MacBookでの動画配信方法を教えます【YouTube】

ゲームアレコレいっちゃいます。

みなさん、どうも( ´∀`)
いきなりですが、今回はYouTubeで動画投稿やライブ配信をする方法をお教えしたいと思います。
いろいろな機材が必要かと思いますが、そこまでの知識がなくともある程度できるものなのでそれを今回は紹介します。

ちなみにですが、一般的に動画配信をするとなると、Windowsのパソコンを用意しキャプチャーボードやマイクといった機材と取り揃える必要があります。場合によっては複数台の管理が必要になったりします。
ですが、MacBookにすることにより一部、解消されます。
その手軽さ、実用性、気をつける部分などを1年間使用した感想と合わせてご紹介したいと思います。

環境さえ整えば、いつでもライブ配信をボタン一つでできる状態にまでできますので、最後まで読んでいただければと思います。


1:MacBookにするメリット

機材の紹介の前にそもそもMacBookにするメリットを話したいと思います。
そもそもMacBookは配信にむいていない機材という話を聞いたりしますが、操作をしていてそんなことはありません。
というか、むしろ幅広く操作がいじれるので結構楽です。
また、MacBookにすることで、配信以外のメリットがあるのでそちらをご紹介します。

1:フォトショップ・イラストレーションを同時に操作できる(快適性)

動画の編集中は、パソコンの処理が遅くなります。また、動画の精製をしている合間に画像の作成など同時進行も可能です。僕の場合は、動画の生成中は、画像の作成とブログの記事作成など結構負荷をかけています。
Windowsの場合、それなりのスペックを用意する必要があるため費用が嵩張るかと思います。

2:動画編集は既存のiMovieで可能

僕の作成している動画は、基本的にiMovieで作成しています。
動的な動きは既存のもの。音楽はフリーで探すことも可能です。文字入れなどもあれは、iMovieの昨日なんですよね。
あと一番の特徴としては、声の後入れが簡単というところです。
ソフトを買わなくても十分な編集ができるのがとても便利ですね。

3:キャプチャーボードひとつで、ライブ配信が可能

一番はこちらになります。キャプチャーボード1つあれば、配信が簡単にできるというものです。
しかもエンコーダーの準備や、また、配信ソフトのダウンロード・設定などややこしいことをせずに配信できます。
また、このキャプチャーボードから音声のON・OFFが切り替えれるので、都合が悪いときにマイクを切るという厄介な動作がないのも魅力の一つになります。

個人的に、アプデによってエラーが発生するなどないので、放送中におかしくなるということはほとんどありません。
MacBookで起きた場合は、むしろスペック不足によるものだったりもしますので、最低限のスペックの用意などが必要になります。
それが整っていればとても簡単だと使っていて感じます。

2:MacBookで気をつけること

MacBookで気をつけるポイントももちろんあります。その点は買ったときに失敗したなというのがありましたので、まとめたいと思います。

1:MacBookのCPUのスペックを間違えないこと

このあと紹介するキャプチャーボードに影響を与えるものとして、CPUの問題が出てきます。簡単に言えば、動画を録画するための動作領域の確保をするものと思ってください。
これを間違えていると、キャプチャーボードの性能を存分に振るうこともできませんし、動画撮影したものがカクついたり、画面反映の遅延のもととなります。
チャットを活用して配信したい方の場合は、視聴者とのズレがあるので抑えてもらいたいポイントです。
また、せっかく撮影した動画が再度撮り直しになるくらい音ズレしたりしますので、その点も注意点です。
ちなみに、僕は配信用のMacBookを持っているわけではないので、これが発生します。

2:YouTubeの配信ライセンスを取得しておくこと

これに関しては、Googleアカウントとの連動をしておけばすぐ完了します。
ただし、ライブ配信については、いくつかの動画の投稿や、登録してからの一定期間が過ぎないとすぐにはライブ配信できません。なので、パソコンが揃う前に一度動画投稿の権限をもらっておくことをお勧めします。
幸い、僕はカラオケ投稿を以前していたので、この点はスムーズでした。(もう消してるからないよw)

3:保存容量が少ないので外付けHDDがいる

これについてですが、動画をどのくらいストックするかによって変わります。
MacBookの場合保存容量が、250〜500GB程度です。では、なぜ外付けを用意しないといけないのか?
実はキャプチャーボードで録画をすると、バックアップ用としての動画が記録されます。
さらに、編集ソフトのiMovieに取り込むとそこにも同じ容量のデータが記録されます。
さらにさらに、編集したデータを記録します。
全て10GBとした場合、合計で30GBの容量を取るわけです。
となると、動画を3本ほど編集するとパソコンの負荷がすごいことになるわけですね。
なので、バックアップ用として、外付けHDDが必要になるんです。
1TBほどあれば、十分ですので今なら買うことをお勧めします。

という感じで悪い部分もありますが、MacBook自体のスペックを間違わなければ問題はないと思っています。
また、容量については、外付けさえあればどうにかできますからね。

3:必要な物は?

それでは、必要物についてですが、簡単に紹介したいと思います。
必要なものの用途についてお話をしたいと思います。また、紹介する機材は、実際に使用しているので、試した感想もお話ししたいと思います。
実際に使っている商品もアマゾンのリンク先で紹介をしますので、詳細を見てもらえるとわかりやすいかと思います。

1:MacBook(CPU:Intel i5-4xxx quad-core以上)(用途:PC)【必須】

MacBookに関してですが、モデルの洗濯も重要ですが、何より重要なのはCPUの選択です。
これについては、「Intel i5-4xxx quad-core以上」は必須ですので、間違えないようにしてください。
これをミスってしまうと、音ズレが発生したり、映像の遅延がありますので、絶対です。

Amazon.co.jp
2:elgato HD60 S(用途:キャプチャボード)【必須】

こちらは、キャプチャーボードです。配信するなら必須ですね。
基本的に、MacBookとゲームの映像をテレビに移すために必須のものです。また、動画の録画などはこれがないとできません。ですが、これは実際に一つのパーツでそこまで邪魔になるものではありません。また、エンコードといって、映像の出力先の設定なども自動でしてくれるので、かなり便利です。ただし、1点だけ注意があるのでそれは後ほどの説明でしたいと思います。

Amazon.co.jp
3:マイク(用途:音声入力のため)

これに関しては、iPhoneについているイヤホンでも構いません。というか十分です。
ただし、近いため音量の調整が難しいことや、エコーなど使って遊びたい方はマイクを買うことをお勧めします。
また、単一指向性などでない場合、周りの音を吸収してしまいます。外の騒音などですね。
周りが静かであれば問題ないですが、状況に合わせて使い分けるのをお勧めします。
ちなみにですが、マイクテストは入念にしないと反響したり大変ですので、テストは必ずしてください。

Amazon.co.jp
4:テレビ(用途:画面出力のため)【必須】

HDMI搭載であれば問題ありません。僕の場合はテレビを買いましたが、手ごろなものでHDMI搭載のものと決めてます。
ただし、ゲームをする距離感や、パソコンの配置などいろいろ考慮すると、「24〜32インチ」がベストだと思います。
もちろん、大画面でするのもいいですよ!
ただし、配線関連次第といった感じですね。

Amazon.co.jp
5:外付けHDD(用途:バックアップ)

こちらは、任意で問題ありません。例えば動画をまとめて撮りたい方。また、動画の保存先を外付けにしたい人などはいいと思います。こちらをお勧めする理由は、単純にYouTubeへアップした動画が破損した際の修正に役立つからです。
録画した動画は慣れるまで1週間は保存しておくといいです。配信したらおかしいなどよくありますので、バックアップにはお勧めです。個人的には過去の配信動画の画像などをストックとして残しています。

Amazon.co.jp
6:フォトショップ(用途:画像の編集)

これに関しては、フリーソフトでも構いません。こちらが必要な理由は動画を投稿するためのサムネイルの作成です。
また、動画に差し込む画像などの作成にも使用します。僕の場合は、フォトショップをもともと契約していたので、それを使用しての作業になりますね。サムネイルを作れることは、動画を配信する上で重要なので大事ですよ。

Amazon.co.jp

ただし、必須でないものもありますので、そこは気にしないでくださいね。

4:接続方法は?

結構簡単です。下記の画像のようにしてもらえればすぐ使えます。

接続方法

キャプチャーボードを中心にゲームとパソコン、テレビを接続するだけです。
ちなみに、パソコンとキャプチャーボードだけでも、パソコンの画面に映し出すこともできます。
ただし、エンコードの影響によって、映像の出力が遅れます。
ヘッドホンなどしていると、若干音が遅れて写るのがわかります。

5:動画の撮影をする方法は?

動画を撮影する方法としては、 キャプチャボードのアプリをダウンロードするだけです。
アプリのダウンロード自体もそんなに時間がかかりませんので、結構簡単です。
ダウンロードはこちらの画面からできます。
URL:https://www.elgato.com/ja/gaming/downloads
ダウンロード

ダウンロードしてしまえが、あとは、起動するだけとなります。
起動した画面はちなみにこうなります。
画面

こんな感じの画面が開くことができます。
結構これボタン一つで再生と配信ができるんで便利なんですよね。

6:ライブ配信をするには?

では、ライブ配信の方法についてです。画像をもとに説明していきますね。
画面

①対象チャンネルとの連動

実は、チャンネル名の横の+ボタンを押すと、連動がすぐにできます。
あとは、YouTubeの画面に飛びますので、ログインするだけです。(ちなみに初期設定時のみ)
コメント欄はタイトルになるので、毎回好きなように変更をします。

②ボタンをクリックして開始

実は、このボタンをクリックすると自動でYouTube側の設定を行なってすぐ配信を始めれます。
YouTubeの自分のライブ配信画面を開けばすぐにできますので、とても便利です。(赤ボタン:録画、青ボタン、音声)
では、YouTube側の画面を見てみましょう。
画面

実際には、この画面にするまでにエンコードの処理や、URLの調整などちょっとした手間がかかります。
初心者には全くわからない言葉が多く挫折する部分なのですが、それを無視して配信できます。
最初はできてるのかわからないぐらいの速さです。
実際には、最初の設定さえできてしまえばワンクリックで配信ができてしまうわけですね。
機材さえ揃えば、簡単にYouTuberになれるわけです。

7:ちょっとしたテクニック

ちなみにですが、配信をするときにちょっとした設定をアプリでできます。
それは、個人情報などを見せないようにするためのサムネイルを複数用意できる方法です。
先ほど紹介した画像にいくつかサムネイルがあったと思います。
あそこに当てはまるように画像を用意しておくと、何かあったときに画面を切り替えれるのが非常に便利です。

8:注意点について

・必ず遅延が発生する

一番の注意は、遅延です。
基本的には、自分のテレビの画面では、いつもと変わらずゲームができます。
ですが、配信している動画やパソコンの画面は少し遅れて動きます。若干のズレが発生するわけですね。
これに関しては、どうしてもズレが出てしまうので仕方ないのですが、自分の方がリアルタイムで確認ができないという面も出てきますので、なれるまではチャットの対応などは難しいと思います。

・マイクの調整が難しい

実は、これ結構失敗してます(笑)
マイクの調整といっても配置によっては、風呂部屋のように音が反響してマイクに声が入ることがあります。
これは、配置をして最適なマイクの音量の調整と、アプリ側での音量の調整が必須です。

最初のうちはテストの動画をいくつか撮影しておいて、何度も自分の声を聞くことをお勧めします。
そうしないと、配信中に声割れが起きたり、全く聞こえなかったりと最終録を課せられるからです。

:最後に

正直、機材は安くはないので、ちょっとやってみようという気持ちではしないほうがいいと思っています。
MacBook Proと機材を合わせるとざっと30万はいくからです。
僕の場合は、自分のプライベート用としてもともと持っていたので、実際の出費は3万円くらいでした。
キャプチャボードも安いわけではないので、使わないと宝の持ち腐れです。

機材を買う前に、何のゲームを配信するか。どんな内容にするか。週に何回動画投稿するのかなどしっかり練った上で買うことを強くお勧めします。

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました