Xが教えるガチホコ講座(ルート:ショッツル鉱山編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:ショッツル鉱山編)」です。
今回のルートは「ショッツル鉱山」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ショッツル鉱山 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:カウント稼ぎルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
まさしく、逆転のためのルートといっても過言ではないため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートの特徴は何と言っても最短で25カウントまで進めれるというところです。
ですが、ここに行くには、壁に当たるというのが重要になります。ホコ持ちは相手のカウント数を理解した上で使ってください。
相手が25を切っていた場合、たっだやられ絵に行くだけになるので、、、。
【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを行く時は、上の確保を優先でいいと思います。
この位置は敵に上から囲まれるルートなためです。なので、ちょっとの時間でもいいので上の確保をおこない、ホコ持ちのサポートをしましょう。後ろを追いかけるのもアリなんですが、正直上から押さえつけられるのできつい立ち回りになります。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:安全・通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
比較的守られる壁があることと、敵を確認しながら進めるため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートでは、ベルトコンベアを登る時にホコショットで沖撃ちをするのが重要です。
ということは、相手の射程を理解しておかないといけないということですね。また、運ぶ時には周りの壁をうまく使いながら運ぶことが重要です。ちょっとした段差でもイカ状態なら切り抜けれる場所が多いので焦らず進めていきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
こちらもルートAと同じで、高台の確保が重要です。
高台の確保ができた後は、ベルトコンベアの塗りもできるとなお良しです。なるべきホコより先を意識するようにしてください。
また見方がホコ前に多いようでしたら、裏泥されることもありますので、1人後ろから見守るのもアリですよ。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:引き籠り・機転ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★★

【理由】
敵陣地よりに引きこもれる場所があるため。また考え方次第では、ホコ持ちが相手を翻弄できます。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを使う時は、相手の状況をよくみてからするようにしてください。
使うとしても左寄りな時に使うルートになります。敵が高台にいて、かつ長射程もが多い時に使うと結構便利なルートです。常に使うのではなく、ルートの候補として意識していると意外と刺さるルートになります。
ただし、最初から狙うと地雷になりかねないので気をつけましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートをホコ持ちが通る時はあえて援護に回らなくてもいいと個人的に思っています。
むしろそれよりかは敵陣を荒らして、足場の確保することが重要かと思います。また、どうしても護衛に回りたいのであれば、せめて1人くらいが適切です。キルされた場合のリスクを考えるとかなり味方への負担がでかいので、冷静な判断が大事となります。
あえて、スペシャル溜めておくのもいいかもしれないですね。

5:まとめ

ショッツル鉱山のホコルート解説でした。
AとBのルートを使い分けるのが大事なのですが、Cを覚えておくといざという時に使えます。Cはメインで使うのではなくその時が来たら使うとうい感じでいると、機転が利く立ち回りができますので意識はしておきましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました