を優先としてください。
また、広場の確保ができたのであれば、左右の侵入ルートから相手を抑える動きが重要になります。ただし、1人くらいが好ましいです。
ただ、最初から裏どりをしようとすると簡単にキルされますので、味方がホコ持っており、人数有利の際の追い込みとして抑えるのがいいです。
あくまで広場の確保が優先であり、隙をついて裏どりに走るのがいいです。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:短縮ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
壁に飛び移ることによって、ルートの短縮ができるため。

【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを使う時は、高台の殲滅をしている時か人数有利になった時が有効です。
また、壁塗りを運ぶ前にしておくとスムーズに進むことができるので、持つ前に塗っておくことをお勧めします。
また、進入が心配であれば、、ホコショットで威嚇射撃を行い、味方に先に活かせるようにしましょう。
1人で行くよりも複数人の方が断然いいので、援護を待つのも一つの策になります。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
この場合は、壁塗りなどの通路の確保を意識するといいと思います。このルートは鉾が1人で塗るのはとても難しいです。
時間短縮のためにも、壁塗りなど手伝ってあげましょう。また、ホコショットを多用するようであれば、さきに敵陣に突っ込んで、相手を撹乱するのも得策です。
もちろん、安全の確保ができたら「カモン」も忘れずにすると良いでしょう。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:外回り・切り替えルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
左側から敵陣に進入するため、普通に進むよりもカウントの進みが悪いため。ただし、視野が広く切り替えがしやすいルート

【ホコ持ちイカのルートポイント】
中央と左側の塗りが制圧できている時に比較的使えるルートになります。使用度として3つにした理由はまず足元の確保が必須になることです。
このルートは敵陣を突っ切って進むルートです。さらにホコを落とした時は、相手に近い状態になり、引きこもりもされやすくなります。ホコの奪取が難しいためです。
ルートを使うタイミングとしては、確実に4人揃っていることとt、ホコショットで置き撃ちをして排除していくのが重要となります。
ですが、切り替えもしやすいルートなので、高台に登ってルートをAに変えるのもありな気はします。
個人的には、使わないルートですね。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを活用する場合は、足元の塗りを意識していきましょう。
理由は敵陣に進入するからです。また、味方の前線復帰が遅くなりやすいため、相手をいくらキルしたとしても、足元の確保が難しくなります。
また、ホコの前を残りの3人で抑えるのもリスクが高いので、1人はホコ持ちの防衛をしておきましょう。
万が一、味方がやられても、1人生存しておけばビーコンの役割になり、前線復帰が早まりカウンターを防ぐことにつながるからです。

5:まとめ

マンタマリア号のホコルート解説でした。
通路を通っていくので比較的ホコを運びづらい印象ですが、実は運べば運ぶほど有利になるマップだと思っています。
それは、狭さと高低差の利用によって、防衛側が守りづらい状況を作ることができるからです。さらにホコ爆発で足元が塗れることによって不利な状況を作ることができるので、正直攻めの手を止めないほうがいいマップだと思っています。というか、ホコは攻めずに勝てることはないですからね。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました