Xが教えるガチエリア講座(デボン海洋博物館編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチエリア講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチエリア講座(デボン海洋博物館編)」です。
今回のマップは「デボン海洋博物館」です。

では解説の前に、「ガチエリア講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:エリアが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

要は、ノウハウ本のような感じです。エリアの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
デボン海洋博物館 エリアルート
マップのポイントとしては、防衛ラインのところあたりの防衛が重要になります。

2:エリア確保の動きについて

デボンでは、エリアの確保はもとより屋根上の制圧が必須となります。
理由としては、屋根上から狙い撃ち似合うからです。特に中・長射程を持つ場合は、上の制圧ができないと全く勝ち目がありません。ハイドラやチャージャーがいた時なんてたまったもんじゃないです。
では、短射程どうなのか?
基本的にサポートをしつつ、相手の裏どりの阻止と裏どりを狙っての立ち回りが多くなります。
上での戦いを味方がしてくれていると下への注意が削げるため、進入が容易になっていきます。
進入してからはインクレールを活用したり、高台で後ろから妨害することが重要となります。

3:前線維持のポイントについて

前線維持はできるだけ、相手陣地の高台での攻防となります。
奥に進み過ぎてもいいのですが、基本相手が高台から攻撃を仕掛けやすくなります。逆にオールダウンを取られかねないんですよね。また、一番のポイントである高台を相手に奪還されてしまうので、厳しい戦いがまた始まります。
高台の制圧だけでも相手は攻めずらくカウントを進めるには有利なポジションですので、高台の制圧をいちばんに考えましょう。
また、下に降りるのはできるだけ避けたほうがいいように感じます。下にいた場合は塗りは確かにできるのですが、屋根上からの塗りで十分カバーできます。
一度自分の攻撃がどこまで塗れるのか確認しておき、塗りのカバーができる範囲を理解しておきましょう。
前線を維持するのはリスキルだけでなく、相手の攻撃ポイントを押さえるのも大事です。
積極的に高台を抑えていくようにしましょう。

4:まとめ

今回の「デボン海洋博物館」は以上となります。
ある意味マップが二つあるような構成になっているので、管理が本当に大変です。
個人的にはスパッタリーよりも、スピナーを担いで立ち回りたいのが本音です。ですが、短射程もタイミングと抑えるポイントをしっかり理解していれば、十分に勝てますので、射程の理解なども再度していきましょう。

マップ知識以外についてもどうぞ

マップの知識やルールの知識も大事ですが、一番は自分の持つ武器とスペシャルの特徴を理解することです。
こちらも良かったらご覧いただければと思います。
1:サブウェポンまとめ
2:スペシャルまとめ
3:ビーコンマップ研究
4:ガチマッチごとのペナルティーについて
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました