DbDのようなリザルトになったらどうなるのか?【スプラトゥーン2】

スプラで考える

みなさん、どうも( ´∀`)
今回は、いつもと思考を変えてスプラトゥーンを考えてみたいと思います。
前回の記事でも書きましたが、ストレスが溜まるであったり、愚痴をしながらゲームすることが多いスプラトゥーン。
ですが、このゲームってオンライン対戦なのでどうしてもイライラするシステムなんですよね。
で、ある日のことなんですが、デッドバイデイライト(以下DbD)をした時に思ったんです。
「そもそも、DbDのように頑張った分だけポイントがもらえる、ランクマッチにしたらいいんじゃね?」
ということです。

じゃあ、DbDのリザルトの恩恵はなんなのか?
その辺りをお話ししたいと思います。

1:DbDとはどんなゲーム?

まずDbDについておはなしをしないと始まりませんね。
このゲームは生存者(サバイバー)4人と殺人鬼(キラー)1人の鬼ごっこのゲームとなります。
キラーはサバイバーを全員処刑することがクリアの条件。
サバイバーはキラーの攻撃をくぐり抜け脱出するというゲームになります。

また、このゲームの特徴としては、脱出するまでにいくつかの条件があります。
それは、発電機と言われる出口を開けるためのギミックを5つ修理するということ。
シンプルなんですが、これ結構難しい。
もちろん、発電機をなおす際はキラーに追いかけられます。
サバイバーはキラーの攻撃を2回受けると瀕死状態となり、吊るし台につるされます。(捕獲ですね。)
3回吊されるとそのプレイヤーはゲームオーバーといった感じになります。

もちろん人数が減れば減るほど状況は悪化しますので、味方と協力しながらうまくキラーから逃げ切るかが重要なわけです。野良とのマッチングが当たり前なこのゲームにおいて、味方との協力は重要になるわけです。

実際に文字だけでも説明が難しい部分もありますので、こちらをみていただければと思います。

いかがでしたか?鬼ごっこという言葉あうゲームですよね。

2:DbDのランクシステムはどうなっているの?

では、今回の本題になる部分いついてお話をしたいと思います。
DbDのランクシステムについては幾つか特徴がありますので、それをご紹介しますね。

1:エンブレムシステムがゲームの貢献性に反映される

僕のこのゲームでいちばん好きなシステムです。

どのようなシステムかというと、例えば、発電機を5個中3つ直して、味方を2回救ったけど処刑されてしまった。
この場合、ランクが落ちるかと思いますが、実はゲーム中の貢献度が高いためランク維持という評価をもらうことがあります。処刑されたのにですよ場合によっては、処刑されたけど君成績いいからランクあげちゃおう!ということもあります。

ちなみにリザルト画面はこのようになっています。マークの色とか違いますよね。

で、この評価というのはエンブレムというのが用意されており、5段階で評価をされます。


この貢献度の違いによってゲージの増加が変わり、pipというランクポイントをゲットできるわけです。(数値の米粒みたいなマーク)
経験値がもらえる行動と重なる部分があるため、たくさんポイントをもらった行動をしているほうが全体への貢献度も高いとされています。まあ、一部ですが。

また基本的にキラーとサバイバーは4つのエンブレムの合計成績で評価されます。

■生存者のエンブレム
・光をもたらす者(Lightbringer):発電機の修理の数
・折れない心(Unbroken):どれだけ生き残ったか
・善良な意思(Benevolent):仲間を助けたか
・逃走者(Evader):どれだけキラーと追いかけっこをしたか

■殺人鬼のエンブレム
・扉を守る者 (Gatekeeper):発電機の修理をどれだけ遅らせたか
・信仰する心 (Devout):何人殺したか
・邪悪な意思 (Malicious):サバイバーをどれだけ叩いて、吊るしたか
・追跡者 (Chaser):どれだけ追いかけっこが成功したか

という風に、それぞれ要素が振り分けられており、この質によって評価がされます。
では、さらに詳しくいきましょう。
このエンブレムですが、実は色によって得られるランクのポイントが違います。
例えば金なら2ポイントと言った感じです。
このポイントは赤いゲージ部分に相当し、一定ラインに行くとpip(米粒)と言われる、ランクポイントをゲットできます。このpipを一定数集め切ることでランクが上がっていくわけです。このpipをランク15から14にあげたい場合4つ必要となるため、4試合の頑張りが必要になるわけですね。
また、エンブレムの評価が高くないと脱出成功してもpipはもらえません。そのランク帯でしっかり貢献したかどうかが判断されるわけです。
もちろん、ポイントが低ければ降格もありますし、維持もあります。処刑されたとしても最後までどう行動するかによって評価が変わるんですよね。それも面白いところです。

2:1ヶ月に一回のリセット

DbDのランクについてですが、サバイバーとキラーそれぞれに、ランクがあります。スプラで言えばウデマエにあたります。
このランクは毎月13日にリセットされますので、プレイしていない場合、最低ランクまで落とされるようになっています。
またランクを最大1まで上げたとしても、強制的に10まで下げられますので、上位に上がり続けないといけないというシステムです。本当に上手い人が上に似るようになっています。
スプラで言えば、X帯でも放っておくとC帯へ降格するというものです。
実際のリセット画面はこのような感じです。

まあ、高ランカーと当たるチャンスでもありますし、結構これが楽しいんですよね。
一人では勝てないから、どうやって立ち向かうかも考えれるのでとてもいいです。

3:スプラに反映するなら?

では、ここまでDbDの話ばかりしていましたが、何を反映するかですよね?
僕はこのエンブレムシステムを導入してくれないかなと思っているんです。
理由は、「スプラは勝利がすべて」となっているからです。
スプラのウデマエに関して言えば、ルール関与をしっかりしていても負けてしまう。キルを大量にしても負ける。塗り管理をしていても負けてしまうなどなど、、、。たくさんの要素があります。
ですが、負けてしまえばその頑張りは何も残りません。
というか、理不尽な負け方もありますしね。編成負けとかね。

その点を考慮してエンブレムのグループ分けとして4つほどに分けれないかと思ったわけです。

1:塗りの貢献度(足元の管理をどれだけしたか)
2:キルの貢献度(相手をより多く倒したか)
3:生存の貢献度(どれだけデスをしない時間があったか)
4:勝ちへの貢献度(ルールにどれだけ積極的だったか)

この4つの要素があれば、自分の貢献していない部分が見えますし、自分の腕前の安定性も見れるはずです。
ちなみにパワーが高いかどうかではなく、いかにナイスなプレイができたのかという目線になるわけですよ。
見ている側を楽しませているかということです。

だからこそ、このシステムが欲しいと思うんですよね。

4:反映したらどう改善される?

僕の中では反映された場合、パワー格差というのがなくなると思います。
現状として、Xパワーが高ければどんな立ち回りや意見も許されるということです。
もちろん悪いことじゃないのですが、正直Xパワーでいちいちマウント取られるのがうざいんですよ。
また、この数値関連で言えば、塗り面積でマウント取るのも正直うざいです。
数値で測りやすいことですが、そもそも、練度の質は人それぞれ違うので、足下とるようにこういうの使うのめんどいんですよね。だいたい、中身がない返答が多いですし。
むしろ、Xパワーが高くてもそれを出さずちゃんと指摘する人います。そういう方達は、ちゃんとした理由もあるのでむしろ歓迎なんですよね。

数値について達成感を出すのは非常にいいことだと思います。ただし、そのパワーという権威を使って横暴するのが嫌なんですよ。
パワーがない人、少ない人は考案したギアをあげたらいけないのか?動画配信してはいけないのか?他人の評価をしてはいけないのか?
様々な問題があります。
そう言った問題がこれによって解決するだけでなく、何より、ゲームへの貢献度の質を求めるようになるので、ゲームの質が良くなると思うんですよね

本当可能であれば、このシステムを入れて欲しいと思うんです。

:最後に

今回の記事については、HaLucinaさんの教えて〜というのから始まっていますが、実は以前よりこれについては考えていた部分であったので、とてもいい機会をもらえました。
実際にスプラの今のシステムは好きですし、やりがいはあります。
ですが、そのシステムによってねじれた部分があるのであれば変えてもいいと思ったんですよね。

特に数値を打ち出す部分です。これについてまた別の機会に色々と話したいと思いますが、こうだったら面白いよな。もっとゲームの質上がるよな。という視点で書いてみました。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました