#13この世はつらつら日記(一年間、ユーチューバーなった感想)

この世はつらつら日記

みなさん、どうも( ´∀`)

以前にブログが一年ほど経つよと言うブログを書いてから、今日で丸一年が経ったわけですが、ブログに関して思うことは前回の記事を書いていますので、そちらを読んでもらえればと思います。

で、今回はどう言うことかと言うと、世の中の子供の憧れYOUTUBERについてお話ししたいと思います。
実際に1年してみたことや、体験したことをまとめたいと思います。
あと、今後のYOUTUBERの活動についても書いていきますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。
記事はこちらからどうぞ>>>

またいやらしい話ですが、チャンネルについても登録だけでもしてもらえると助かります。今後の行動にも左右するところになりますので、よろしくお願いいたします!もちろん、登録者にお返しできるのは、1000人を超えてからとなりますが、よろしくお願いします。あと、この裏話もしっかり後でしたいと思います。

チャンネルはこちら!ゲーム攻略情報も載せてますので、チャンネル登録よろしくお願いします。
エルザレト YouTube

では、YouTubeの紹介もできたので早速お話をしていきましょう。

1:YOUTUBERをやった理由
そもそもYouTubeをした理由というのは、大好きなゲームを記録として残したかったからです。
え?自分の中で残したらいいじゃんかって?

いや、確かにそうなんですが、ゲームってハードがどんどん進化していくたびにできなくなるゲームあるじゃないですか?
さらに言えば劣化するとゲーム自体できなくなりますし、イベントやゲームの仕方って人それぞれで全く違った内容になるんです。
例えばゼルダのブレスオブワイルドはそれにあたります。
ストーリーそっちのけでマスターソードをゲットする旅に出たり、メタルギアでひたすら敵の感情をもてあそんだり、、、と色々ゲームをして楽しんでいるんですが、どれも記録としては残ってないんです。
もちろん、FF9なんて1レベル12時間クリアとかしたんですが、記録として残ってないんです。
楽しんでやっているのに全く記録に残らないのがほんと嫌だったんですよね。
そういったこともあり、自分の好きなことをその時の状態で残そうと思ったのが原因です。
あとは、好きなことで楽しく生活したいなとか(収益の部分)、ゲームでの交流を増やす目的でもありましたね。

そこで始めたのがスプラだったんですよね。いや、本当いい記録が残ったものです。

2:YOUTUBERで大変だったこと
YOUTUBERとしての苦労はいくつかあります。僕の中では結構楽だった部分もありますが、普通の人がしたらきついであろうこともいくつか上げていきたいと思います。

■動画の編集が大変(個人的に負担なし)
これに関しては、動画編集環境が重要になります。
「1:動画だけをとって後付けの解説にするか」「2:声入りの撮影にするか」「3:音楽・コメントを入れるか」等色々あります。
僕の場合は、1と2をよく使い分けます。ですが、声入れでする方がいいですよね。
じゃあ、1・2については、何が違うのかお話ししたいと思います。

1:動画だけをとって後付けの解説にするか
【良い点】
これについていうと万が一に撮影中に誰かが入ってきたり、外の音が入ることがないという点が非常にいいです。
ゲームを撮影する環境を問わないということです。
あとは編集後の動画に声入れができるため、全体を通して移管した流れが作れるのはとても魅力です。

【悪い点】
時間が倍以上かかるという点です。単純に動画を見ながら声入れをしていくので時間が倍かかります。
また、マイクの調整をしっかりしとかないと音がしっかり入りません。入ったとしてもゲームのBGMが小さかったりと編集ソフトの知識が必要になったりします。
特にマイクは、音が反響するとかなりきついです。また音割れも荷物の配置で変わるので結構大変なんですよ。
マイク調整だけで数時間なんてこともよくあることです。まあ、僕はゲームのテスト配信とかして時間を有効活用しますけどね。プライベートのゲーム時間に撮影するのも非常に良いですよ。

2:声入りの撮影にするか
【良い点】
時間が短くて済むという点と、臨場感があるということです。ゲームをしているとどうしてもテンションが高くなるという人はこっちの方がいいです。後付けの方はゲームをしている時の熱が冷めている状態なため、下手したらテンション低めの配信になります。まあ、慣れてしまうと声入り撮影も同じなんですがねw

【悪い点】
周りの音が入り込むということです。マイクの性能にもよりますが、場合によってはめっちゃ音が入ります。
緊急で言えば、玄関のチャイム音(宅配便)、救急車など公共の音、急な仕事の電話など様々です。
こういったときは実況の声とかぶるので編集でもカットがしづらいです。
また撮影に慣れてからになりますが、ゲームをしていると「あ、ここはかっとになりそうw」というところがわかります。
そういった場所の見分けができれば、邪魔が入ってもいいように編集を多少コントロールできるようになります。

■機材トラブルが多い(泣きそうになる)
これに関しては、環境なんてもんじゃないレベルのものです!
一回前の1時間前までの問題なかったのに、次撮った2時間が〇〇撮影されていない。またはデータが消えているなどよくあります。
また、謎の音が入ってしまい、動画にできないなど多数あります。
これに関してなのですが、撮影中には全く気づけません。そのため、撮影終わった後のチェックでやっとわかるレベルです。いや、これが本当辛い。特にシリーズ化した動画だったりすると肝心なところが抜けたりしているのでとても辛いです。
そういった意味では、スプラのような区切りがあるゲームは助かるんですよね。
あと、ライブ配信の時にも回線や機材トラブルで接続が切れることもあります。そういったときは再設定の日強があるので、やはり精神的にきますねw

■ライブ配信での対応が大変(個人的に負担なし)
ライブ配信の方法にもよりますが、参加型の場合は特に苦労すると思います。
個人的にはルールを決めているので実はかなり楽ちんです。また、モデレーターの申し込みがあったので管理がとても楽です。
と、この「管理が楽」というのが実はミソでして、チャットのコメントの対応というのが常に出てきます。
特に多いのは荒らしの対応です。
これに関して言えば表示の設定をいじっていないと、チャットに勝手に露出してしまいます。これは設定次第で弾けるので問題ありませんが、とても迷惑行為です。ゲームしながらチャットも管理するなんてかなりきつい状態なので、こういうアホが来ると配信してて呆れものです。
正直、こういうのがめんどい人はチャットの解放はやめた方がいいです。
僕の場合は、それよりも交流が好きなのでやってはいますが、そのうちどうなるのやら。

■荒らしが来る(めっちゃうざい)
スプラのライブ配信をしている時などによくあるのですが、タイマンキッズ(脳みそがガキ)がよくきます。
ええ、非表示にしているので周りには見えなくしていますので、見えません。
ただし、こういったやつは、反応なしにチャットをどんどんしてきます。
ウザい以上に人として底辺レベルですね。
こういった相手をするというのが結構めんどいところです。というか、僕の場合は即ブロックですね。
ちなみにですが、僕の場合は視聴者の方でも悪意のあるプレイなどした場合は遠慮なくブロックなどします。
ええ、僕のゲームの目的は「ゲームの楽しさを通しての交流と記録を残す」なので、そういった方はそもそもターゲット外としています。
まあ、中には、予期せぬトラブルの方もいるので場合に良ては解除もしますがね。
2度目はないけどw

■登録者が増えない(根気がいる)
これに関してですが、後に話す収益化に影響があります。
ですが、チャンネル登録者を増やすに当たってですが色々考え方があります。
顔を晒して配信をする方法や、煽りの動画、流行りを抑えた動画など多数する方法があります。
ですが、どれも流行り的なものであって、かつ過激なものが多いので労力と知恵が入ります。
もちろん、一時的に爆発はするのでとてもいいと思いますが、僕としてはコンセプトに沿ったチャンネル登録者なのかという点があります。
僕の場合、実は登録してもらった方がいきなり大人数が減るということはありません。
むしろちょっとずつでも増えています。
そういった意味では、何を配信するのかはとても大事になりますね。

3:YOUTUBERで嬉しかったこと
では、悪かった部分ばかり話しててもつまらないのでいい点も書いていきましょう。といっても僕の中ではここに価値を持っていたのでとてもありがたかったことです。

・ファンになってくれる人がいた
これに関してですが、毎回配信に来てくれる方が増えています。
というか、マジで、僕の配信に時間を使ってくれることがほんとありがたい。こういった方とはもちろん交流が楽しいです。長時間見なくとも顔出しだけでも来てくれるなんてとてもありがたいんですよね。

・お礼・質問のコメントがもらえて。
僕の動画の場合はブログとの連携をしています。そのため、攻略系や思考の内容が多いことから検証系も増えています。
そのこともあったせいか、実はS+慣れましたといった声などよくいただきます。
いや、本当ウデマエ上がってくれたことに関しては、本人の努力なのですが、きっかけになれたことがとても嬉しいんですよね。
こういったことがあるからやめられないんですよね。あとは検証動画もこういった意味で精が出ます。

4:YOUTUBERの収益の裏側
これに関していうと、収益はまだまだ先となっています。
以前であれば収益化のハードルは低かったので、すぐもらえた方が多かったようです。
ですが、規定の変更によって、このハードルが上がってしまったんですよね。
そのラインというのが、チャンネル登録者数1000人+12ヶ月の総再生4000時間というものです。
いや、これがほんとハードル高いんですよね。
登録者が特にきついです。広告を出していればまだいいですが、集める方法というのがとても大変なんですよね。
すぐ上がるみたいな人はいますが、それはそもそも新しいコンテンツを作った人であって、全員が全員収益化できるわけではありません。
あくまで、成功者は少ないということです。
また、収益化ができないとチャンネル登録者への恩返しができないというのも本音です。
YouTubeを使っての収益に関わる部分なのでシステム的な制御などあります。
個人的にはグッズなども作っていきたいと思っているのですが、なかなか厳しいんですよね。

かといって、煽り動画作ってバズらせるのも間違っている気がするし、本当難しいんですよね。
なので、ゲーム好き中な方はチャンネル登録ボタンぽちっと押してもらえると非常に嬉しいというのが本音です。

ちなみに収益の金額はYouTubeの規定により公開できません。公開した場合は取り消しになりますしね。

5:今後の配信について
今後の配信についてですが、動画の投稿については今まで通りゲーム実況を上げていきます。
ですが、ライブ配信は参加型はやりますが、頻度は減らしたいと思います。
参加するライブ配信から観るライブ配信へ転向していこうということです。

たとえば、スプラトゥーンのようなネットゲームでいうと、永遠に続きません。
正しく言えば、流行り廃りがある以上、一人のためにずっと配信をするというのができません。
そういったときに、どうやって他のチャンネル登録者に満足してもらったらいいかが大事になるわけです。

1人より100人または1000人以上にどうやって満足をしてもらうのか?
一緒に1000人でゲームするなんてできません。となるとエンターテイナーとして頑張っていくしかないんですよね。
そういった準備として、今後のライブ配信は参加型から転校をしていくようになります。

「スプラしているから観よう」ではなく、「Elza let(エルザ レト)がゲームしてるから観よう」に変えるということです。
そのためにも、動画自体の編集など質を上げていく方向で考えていきたいですし、何より参加型以外での登録者への還元方法も練っていくところです。

これからも末長く見守ってもらえたら嬉しい限りです。
あと、見なくてもツイッターでリツートなどして共有するだけでも助かります。
それが、回り回って、登録者へのお返しにつながるからです。

今回はここまで。
今後とも配信とブログ頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ほんじゃあ、またな( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました