【スプラトゥーン2】考えながら行動するって事について

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は考えながら行動することについてお話をしていきたいと思います。

え?スプラに関係ないって?

いやいや、ちゃんと関係ありますよ。ナワバリ、ガチマッチする時、頭の中フル回転してるでしょ?

まさか、してないとは言わせないよw

まあ、そんな茶番は置いといて、実際に、人間は考えながら行動するということはできません。

ちなみに、できるっていう方は、行動と考えに対して100%ずつで考えていないということになります。

では、たとえ話も混ぜつつ話をしていきましょう!

1:考えて行動することはできるのか?

答えは「NO(ノー)」です。

ちゃんと理由はあります。

基本的に、考えること行動についてですが、100%それぞれできるかがで考えています。

そうなった時どうでしょうか?

100%でないときというのは中途半端になりやすいものです。

中途半端というのは、中途半端な結果を生みます。中途半端な結果になると中途半端な半生になるわけです。

だからこそ、NOといわせてもらいます。

2:中途半端になる、その理由とは?

では、たとえ話をしましょう。

あなたはカフェで友人とお話をしています。

最初は、友人とお話をしていました。楽しく会話が弾んでいたそのとき、店員さんがドリンクを差し出します。

それを飲みながら、友人との会話を再開。

ですが、残念ながらドリンクが美味しくありません。

そのときあなたの頭には「ドリンクがまずい」というのが頭の中にテロップが浮かびます。

では、その瞬間、あなたの頭の中には、友人の会話を100%覚えているでしょうか?

・・・結果はわかりますよね。覚えていないです。

このように、行動と考えというのは基本100%で行なっていないと、中途半端になります。

小さい子供が、言われたことを忘れるのは、何かに夢中になりながら話を聞くからです。

そうなった場合、当然できなくて怒られますよね。

それと一緒です。

なので、中途半端になるのです。ま、中途半端でもできてるじゃんという方は、それは半端でいいということなので、流したいと思います。

あくまで、いい結果といい反省をするためです。

3:スプラで考えながらプレイするには?

では、考えながらプレイする方法を教えます。

これに関しては「無意識」を使います。

え?そんなことできるのかって?

えぇ、簡単にできます。

以前、車のお話をしたかと思います。ニュースで事件に使われた車がベンツだった場合、あなたの頭の中には、覚えていなくてもベンツというのが記憶されます。

そうなったとき、あなたの意識の中では、無意識にベンツを追いかけます。

最近、この車見るな〜って思った時は、実はCMであったりニュースで流れていたりと無意識に覚えた内容になります。

これを活用します。

4:活用方法について

これをするには、あることを決めないといけません。

それは、ガチマッチやナワバリをする時の「目的」を決めるということです。

これは、プレイ中ではなく、プレイ前に決めてください。

また、できるだけシンプルで、一つに絞ってください。

たとえば、「1試合ホコ爆発に巻き込まれる回数を1回以内にする。」と決めたとします。

という風に決めて、いざやって見ると面白いことが起こります。

今まで見てなかった、ホコの膨らみ方、ホコ周りにいる敵の数、武器の編成などなど、実は今まで見えていなかったものが見えてきます。

これに関しては、実践してもらわないと体験できません。ただし、本気で考えてねw

(笑)

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的に、考えと行動が一緒にできないのであれば、 わけてしまえばいいということです。

「考えながら動けない、、、」というかたは、そもそも一緒にやることが難しいわけであるので、分けるという視点を持ってしまえばいいわけです。

ただし、そのあとの反省が重要になりますから、きをつけてくださいね。

では今回はここまで。 

また次回、お会いしましょう( ´∀`)

ツイッター

twitter.com

youtube

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました