Xが教えるガチエリア講座(海女美術大学編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチエリア講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチエリア講座(海女美術大学編)」です。
今回のマップは「海女美術大学」です。

では解説の前に、「ガチエリア講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:エリアが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

要は、ノウハウ本のような感じです。エリアの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
海女美術大学 エリアルート
マップのポイントとしては、防衛ラインのところあたりの防衛が重要になります。

2:エリア確保の動きについて

海女美術大学の初動に関しては、中央を取ることが重要となります。
そのため、降りた瞬間から対面での勝負が多発し、人数不利になった方が負けになる流れとなります。いや、本当その流れが多いんですよね。
そのため、初動の動きというのはとても重要になります。そのままノックアウト目指せるまでの影響を与えるほどです。
そのため、直線的にエリアに進むのではなく、左右から挟むようにいくのがいいです。
特にピンク色の線での部分は相手の潜伏ポイントを通っていきます。もちろんキルできないといけないのですが、相手を殲滅できた場合そのまま、相手の陣地に攻め込むことができます。
また、中央の高台が反対側を見えないので挟み撃ちにすることができればなお良しです。
対面の敵を把握しつつ、中央の壁をうまくつかましょう。

3:前線維持のポイントについて

基本的には敵陣の高台に進むとリスキルとなりますので、高台に登るかどうかが前線ラインとなります。
そのため、高台へ効率的に進入をしておかないと全く、前線を維持できません。
進入のポイントはしっかり押さえましょう。動画で紹介しているように中央の高台から、キノコの高台に登り、相手の陣地に侵入するルートも強いです。

また、塗り意識もかなり影響を与えます。中央の塗りができているだけで相手は降りてくることが厳しくなります。
降りてきた場合袋だたきに合わせることができるので、敵陣に進入しない場合は、足場だけでも整えておきましょう。
また、スペシャルは敵の高台に投げるのが重要です。

4:まとめ

今回の「海女美術大学」は以上となります。
中央の高台の制圧も重要ですが、何より初動の勢いを保つのが大事なマップになります。
というか、初動が勝てないとほぼ無理だと思います。僕の場合はスパッタリーを使うので、高いも難しく最初の勢いを潰されるときついです。
武器によって立ち回りが変わるのはもちろんですが、初動というのをポイントにしていただければと思います。

マップ知識以外についてもどうぞ

マップの知識やルールの知識も大事ですが、一番は自分の持つ武器とスペシャルの特徴を理解することです。
こちらも良かったらご覧いただければと思います。
1:サブウェポンまとめ
2:スペシャルまとめ
3:ビーコンマップ研究

4:ガチマッチごとのペナルティーについて
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました