Xが教えるガチホコ講座(ルート:バッテラストリート編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:バッテラストリート編)」です。
今回のルートは「バッテラストリート」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
バッテラストリート ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルートまたは、速攻ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆
【理由】
定番ルートということと、敵を正面に捉えやすいため。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
直進していく場合、小さい台に乗っていきますが、ここを塗りつつ高台にホコショットを打てるかが重要になります。
ルートの確保だけでなく敵の殲滅にもつながります。
また、壁をうまく使ってカウントを稼ぐことも有効です。ただし、敵に挟まれやすい環境ではあるので、味方とうまく連携をしていきましょう。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
高台への移動のための塗りと場所の確保を最優先でしましょう。
また、高台の敵だけでなく、左側からくる相手からホコを守るように気をつけてください。
ここでの関門は、上に登れるかどうかが肝です。ここはホコの技術だけでなく、左右からホコ持ちを迎撃されないようにしっかり守りましょう。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:遠回り、切り替え自由なルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★☆☆
【理由】
ほかのルートから切り替えることで有効に動けるため
【ホコ持ちルートのポイント】
このルートは壁を使いながらカウントが進めれるということ切り替えの容易さにあります。
ルート自体は遠回りに見えますが、ほかのルートと組み合わせることで短縮させることもできます。と言っても、このルートは敵に見られやすいポイントを通るので、敵の位置に合わせて通る感じになります。
やられた場合はホコを取られやすい位置なのでちょっとタイミングが難しいと思っています。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートは、上と壁裏からの攻撃が多くなります。そのため、足場をしっかり塗るだけでなく左側の高台の占拠が重要になります。道を作るついでに左側の確保をしておけば相手の気を引けますので、ホコと挟み撃ちにして前線からホコ持ちを迎えに行く立ち回りをしましょう。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:引き籠りルート
・ルート使用度:★★☆☆☆
・ルート難易度:★★★★★
【理由】
ほぼ、時間稼ぎのため。また、味方が素早く援護するためにはビーコンまたはスパジャンしかないため援護に入りにくい
【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートはビーコン持ちやスパチャク持ちがいる時に有効になると思っています。
そのため、ルートの変更をいつでもできるということと、敵が全落ちした時のみ有効なルートです。もちろん使い方によっては強いのですが、限定されるためとても難しいと思います。なにより、カウントが進むまでが遅いので。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
ホコの後をついていくのも重要ですが、1人は、裏どりで敵の邪魔をするようにしましょう。
ただでさえカウントが進みにくいマップです。全員がここでやられると相手にノックアウトのチャンスを与えてしまいます。なので、1人は相手の裏を取るようにしていきましょう。

5:まとめ

バッテラストリートのホコルート解説でした。
個人的には安定ルートと短縮ルートをうまく使い分けることと、対面が試合に左右するマップだと思っています。
無理に進めるのではなく、確実に人数を減らし、ビビらずに攻めるのが重要になります。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました