ガチマッチごとのペナルティーについて【スプラトゥーン2】

ガチマッチ関連

みなさん、どうも( ´∀`)

ガチマッチごとのペナルティーについて」です。
ガチマッチをしていると必ずといっていいほどあるのが、このペナルティー。
そもそも、このペナルティーとは、どういった仕組みでつくのかご存知ですか?
ルールによってペナルティーは全く違いますので覚えておきましょう。これを知っておくとルール関与の大事さがわかると思います。
というか、知ってほしいというのが本音です。では解説始めたいと思います。

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

2:ガチエリアのペナルティー

【ペナルティー】
ペナルティー後
【解説】
■ペナルティーの数値は進めたカウントの約4分の3が付与される。
エリアではペナルティーのカウントは、進めたカウントの約4分の3が付きます。
これは、ペナルティーのカウントも付与されるため、大きい数字を稼ぐほど、受けるペナルティーが大きくなります。
さらにこのペナルティーは続けて加算されるようにもなっており、ペナルティー消費中に、途中で返されたりすると、さらにペナルティーの数値が増えるようになっている。
大きい数値ほど返すのが大変だが、加算されるペナルティーも大きいということだ。
ということは、こまめにカウントを進めるのか、それとも一気に叩き込むのかによって全く進め方が変わるということです。
チーム戦でない以上の野良ガチマでは、リスクの少ない小刻みでいくのもある意味いいのかもしれないですね。

3:ガチアサリのペナルティー

【ペナルティー】
ペナルティー後

【解説】
■進められたカウントの2分の1が付与される。
アサリに関しては、エリアより計算がしやすくなっています。
2分の1がペナルティーとして付与されるので、20のガチアサリを入れた時に10加算されるというものです。
ただし、アサリを集めてシュートをするという行動がいるため、ペナルティーが少しつくだけでもかなり厳しいものがある。
常に9個を持った状態でチャンスがあればシュートは決めていきたいところである。
大きいカウントを狙うのか、それとも小刻みにいくのか、とても難しいところです。

4:ガチヤグラ・ホコのペナルティー

【解説】
この二つのルールはペナルティーと言えるものが存在しないと思います。
それは、カウントが減るというリスクがないからです。リスクがあるとすれば、スタート地点へ戻るという点です。
そういった点を考えると、ガチエリアやガチアサリのようにカウントをプラスされるということはなく、テクニックによってカバーができるところとなります。
もちろん、リスクはありますが、ペナルティーではないということです。

5:まとめ

今回のペナルティーについては以上となります。
意外とカウントの仕組みって難しいですよね。カウントの進み具合によっては、リスクが大きいこともあるので、ルール関与の仕方が変わると思います。
どうやって長く自軍のカウントとして進める時間を確保するのか?その点を深掘りすることが大事なのかと思います。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました