【スプラトゥーン2】潜伏で静と動を分ける

 みなさん、どうも!

今回は、潜伏についてお話をしたいと思います。

正直、僕の苦手な動きの一つなのですが、これをうまく使えた時は正直勝てる試合が多いです。

まあ、実は適度に動きを止めるので、そのときに敵が視界に入り戦略が練りやすくなるからなんですよね。

そんなさらっと終わっても意味がないので、細かく考えていきたいと思います(笑)

1:そもそも、メリハリが大事

何をするにもですが、メリハリが基本大事です。

ずーーーっと中だるみはダメってことですね。 仕事も、恋も、遊びもね。

では、スプラ でのメリハリとは何になるのか?

言ってみれば「動=キル」、「静=潜伏」「中間=塗る」という感じで僕は考えます。

極端な考えですが、一番正反対の動きをしていることになります。

塗る=中間の理由としたのは、基本的な動きのためとなります。

こんな感じです。

2:動について

基本的にはキル力さしますが、動いた瞬間から敵をキルするまでにできるだけ短い時間で処理することが大事になります。理由は、一時的にヘイトが上がり全員の視線が集まるからです。

そうなると、いくらエイム力があっても助かることは難しくなります。なので動の時は短時間でキルすることが重要になります。

ただし、スプラ での動はあくまで攻撃だけでなく塗りの部分もはいってきます。

なので、短時間で目標を倒し、他の的に邪魔をされないように動くことが重要かと思います。

これを考えると、キル速早い武器ってのは、一気に攻撃のピークまで持っていけるので魅力がありますね。

3:静について①

どちらかというと、スプラトゥーンでは、この静をすることが難しく感じます。

え?せんぷくしてとまればいいって?

それは甘い考えだよ。

こう言ったゲームにはポジションどりが重要になります。

また、塗りの状況によっては、潜伏してても簡単にポジションがわかります。

こんな感じで巻き添えありきでキルできます。

りゆうとしては、壁裏や高台、塗りの状況によって、潜伏しやすい場所を予測で当てれるゲームだからです。(これが結構刺さる、ささる)

もちろん、ウデマエが上がるほどこの行動は多くなり、簡単に見つかってしまいます。

コントローラー投げたくなるときだってあります(笑)

それだけ特定がしやすいスプラだからこそ「静」というのが難しいです。

ただし、「静」ができるとその恩恵もあります。

4:静について②

静ができることの恩恵としては下記のことがあげれれます。

A・敵の動きと味方の位置がわかる

B・塗り状況がわかる

C・侵入口が読めるようになる。

D・イカ移動や、潜伏などしていた敵を視認して追いかけやすくなるので、見落とすことが少ない

とくにDは、かなり恩恵がでかいです。

スプラも感覚でエイムを合わせることができますが、それよりも目で敵を早く確認し追いかけることができる必要があります。

よくあることかと思いますが、

「敵を見つけたのに見失った、、、あ、うしろ!、、、ぴぎゃ」

なんてことになったら意味がありませんからね。

動いた時こそ一度安全地帯でたちどまり戦況を見ることが大事かと思います。

たとえば、こんくらいの静でも大丈夫です。(攻めの静と僕はよんでます。)

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まあ、簡単に言えばメリハリをつけろってことです。

確かに止まっている時の時間はもったいない気もしますが、ず〜〜っと集中して糸をはりつめるのも大変だと思います。

いざ、って時に集中力切れてやられたなんてダメですからね。

それに、ウデマエの低い方(失礼)はマップの見る回数や、突入する前に見渡すという行為が少ないように思います。

みてて、「あ〜〜〜!」と思うことも多々あるので、教えてあげたいというのが本音の部分です。

せっかくなので、試して見てください。あ、一回じゃダメですよ?何回も試して新しい戦略として身につくまでですよ?

では今回はここまで。 

また次回、お会いしましょう( ´∀`)

ツイッター

twitter.com

youtube

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました