Xが教えるガチホコ講座(運び方編(2))【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(運び方編(2)編)」です。
僕はガチホコを運ぶのが好きなタイプです。
持てるのであれば喜んで持ちます。
というか、ノックアウトするときは大概自分が運んでいるときなので、味方が持たないときは正直持ちますね。というくらい自信はあります。逆に言えば味方に依存していないとも言えますね。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説

となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:止まらないこと

基本的には人数有利時には、ためらわずガンガン攻めてください。
むしろ味方に持たせるのではなく自分でノックアウトするくらいがいいです。
また、持った時は1カウントでも進めることが重要ですので、あまり止まらず一気に進めるのが有効です。

3:下がる時のポイント

では、ホコを持った時に下がるポイントはなんなのか?
それは人数が同等になった時、または正面に相手がいる時です。
基本ホコでは相手をキルすることは難しいため、味方の協力が必要です。もちろんボムの扱いに慣れている方はボムコロの要領で撃つと刺さりやすいの、味方の援護をするイメージで撃ってください。
ようは、正面に敵が出たら味方と協力しようと言うことです。

4:ルートを理解する

これはそれぞれのルートの役割理解になります。
基本的には、ルートに関してはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
それを理解しているかどうかで立ち回りや進め方が変わります。また理解をしていると、ホコとしての囮のなり方覚えれますので、メリットとデメリットを見るようにしましょう。ここが強いというポイントは絶対にありません。
アンチョビで言えば、
立てこもりルートは、(デメリット)相手がこもりやすい、(メリット)リード時に乱戦に持っていける
短縮ルートは、(デメリット)スプリンクラーを回す手間と待ち伏せが多い、(メリット)一気にカウントを進めれる可能性がある
安全ルートは、(デメリット)遠くからの攻めになり直線的になる、(メリット)ホコショで警戒ができ、安全に登りやすい
となります。
各マップにおいてこのルートの存在がありますので、覚えておくといいと思います。

5:まとめ

運び方についての、考え方になります。
ホコ持ちでたまになかなか進まない方がいますが、ホコ持ちはビビったら負けです。
いつでも前に進める準備をしておき、さらに広い視野で相手の視認が重要になります。持つのに自信がなければまずはルートの理解からしていきましょう。ルートの理解ができると味方の攻撃の意図が読めるようになりますよ。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました