Xが教えるガチホコ講座(ルート:ザトウマーケット編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:ザトウマーケット編)」です。
今回のルートは「ザトウマーケット」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ザトウマーケット ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
敵を正面に捉えた状態で進んでいくルートになります。

【ホコ持ちイカのルートポイント】
ホコを持つタイミングがとても重要になります。このルートの場合、常に敵がホコを視野に入れやすいマップとなっているため、塗りをある程度整えてからホコを持って進むようにするといいです。
また、見つかるとすぐにキルされるルートですので、あまり立ち止まらないほうがいいかと思います。
どうしても止まらないといけない時は高台へのクリアリングをするようにしてください。小さい壁でもいいので壁を活用するといいと思います。
あと、注意点として、右側の細い通路はなるべく避けるようにしましょう。ここは相手からすると真上から狙いやすく、ボムコロしやすいマップです。
ハイプレなんていたら一瞬でやられますので、緊急回避時以外は通るのをやめておきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートは初期のホコ位置にある高台の確保が攻撃の起点となります。そのため、高台の確保をしてから敵陣に一気に攻めることが大事になります。
また、味方がこのルートに偏っているようであれば、左側の侵入ルートから裏どりするのもアリです。
ただし、塗りと移動の早いギア構成でないとついた時には全滅なんてこともありますので、きをつけておきましょう。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:高台・切り替えルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
敵陣の高台から侵入していくことと、途中から侵攻ルートを変更できるため

【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートのポイントとしては、高台に登り切る前の行動にあります。高台に乗るためには飛び台の確保が重要になります。
また、この位置では相手が待ち伏せが多いためキルされることが多々あります。
そこでやるべきことはホコショットで無理やり相手を退かせるということです。味方にアメフラシやスペシャルを使える味方がいれば別ですが、いない場合相手への邪魔が必要となります。それを意識して立ち回り、高台の制圧ができればこのルートの方がノックアウトがしやすい気はしています。

何より、高台に登ってからは、常に相手のリスポン地を正面に構えて初動の動きを見ることができますからね( ´∀`)

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを使用する時はスペシャルを使うことを意識するといいと思います。というよりも使ってください。
ここで使うことによって相手を強制的に引かせるだけでなく、ホコ持ちが安全に通ることができます。
この高台の維持ができるかどうかで試合の流れが決まると言っても過言ではないほどです。しっかりと敵陣を制圧してホコ持ちを導く意識をしましょう。
また、ホコを普段持たない人でも、ここに登れるチャンスの時は持つようにしましょう。

4:まとめ

ザトウマーケットのホコルート解説でした。
正直、右のルートは塗りの状況が整っててかつ、敵が2落ち以上していると騎士は使わないです。むしろルートBを多用していますね。
逆に持たれた時は、このルートに来れないようにボムを投げたりポイズンで飛び越えれないようにするなど工夫します。またおき撃ちすると意外と刺さるので守りのポイントとしても、各ルート覚えておくといいですよ。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました