Xが教えるガチホコ講座(ルート:デボン海洋博物館編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:デボン海洋博物館編)」です。
今回のルートは「デボン海洋博物館」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
デボン海洋博物館 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
正面を突っ切って進めるルートで、攻め方がシンプル。また、ルートの切り替えも可能

【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは、ホコショットの打ち方が重要です。また、意外とキャラコンを重要となります。
まずキャラコンに関してですが、階段あたりを人移動で相手の攻撃をくぐり抜ける必要がるため、うまいこと壁を使ってインクを避ける必要があります。以下になるタイミングなどで効率よく避けれるので、キャラコンが重要になります。
また、ホコショットの鬱ポイントによっては、高い台の制圧が容易になります。
動画でも説明していますが、長射程がいる時ほど置き撃ちして攻められないように工夫をしましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ホコの防衛も重要なのですが、左右どちらかの高台の制圧をして、ホコ持ちを迎えに行くようにしましょう。
実は、ホコがこのあたりにいると、ホコにヘイトが集まっており侵入がしやすくなります。その時に敵陣から崩すことができると、一気にホコ運びがスムーズになりますのでチャンスは常に伺っておきましょう!

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:左侵入ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
マップの左側を起点に動くルートになります。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートの特徴は、インクレールで高台まで一気に登れることと、最後のノックアウトがイカ移動ジャンプでできるということです。
また、細い道を通るので、ホコショットを決めるのが容易なのもポイントですね。
しかもこのポイントは相手からすると、防衛するまでの距離があるため、意外と刺さりやすい傾向にあります。
ただし、左高台の制圧ができている時はです。この制圧ができていないと上からボムやらメインやらで狙い撃ちをされますので、気をつけておきましょう。なんなら、高台に向かってホコショットをすることをお勧めします。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
左側を通るようであれば、高台の制圧をしておきましょう。
というか、制圧できてないと、攻めようがないというのが本音です。また、このルートはホコ持ちより前に行って攻めるのが基本なのですが、最後のノックアウトするあたりでは、リスキルを始めるくらいの勢いが重要になります。ゴール付近になったらルートの確保ではなく、相手の邪魔を意識していきましょう。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:右回りルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
屋根上から、右回りにゴールを狙うルートなため

【ホコ持ちイカのルートポイント】
ヒト移動が多めのルートになります。また、屋根を使うルートになるので、相手からするとホコ持ちを落としやすい状態になります。
そのため、ホコショットでいかに邪魔できるかが重要になります。屋根上を過ぎるまでは、ホコショットを嫌という程売って相手を退かせましょう。
屋根を降りてからは、ゴールに向かってホコショットを撃ちながら進むと潜伏中の敵も倒すことができるので、相手のキルも意識しているとうまくいくルートになります。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを進む時は、ホコ持ちの援護は必須となります。できれば、中朝射程にお願いしたいところ。中朝射程はホコの後ろから屋根の上の敵の排除をしてもらうのがいいと思います。
短射程の場合は敵陣のインクレールを奪取し、そこから後ろを崩すとうまくいきます。この辺りは動画でも説明してますので覚えておいてください。
屋根を超えてからは単純にキル力の勝負となりますので、置き撃ちなやスペシャルで一気に攻めていきましょう。できれば、屋根を超えるまでにスペシャルをおっておきたいのが本音です。

5:まとめ

デボン海洋博物館のホコルート解説でした。
ここに関しては、ホコ持ちの度胸がとても大事に感じます広いマップで高低差もあるので、ホコを持ちたがらない人が多いですが、持って積極的に攻めるのが個人的にはお勧めです。手を休めるとすぐ相手のカウンターを受けます。さらに、マップでは上と下どっちから攻めてきているのかわかりづらいので、実は判断ミスでリードを許すということもあります。しっかり攻めつつ、相手の居場所の把握をしっかりしていきましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました