Xが教えるガチホコ講座(ホコショット編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ホコショット編)」です。
今回は、ホコ持ち対策ということですが、これは相手が持った時の話をしたいと思います。
相手がホコを持っている時というのは、非常に厄介です。ホコショも打たれますし、相手も一気に詰めてきます。
持たれると厄介なホコ持ちの対策を解説していきたいと思います。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:高台置き撃ちを使うこと

ホコショットは、長射程としての役割も担っています。
ショット後の爆発もあることから攻撃の使い方によってはとてもやっかいになります。
その射程を生かした撃ち方としては、高台に対しての置き撃ちが有効です。
敵に見つかった地点で袋叩きにあうのは見えているので、こちらもタダでやられないように撃っていきましょう。
攻撃しなさすぎるのは、逆に人数不利になっているようなものですので味方との協力が大事です。

3:追いかけられた時は真下に撃つべし

相手に追いかけれらている時になりますが、ホコショットの撃ち方になります。
もちろん、距離がある程度ある前提ですが、追ってくる相手を返り討ちにする方法になります。
コツは、真下と言いましたが、反転して真下に撃つのがポイントです。
まず、真下に撃つ理由は、近づいてきた相手にたいして、バリアを張るようなイメージです。
反転する理由は、ホコショットを打った時の反動を少しでも利用し、移動の初速を上げるためになります。
何気にしているテクニックですが、運ぶ時には結構役に立ちます。

4:壁の向きをうまく使うこと

以前説明した、爆発の癖になります。
正面から壁に向かって撃ったとしても当てる設置面の方向によって全く爆発の起点が変わります。
これを理解していないとホコショットを無駄に撃つだけになってしまいます。
ようは、ボムの爆発範囲などと一緒です。
ボムの爆発の感覚をつかんでいると撃つべきポジションなどわかってきますので、ボムコロの練習もしてみるといいと思います。

5:まとめ

以上、ホコショットの解説となります。
運び切ることも大事なのですが、それは相手が2落ち以上の時です。その環境出ない時も運ばないといけないシーンというのが出てきます。そういった時にホコショットをいかに上手く扱えるかがキモになってきますので、覚えておいても損はないと思います。
ホコショットでキルした時は本当気持ちいですし、ガチホコの魅力でもあるなと思っています。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました