Xが教えるガチエリア講座(ショッツル鉱山編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチエリア講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチエリア講座(ショッツル鉱山編)」です。
今回のマップは「ショッツル鉱山」です。

では解説の前に、「ガチエリア講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:エリアが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

要は、ノウハウ本のような感じです。エリアの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ショッツル鉱山 エリアルート
マップのポイントとしては、防衛ラインのところあたりの防衛が重要になります。

2:エリア確保の動きについて

敵陣に突っ込む場合と、自軍を抑える2パターンがあります。
この二つは、武器によって役割が変わると正直思っているので、その説明を武器でしたいと思います。
前提条件として僕はスパッタリーとバレリミを軸にエリアは行います。その点を踏まえてお話をします。
まず左側について、自陣側を抑える場合は短射程の武器の時に使います。
理由は、ベルトコンベアの上にいる敵を倒すためです。初動の時においいのが、特にベルトコンベア上での塗りです。
この敵を倒す場合、実は長射程はエイムの練度がモロに出ます。ていうか難しい。
そうなった場合、キルするのが遅くなり、味方がやられてしまうのです。ですが、短射程の場合は、ベルトコンベアまで突っ込未対処ができるので、意外とすんなり抑えることができます。エイム力にもよりますが、重要なことです。
また、短射程の方が基本塗りが強いので自軍側の塗りを抑えるのに適しています。

では、右側の敵陣ツッコミルートはというと、長射程がいいです。スピナーの際は必ずといっていいほどここを抑えます。
理由は、左側の自軍を抑える見方が多いからです。また、敵の侵入経路として、敵陣エリア付近のベルトコンベアあたりにいることが多いです。そのことを考えると、画像の緑のラインのように、エリアの確保をして足場を塗るだけで敵が攻めづらくなります。キルができなくてもカウントが進めれるわけです。
直線的に視界を広く見れるというのが、スピナーなどの長射程にハマるんですよね。
また自軍側は基本見方が抑えているので、容易にカウントを進めれます。(見方が自軍側をとってないとダメ)

逆に短射程は、相手に蜂の巣にされますので、気をつけるようにしましょう。

3:前線維持のポイントについて

右側のベルトコンベア周りだと思います。特に右側の広いところですね。
ここを塗っておくだけで、相手は自軍側のエリアの確保が最優先になります。また、取ったところで、ひっくり返すには、さらに奥に突っ込む必要があるわけです。
そうなった場合、敵陣の確保エリアあたりを取っておくと自然に挟み撃ちにでき味方と高いを阻止できます。
また、場所が広いためスペシャルから逃げやすいんですよね。
足元の塗りも影響しますが、壁が多く避けることも容易なので結構いい場所です。
ただし、前に行き過ぎると敵にやられてしまいますので、足場を徹底的に塗って、攻めてきた相手を潰すようにしましょう。
危ない時はスペシャルで阻止です。2つエリアがあるので、片方さえ押さえれば維持はできます。

4:まとめ

今回の「ショッツル鉱山」は以上となります。
正直、スピナーなどの長射程武器で行きたいというのがあります。ビーコンが刺さりにくいマップなので難しいというのもありますが、どうしても射程に負けるんですよね。
あと、攻める時が直線的になりやすいのもあるので、それも長射程が生きる理由です。

マップ知識以外についてもどうぞ

マップの知識やルールの知識も大事ですが、一番は自分の持つ武器とスペシャルの特徴を理解することです。
こちらも良かったらご覧いただければと思います。
1:サブウェポンまとめ
2:スペシャルまとめ
3:ビーコンマップ研究
4:ガチマッチごとのペナルティーについて
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました