Xが教えるガチホコ講座(ルート:アジフライスタジアム編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:アジフライスタジアム編)」です。
今回のルートは「アジフライスタジアム」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
アジフライスタジアム ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
金網の壁を通っていく一般的なルートなため
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは金網を通ってから、階段を登りきるまでがとても大変です。
そのため、動画でも載せているように単純に階段を登るだけでなく、所々高台に飛び乗って移動するのがとても大事になります。
慌てて進めるのもいいのですが、たまには壁などをうまく使って立ち回りを意識しましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを多用しますので、高台の制圧をしっかりしていきましょう。
高台の制圧ができてない状態で進むのは、無謀に近い状態です。
また、高台より先は狭いためホコを囮にして、敵を引きつけてから対処をしていくのがいいと思います。
アジフライスタジアムでは、高台の制圧が基本になりますので、覚えておきましょう。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:外間わり徒歩ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
右側の外回りを利用してのルートになる。また徒歩を多用するルート
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートは、徒歩ルートがあるため、相手を殲滅していないと、軽くやられてしまします。
このルートは相手からすると待ち伏せがしやすく上から攻撃ができるため、鴨がネギを背負ってきた状態に見えます。
なので、このルートを使用するときは、相手の人数を必ず把握してください。また、味方が自分よりも先を確保しているのが重要です。焦らず、じっくり攻めるようにしていきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
あえて同じルートをついていく必要はありません。一番は中央の高台の制圧が重要です。
高台さえ制圧してしまえば、やられたとしても味方が復帰してきてから十分挽回できます。それができるようにするためにも、あとをついていくだけではなく、しっかりと高台の制圧を心がけておきましょう。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:高台切り替えルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
左側の高台から中央への高台へ移動することにより、ルートの切り替えが容易になるため。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを使うときは、左側の高台への移動があるため、相手がいるときはほとんど使えません。
そのため、場合によっては、金網の扉のところから、中央の高台へ移動するなどの起点が必要となります。
敵が右側に固まっているときは使用可能なルートとなりますので、限定的な動きになることを覚えておきましょう。
途中からはルートAとBにうまく切り替えていきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを使う時に限った話ではないですが、高台の金網などを使うことによって、効率よく高台の制圧ができます。
この立ち回りが自然とできるようになると、本当の意味で高台の制圧が容易になり、相手からすると高いがとても厳しくなります。そのため、この立ち回りは散歩からでもいいので練習をしておくことをお勧めしておきます。
あとは、塗りが整っていないときは、敵陣の広場には降りないようにしましょう。

5:まとめ

アジフライスタジアムのホコルート解説でした。
中央が広いだけでなく、高台の足場も広いため制圧がカウントを進めるための重要なポイントになります。
ある程度確保できるまでは無理にカウントは進めず、チャンスを伺うのもアリかもしれないですね。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました