【スプラトゥーン2】ウデマエごとの違いについて

みなさん、どうも( ´∀`)

今回はウデマエでの違いについて話をしたいと思います。

まあ、実力がモノを言う「ウデマエ」ですが、実はちょっとの違いなのかなと思っています。

もちろん経験もありますが、それは最後あたりに書きたいと思います。

では、僕のかなり主観になりますが、ウデマエ別で見ていきましょう!

1:C~B 

この辺りは、言わずとですが、初心者勢ですね。

あとは、サブ垢勢が多いところとなります。

ちょっと前に友人にお願いしてC帯を見せてもらったんですが、まぁぁぁ、酷い。

サブ垢で弱いものいじめする人もいれば、完全に傍観する人もいたりとなかなかですね。

ある意味、C帯は闇を抱えていると言えます。ま、このくらいにして、特徴を述べると、、、

【特徴】

・そもそも、エイムと移動がまだまだ未熟で純粋にキルの影響が出る。

・キルの仕返しが多く、ルールに専念する人がいない

と言った感じですね。初心者ならではって感じですね。

2:A~S

この辺りは、中級者が多めかと思いますが、ナワバリのエンジョイ勢も多いと思います。

そのため、意外と放置やふざける人が多く、きつい試合をせざるおえない時があります。

【特徴】

・エイムにちょっと自信がついてきたので、いろんな武器に手を出しがち。

・ブラスターなどが多く、まぐれキルが多い。

・武器の性能に頼る分、立ち回りが実は雑になりがち

・ルールに沿った動きはできていない。

・強い人の真似をしたがる傾向

かなと思います。僕の時は特に強いと言われた武器の反映度が高く、ルールを無視する人が多いです。Sでもちらほらですね。

3:S+~S+5

ここに来るとだいぶ、立ち回りに対して意識ができて来ると思います。ですが、戦況を読みすぎて諦める方が多いことと、S+というプライドに負け、熱しやすく我を忘れる人が多い印象です。特にキープの難易度も上がるため、感情的になりやすくとても焦りやすいあたりかと思います。

【特徴】

・ルールを理解している人がちらほら

・前線ラインの捉え方がちょっと甘い。

・自信がついていることから、無理な裏どりが増えてくる。

・以外と塗りが雑になりがちで、塗りさえしっかりしていれば勝率が上がる。

・意思疎通できた時の連携が早い

・S+を下げたくないということから、久しぶりにガチマをする人が多い

・リスキルの引くタイミングがわかっていない。

4:S+5~S+9

ここまで来ると、自信が力に変わって来るころかと思います。

また、研究熱心なところもあり、いろんな武器の特徴や編成で立ち回りが変えれる頃かと思います。

逆に言えば武器の特徴を最大に生かし、編成によって武器をある程度変えれるかと思います。

【特徴】

・持ち武器が複数あり、どの武器でもS+の維持ができる

・エイム力がXの人と対応できるくらいに伸びて来る

・立ち回りが常に2対1を意識しはじめる。

・仲間の動きをよく見る(潜伏がうまい)

・サブウエポンの使い方うまく、味方のフォローができ始める

・ある程度戦術が頭に入っている。

・ガチマに関しての知識が人並み以上になる。

となります。正直S+の中でも5以上はちょっと違う気がしています。

大きな違いとしては、バトル時の安定性です。立ち回り・エイム共に安定性が増し、高い次元での動きができるようになっていると思います。

5:X

ここまで来ると、武器の練度、経験が関係してくると思います。

正直経験はここで発揮されると思っています。その理由は、S+とXでは、次元が違うということ。Xには、プロの方も混じっています。と言うことはアマチュアとプロの経験の質が変わってきます。

なので、正直Xについては、上がってからが本番と言う感じかと。(例外もいますが)

【特徴】

・瞬間エイムがずば抜けている(笑っちゃうレベル)

・エース級の人が多いため、ちょっとしたミスが全てに影響をする

・経験の質が違うため、成長も早い

・実は、パワーによってはS+の方がうえ(2100帯)

・味方との連携がうまく、常に全体図がみえている

・移動に無駄がなく、視野に必ず複数人はいっている

・武器の練度が圧倒的に高い

となります。ですが、Xの方でもキル専でなければサポートで立ち回っている方もいます。Xでもスキルを伸ばす部分が違うということですね。

また、圧倒的にエイム力が他のウデマエと差があります。

どんなXの人でもある程度のエイム力があり、太刀打ちは難しいです。

6:腕前を上げるには経験が大事。だが、時間をかければいいというものではない

ここまでウデマエのことをいろいろと言いましたが、ウデマエをあげるには経験が必要なのかなとみなさん思うかもです。

現にXの方は武器の練度高いですからね。

ですが、時間をかければ質のいい経験を貯めることができるのかと言うとそれは別です。

重要なのは「質の高い経験をするために、何を目標として練習するか?」です。

ただ適当に練習をするとしたらある程度までは行くと思います。

ですが、そこには質の良いノウハウはたまりません。

質が低ければ、時間をかけても伸び代は低いです。

ですが、質の高い経験をするといかがでしょうか?短時間でも経験値が高いため成長も早くなります。でもこれは、目標が定められた練習をするからです。

8:目標を作る理由

これには理由があります。

みなさん、目標なしとした場合、自分の成長はどうやって判断しますか?

自分の悪い点はどう探がしますか?どう分析しますか?その分析は正解ですか?なぜ正解なのですか?なぜ?なぜ?なぜ・・・?

と言った感じで、目標がしっかり決まっていないと、自分がその目標に対して結果の判断ができません。これは仕事も言えます。

目標を未達成の場合、「感覚で失敗しました」と言っていいでしょうか?

絶対言えないですよね?必ず原因をさがし、本当に失敗した理由などを探すはずです。

これは、ゲームも同じです。成長できないとした場合、そもそもあなたはどこのレベルまでの目標があり、それに対して課題をたてた時にどのラインまで来ているのでしょうか?

そうすると、何が足りないのか?具体的に見えて来ると思います。

正直、目標があればアドバイスができまます。だって目指すものが明確だから。

ですが、目標も目指すものがなければ何もアドバイスできません。

わかりにくい方にはもっとわかりやすく説明します。

車のナビ(グーグルナビ)で考えていきましょう。

ナビを使用する時は必ず目的地(目標)がありますよね?

でも、行く道は人それぞれ違うはずです(課題=人それぞれ違う)

そして、道を決めたら目的地へ移動を開始すると思います。(行動)

目的地に着いたら、振り返りをするはずです。(反省)

あの道は危ないからやめよう。あそこでガソリン入れるべきだ。ご飯食べればよかったなど。

ですが、目的地もなければ、ただ適当に歩き回っているだけになるかと思います。そしてこう思うはず、「時間を無駄にした」と。

こう考えると、ゲームも仕事もプライベートも全部目標があるから達成できるのです。

9:まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後はちょっと難しい話になりましたが、ウデマエ別としては、僕は上記のイメージです。

ですが、Xの方も実は同じ道を辿ってウデマエをあげているわけです。

じゃあ、その差はなんなのか?

それは、上記で挙げた目標と質ではないでしょうか?

仕事も、ゲームもプライベートも真剣にすると違った楽しみが見つかるかもですよ。

では今回はここまで。 

また次回、お会いしましょう( ´∀`)

ツイッター

twitter.com

youtube

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました