Xが教えるガチホコ講座(ホコ持ち対策編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ホコ持ち対策編)」です。
今回は、ホコ持ち対策ということですが、これは相手が持った時の話をしたいと思います。
相手がホコを持っている時というのは、非常に厄介です。ホコショも打たれますし、相手も一気に詰めてきます。
持たれると厄介なホコ持ちの対策を解説していきたいと思います。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:自分がマークすること

基本的にホコ持ちはマークするようにしてください。
理由は、味方に頼りすぎると負ける試合が多いからです。また、ホコ持ちの周りには敵が集まっていますので、人数が同等または少なくなると不利になっていきます。簡単に言えば、ホコは無限にボムを投げれるようなショットを撃つわけです。
いくら上手い人でも、その中をかいくぐってキルするは厳しいので覚えておきましょう。
また、マークしているだけで相手は勧めにくい状況になるため、いるだけでも効果があります。

3:待ち伏せしすぎるのもダメ

待ち伏せは一見いいように思えますが、一箇所に滞在しすぎるのは危険です。
待ち伏せをしているということは、「味方は3の相手4」の人数振りを招いているわけです。
そのため、ホコ持ちをやっつけたとしても、相手の人数が多くすぐ持たれるなんてこともよくおきます。
また、待ち伏せポイントは腕前が上がるほど覚えている方が多いのでキルされがちです。
なので、待ち伏せするなら転々とし、相手の背後を攻めれるように潜伏ポイントを動かしていきましょう。

4:正面からはダメ。ルートでの撃退ポイントを覚える

基本正面からのホコを止めるのは危険です。陣形としてホコの前に敵がいることが多いからです。
正面から対峙しに向かい、複数人と対面して逃げようとしてもホコショットの餌食になることもザラではありません。
ようは、横と後ろ、または上下からキルできればいいのです。
そのため、相手のルートを早めに予測し、そのポイントへ正面から向かいます。
相手と対面するであろうポイントあたりで、裏取に動くわけです。
これが大事でルートを理解していないと、どのくらいのペースで進むかもわからないし、無駄な裏取になることもあります。
それを防ぐために、ルートを理解し、正面から攻撃しない工夫が重要となります。

5:まとめ

以上、ホコ持ち対策となります。
正直僕は相手にホコ持ちがいるととても嫌です。理由は、キル専がおらず相手に戦犯を作ることができないためです。
また、相手の潜伏場所も理解しているので沖撃ちもうまいです。そうなると短射程を使っている身としてはかなり厳しくなります。
ですが、中朝射程がこれを理解していると、それも対策ができるので、短射程ならではなの悩みな気もしますね。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました