白スパッタリー(スパッタリークリア)はなぜ扱いにくいのか?【スプラトゥーン2】

スパッタリークリアについて

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は、「白スパッタリー(スパッタリークリア)なぜ扱いにくいのか?」について考えていきたいと思います。
白スパッタリー(スパッタリークリア)は一時期よく見かけるようになりましたが、最近ではめっきり減ってしまいました。
個人的には扱いやすく痒い所に手が届くので、他のスパよりも使い勝手が良く感じます。ですが、そうではないご意見も実際は多いようなので、いろんな視点から白スパッタリー(スパッタリークリア)がなぜ扱いにくいのか考えていきたいと思います。

1:ボムがあるのに扱いづらい
スパッタリークリアを使ってる方は、ボムがある分他よりも長けているように感じると思いますが、実は、このサブスペの構成が、扱いづらさを大きくまねいています。では構成で見ていきましょう。

【スパッタリー】
・サブ:ビーコン…味方の前世んっきができ人数有利を維持しやすい。ただしダメージはない。
・スペシャル:キューバンボムピッチャー…ボタンのため押しで飛距離がかわる。長距離への攻撃が可能

【スパッタリー・ヒュー】
・サブ:ポイズンミスト…相手の邪魔と索敵。ただし、ダメージはない。
・スペシャル:アメフラシ…投げたところから前方に進むため、離れた相手も攻撃できる。中長距離の相手が可能

【スパッタリークリア】
・サブ:トーピード…唯一攻撃ができる。ただし、遠くへ攻撃したい場合変形ボムになるため、壊されやすい。
・スペシャル:スーパーチャクチ…発動した場所を起点とするため、範囲が狭い。

といった感じでこれだけ実は違いがあります。よく見てみると実は、スパッタリーや・スパッタリー・ヒューの方が長射程へ攻撃できるスペシャルを持っており、相手を強制的に退かせる動きができます。
それに比べ、スパッタリークリアは、サブは使えど、壊されるというデメリットが多く、唯一スペシャルも自分中心の動きとなるため、ボムなしの2つよりも実は扱いがとても難しくなっています。

これが、ボムがあるのに扱いづらい理由になります。では、その他にどのような扱いづらさがあるのか見ていきましょう。

2:トーピードの扱いがキーとなっている
白スパッタリー(スパッタリークリア)についてなのですが、そもそもトーピードの使用によるインク消費量が多いことが扱いにくさをまねいているように感じます。

しかもボムとして扱うため、比較的的の射程内で扱うことが多く、いざメインで攻撃を仕掛ける時にインク切れを起こし相手にキルされるという場面が多いように感じます。
そのため、前線ではあまり長時間立ち回りができないことが多くなり、扱いにくさを招いているのではと思います。

どうしてもインクが枯渇するようであれば、サブ性能を積んだり、メインインク効率をつけてカバーするのがいいと思います。つけたくないとなれば、対面時は短時間でキルするエイム力を身につけておきましょう。

3:スパチャクの依存と使用するタイミングがむずい
扱いにくさの要因として、スペシャルの使うタイミングもあると思います。
上位勢になるとスパチャク狩りは当たり前にしてきますので、前線でとりあえず使えばいいという行動ができなくなります。スペ減を積んでなければ、スペシャルの回転も落ちてしまいます。

また、スパチャク狩りをされるようになってくると、次はスパジャンを使用してのチャクチという行動になります。
これは味方依存が激しく、前線に味方がいてこそ役立つ方法になります。
また、これは、味方の周りに敵がいてこそ効果があります。必ずキルができる行動ではなく、安全に前線に戻れるだけになるため、長射程の武器からすると、ただ、スペシャルのないカモが飛んできただけとなります。

そうなると、どこで使ってもスペシャルが生かしきれないので、打開時などで苦しむ場面も多くなります。

4:スライドに頼りすぎる
まず、スライド特徴が扱いにくさに拍車をかけていると思っています。
スパッタリーの中でもスライドの硬直が短く、さらに早い動きになっています。これこそがスパッタリーの最大の特徴です。ですが、1点欠点があります。それは、スライドの距離が短いということです。


こちらは、スパッタリーとマニューバーとの比較になります。
やく、1キャラ分の距離が違います。もちろん他の武器になればもっと距離は伸びます。

では、白スパッタリー(スパッタリークリア)は、特にスライドの扱いにくさをまねいているのか?
それは、2で説明したトーピードのインク枯渇がスライド回数に影響を与えることが原因です。
赤スパの場合ビーコンを設置するときは、基本安全地帯に設置します。移動する時にインクが回復するんですよね。
ですが、白スパッタリー(スパッタリークリア)の場合は、投げる時には相手が対面に持ち込む距離内にいることが多く、トーピードを投げた後に複数人に追いかけられてやられるなんてことがとても多くあります。

じゃあ、ポイズンはなぜ問題ないのか?それは、ポイズンの相手の移動速度を落とす効果とインクの消費を促すため、相手が引いてくれるからです。間合いが取れるんですよね。

ですが、白スパッタリー(スパッタリークリア)は、単純に相手からしたらインクがないカモがいるだけなので、一瞬にしてキルされます。スライドも4、5回ほどですので逃げきれないのも事実です。

じゃあ、どうやってスライドを使う方がいいのか?
基本的にはボムを多用するのであれば、投げた後に潜伏をしてインクを常に高い状態を維持するか、スライド2、3回で壁に隠れれる範囲で相手と戦うことを意識してください。

5:攻撃の起点を間違えている
白スパッタリー(スパッタリークリア)の攻撃の起点については、皆さんどう考えてますでしょうか?
たぶん、ほとんどの人はサブのトーピードを使うのではと思っています。
このブログでもなんども言っていますが、白スパッタリー(スパッタリークリア)は攻撃の起点は基本メインで行うことが重要と思っています。
その理由は、ボムを投げることによって、相手に位置がばれ、潰されるからです。しかも壊されますし。
なので、基本的にはメインを多用して、追撃としてトーピードを使うことがいいと思います。
ではこちらの動画を見て、皆さんは何回トーピードを投げて攻めるか考えてみてください。


基本的にこの射程内であれば、ほとんどメインのみで問題ないです。
というか、サブを使うとインクの消費が激しく逆にやられる可能性が増します。

では、この動画の時にトーピードをメインでしていた時に、立ち回りとしてあそこまで前線を維持できるのでしょうか?
いや、正直かなり難しいとおもます。インクが足りず2人目を相手にした地点で、次の攻撃が遅れます。下手したら動画のような維持もできない可能せは十分にあります。
これが、メインを攻撃の起点として考えることの重要性になります。
もし、サブを多用した戦い方をしたいのであれば、スパッタリーよりも他の武器を使う方が相性がいいようにも思います。
あくまで白スパッタリー(スパッタリークリア)のトーピードは、追撃程度で投げるだけなんです。
攻撃の起点にしすぎるのは危険です。

6:他のスパッタリー武器と役割の違い
白スパッタリー(スパッタリークリア)についてですが、スパッタリーやスパッタリー・ヒューと役割が大きく異なります。

【スパッタリー】
ビーコンを設置し味方の前線維持を促す。また、ボムピッチャーで人数不利時にも、相手の侵入を防ぐことができる、サポートタイプ。

【スパッタリー・ヒュー】
ポイズンで相手の侵入ルートを防ぐだけでなく、攻撃頻度を減らし、動きを遅くし、簡易の索敵もできる。スペシャルは足元の確保をしながら相手を強制的に引かせるため、前線でのキルに特化した武器である。

【スパッタリークリア】
ポイズンは逃げた相手に対しての追い討ちとして使用し、スペシャルはインク回復や、前線復帰時に活用する。長時間の対面は不利な構成のため、遊撃として常に動き回っていることが大事になる遊撃系の武器である。

スパッタリー3種で分けるとこれだけ違いがあります。そのため、スパッタリーの中でも実は扱いづらく、他のを使った方がいいと思うほどです。
ただし、裏どりやキャラコンがある程度特化した方は、スパッタリークリアが向いているようにも感じます。
ですが、スパッタリークリアは、味方依存がさらに他に比べ激しいので、味方の援護がそもそもそんなにできない方には向いていないと思います。それが、扱いにくさにも繋がっているのではと思います。

7:まとめ
いかがでしたでしょうか?
白スパッタリー(スパッタリークリア)の扱いについては、立ち回りが全てだと思っています。
特に、トーピードへの知識はかなり重要かと思います。
役割としてもローラーなどと似たような立ち位置なので、ギアについても、今までの固定概念外して考えてみた方がいいのかなと思っています。
僕の中では、ローラーなどと同じ前線武器なのであれば、見つからないということが重要です。
このあたりは個人の立ち回りの考え方なので、いろいろあっていいのですが、武器と立ち回りとギアの組み合わせで、短射程でも中衛的な役割になるのかなとこの記事を書いて感じた次第です。

他にもスパッタリー研究してますのでそちらも是非ご覧ください。
それでは次回お会いしましょう!またね♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました