白スパッタリー(スパッタリークリア)の使い方(メイン編)【スプラトゥーン2】

スパッタリークリアについて

みなさん、どうも( ´∀`)

白スパッタリー(スパッタリークリア)使ってますか?
白スパッタリー(スパッタリークリア)が最近、流行ってきてますね。
ナワバリに入ると3人白スパッタリー(スパッタリークリア)なんてこともよくあります。
そんな様子を見て、新しくスパッタリーを使い始めた方、または、スパッタリーを使ってみたい、使いこなしたいという方に向けて記事を書いていこうと思います。

今回はメインの使いかたについてです。スパッタリーでは、メインの使い方は基本中の基本になります。
それを抑えて、サブとスペシャルを組み合わせていきましょう。
また、スパッタリーについては過去記事に色々と検証など載せてますので、こちらもご覧いただければと思います。

1:メインの基本的な考え方。

スパッタリーにおいてですが、基本的には正面ではなく、横か後ろからの攻めとなります。
または、相手より高い位置を取ることで有効です。そのためまずマップの理解と退き際を覚える必要があります。
この2つを理解していると相手を翻弄して立ち回ることができるので、とても攻撃的な武器としても使うことができます。

また、対面時についてですが、「前のスライドではなく左右へのスライドが重要です。」

スパッタリーは射程が短く前にスライド気味ですが、実は左右へのスライドが相手に対して有効です。
理由は、スライドが早いことと、硬直時間が長いためです。
左右に動くということは、相手に瞬間エイムが求められます。しかも早いスライドでどちらに動くのかもわかりづらいため、狙いが定まりにくいです。
なので、対面時は、自分の横スライド時の射程内に入れ、相手を翻弄することをお勧めします。

2:メイン性能で取りこぼしをなくす
これに関しては、使い勝手となります。
こちらに関しては、数値をまとめているブログがありますので、ご覧ください。

これについては、とても重要なこととなります。
スパッタリーではメインを積んでいない場合、瞬間エイムが身につくまではかなり取りこぼしが多い状態が続きます。
というより、取りこぼしが当たり前なのかと個人的に思っています。
それは威力減衰の急激すぎるためです。それでは、威力の違いを見てもらいましょう。
■メイン性能0.0


通常(1メモリ):36ダメ、ジャンプ(2メモリ):18ダメ
■メイン性能1.4

通常(1メモリ):40.2ダメ、ジャンプ(2メモリ):20.1ダメ

ダメージを見てもらうといいですが、これがメイン性能をつけた時の取りこぼしがなくなる要因です。
メインを積むと威力減衰時に20ダメージ入るため、足して100なるわけです。
これにより、高低差のあるマップでは取りこぼしが発生しやすくなります。また、スライドで相手との距離が離れても同じことが発生します。
そのため、この威力減衰が起きても3確に持って行ける距離のコントロールが重要になるわけです。
それを簡単にしたのがこのメイン性能ですね。1.4積めばそれで十分な力を発揮してくれます。
必須ギアとは言いませんが、一度試すと取りこぼしが減ることに気づくかもですね。
白スパッタリー(スパッタリークリア)は、最初以来ないかなと思っていましたが、立ち回りがメイン武器を多用するので、最近は必須のように感じています。僕は1.2ほどですね。

3:キャラコンが重要
スパッタリーは実はキャラコンがとても重要です。
それは、マップを最短で動き回り、相手の間合いを一気に詰める必要があるからです。そうなると効率よく動き回る必要があります。例えばこちらの動画をどうぞ。


のっくんのを拝借しましたが、実はこの登り方はとても重要です。
通常は上から下に打つことにより塗りを行いますが、下から上に塗ることで移動と並行してできます。
これが結構大変なのです。
ですが、この動きをすることにより1秒以上の移動の速さを得られるので、スパッタリーにとってはとても重要なテクニックになります。
また、射程に関してですが、一時的に遠くへ攻撃するために、スライド撃ちだけでなく、ジャンプ撃ちとの併用などが必要になります。
ジャンプ後にスライド、またはスライド後にジャンプなど織り交ぜるとさらに相手への攻撃が多彩になるのでキャラコンは必須と言える項目になります。

4:まとめ
基本的に短射程のため相手に気づかれず近づく方法が求められます。
ということは、待ち伏せや移動の短縮。スライドの距離感などが重要になります。
自分がスパッタリーを持った時に、スライドで詰めれるように感じても意外と相手からしたら脅威を感じないことが多いです。
対面時にしっかりと相手をキルできる間合いを覚えていきましょう。

他にもスパッタリー研究してますのでそちらも是非ご覧ください。
それでは次回お会いしましょう!またね♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました