Xが教えるガチホコ講座(ルート:アロワナモール編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:アロワナモール編)」です。
今回のルートは「アロワナモール」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
アロワナモール ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
正面突破のルートとなりシンプルなため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを使用する際は、運ぶタイミングが重要です。特に、左右の高台に敵がいると狙い撃ちをされることが多くなりますので、相手の人数不利を招いてからホコを持つようにしましょう。
また、起伏が激しいマップになりますので、ちょっとした操作で移動に詰まることがあります。その点に気をつけてうまく立ち回らないと一気に動きが止められますので、相手を見つけたら遠くにホコショットを打つのではなく、足元に撃って足場の確保を優先しましょう。
また、人数有利になったら、フルショットで足場の確保をするのではなく、自分1人が通れる足場程度の塗りをして進みましょう。それだけでも十分鉾持ちの役割を果たせます。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを通るときは、左右の高台どちらかを軽く制圧しておいてください。
そうすることで敵の手を緩めることができるのでカウントが稼ぎやすくなります。また、相手に長射程やブラスターが多いようであれば、裏どりの立ち回りが重要になります。
相手の隙をうまくついて移動することが大事になりますで、マップをよくみて立ち回るようにしましょう。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:金網高台ルート
・ルート使用度:★★☆☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
右手の金網ルートを通ってのルートになるため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを通るということは、相手が全落ちかつ、ホコがこの通りにある時のみにしてください。
また、高台に滞在しすぎるのもダメです。このルートは使えるシーンが限定的すぎるので使う場合はそれを理解して使いましょう。あまり得策のルートではありません。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを取った場合は、ホコ持ちを守るでのはなく、ホコ持ちを囮にして潜伏や足場の塗りを固めましょう。
できれば、スペシャルが発動できる状態にしておき、ホコ持ちがやられた時に一気に返せるように意識をしておきましょう。
それ以外はなんとも言えないルートなので、無難についていかないもの有りかと思います。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:引き籠りルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
細い道を通っていくため、比較的引きこもりやすいルートです。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを積極的に使うのではなく、カウントリードの時に会えて使うのがいいのではと思っています。
または、人数有利でたまたまこのルート上にホコがあるときぐらいですね。
相手からしてもここで何度も戦うのはとてもめんどくさい場所なので、いざという時に引きこもりとして使いましょう。
もし、押し切りたいのであればホコショットで相手が近づけれないようにしておきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを使って引きこもる際は、スペシャルをうまく使いましょう。
また、ホコバリアの大きさには要注意です。通りが細いということはそもそも大人数でのホコワリ合戦ができません。
場合によっては全落ちも招きますので、メインで壊すよりもスペシャルで一気に破壊することをお勧めします。
または、待ち伏せが有効ですね。

5:まとめ

アロワナモールのホコルート解説でした。
主にルートAを多用するマップなのかと思います。そのために左右のどちらかの高台を制圧しておくのがこのマップでは重要になります。
敵陣マップに侵入できるときは積極的に侵入し、人数不利を招いて一気に攻めましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました