Xが教えるガチホコ講座(ルート:タチウオパーキング編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:タチウオパーキング編)」です。
今回のルートは「タチウオパーキング」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、C、Dのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートA・Bはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
タチウオパーキング ホコルート1

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
普通に進めば順調にカウントが進むルート
【ホコ持ちイカのルートポイント】
ここでは、上に対しての置き撃ちが重要になります。
また、隠れても敵からは上から丸見えになりますので、味方と共にに進みましょう。1人で進むと、ただのやられ役になりますので、味方の位置が重要です。また、味方がいる時は、遠慮せず進む意識が大事です、あえて囮になって、味方に敵を全滅させるのもアリです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ルートの確保と合わせて上から降りてくる敵を先に、止めることを意識してください。
ということは、裏どりと、ルートの確保が重要になります。
敵は、上から降ってくることができるので、先に自軍インクで足場を固めておけば、降りてきた瞬間スリップダメージが入ります。
また、スペシャルを使うことを意識するとよりスムーズにカウントを進めれます。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:遠回りルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
遠回りだけど見晴らしが良く、途中でカウントを進めれるポイントが多いため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを通る時は、壁を登る時に足場に一度乗ることを覚えておいてください。
動画で説明した通り、カウントが45まで進みます。足をつけてない場合は、カウントは計算されません。ですので必ずカウントを取るようにしましょう。意外とここでホコショットを撃つと厄介なんですよね。
また、高台に登りきったらインクレールをつけておくと、ルートが2つに分かれますので便利ですよ。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
壁塗りは常にしておきましょう。敵がある程度落ちたら塗るぐらいでいいです。また、塗った後は左側の確保は必須です。ここを取れるかどうかでホコ持ちの動きが変わります。勘がいい人なら、こちらの動きを読んでくれるので押さえておきましょう。
また敵が、右側の下り坂にいたとしても、上から攻撃ができるのでポジション的に有利になります。

3:画像で解説

ルートC・Dはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
タチウオパーキング ホコルート2

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:インクレールルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
インクレールが起動している時のみ使えるルート
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは味方との連携と、インクレールへの意識が重要です。
もちろんキャラコンも必要ですが、タイミングが良ければこれで一発逆転もできますので、とりあえずルートを覚えておきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートがいつでも使えるように、インクレールを常に意識しましょう。そうすることで、ホコ持ちがスムーズに移動できます。また、安全を確保すれば、普通に進むよりカウントの進みがいいのでこちらをお勧めします。

5:ルートD

【ルートについて】
・ルートの特徴:壁伝いルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★★

【理由】
壁意識が高いと安全に登れるルート
【ホコ持ちイカのルートポイント】
これは、ホコショットとキャラコンが重要です。
また壁を通ることによって相手からは攻撃がしづらく防衛もできません。うまくタチウオの地形を利用するのが重要となります。ただし、使うシーンは限定的ですね。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
中朝射程の方は念のため塗っておくといいです。それぐらいしかできることはありません。
ここを使うかどうかは、味方の知識次第なので、念のための精神でOKです。

5:まとめ

タチウオパーキングでした。
ここのルートC、Dはキャラコンと試合中の発想が重要です。常に使いなさいというわけではなく、相手の裏をつく時に有利ですこのルートを使いたい場合は、ぜひ、練習をしてから実践してくださいね。よく失敗している方を見るので(笑)

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました