流行り?まさとさまヤグラ戦法【スプラトゥーン2】

スプラで考える

みなさん、どうも( ´∀`)
スプラトゥーンは皆さん楽しんでますでしょうか?
僕は年中しているので十分楽しんでます。いや、元はとったと言っていいでしょう。
挨拶はこれくらいとして、今回はとある戦法についてお話をしていきたいと思います。
そのなも「まさとさま戦法」です。
多分スプラ界隈なら今注目を浴びていると思いますので、わかる方はわかると思います。
これについては、賛否両論あるかと思いますので、僕視点でお話をしていきたいと思います。
また、今回のブログはこの戦法を肯定するつもりもありません。その戦法の考え方が重要だと思い書いているだけに過ぎませんのであしからず。

まあ、先に結論をいってしまうと「役に立つならあり」という考えです。
では早速いきましょう。

1:そもそもどんな戦法

まずは、その戦法を見てもらいましょう。
ご本人のYouTubeから引用してますので、みてもらうといいかと思います。

パラシェルターでひたすらヤグラに乗るという戦法です。ええ、いろんな意見はありますが、試合に勝っている以上、何かしら要因があるわけですね。その辺り紐解きながら話をしていきたいと思います。

2:ルール関与という考え方

試合を見てもらうとわかりますが、どの試合もルール関与を最優先とした立ち回りとなっているわけですね。
ヤグラの場合には乗ることによってのメリットなどがあるので、それを最大限生かした結果かと思います。
見ていてデス数が多いの上にキルもとっていないということで、「スプラはキルして勝ちを取る」というイメージから固定概念を根底から覆した戦法です。
しかも結果勝っているんだから、これも立派な戦法になるわけですね。
ですが、これを見ていると気になる点があります。

それは、ルール関与をしていたのが、「まさとさまだけ」という点です。
本来ヤグラに乗らないといけないものなのに、味方が乗ることはごくわずかという点です。
圧倒的な乗りでカウントが進んでいる以上リザルトだけでは判断しきれないということになります。

まあ、同じ戦法を複数人していたらダメですが、、、。

3:メリットとデメリット

この戦法についてメリットとデメリットを見ていきましょう。
【メリット】
1:相手のヘイトを一気に集めることができる
2:スペシャルのゲージが徐々に増加する。
3:味方はやぐらを無視できる

【デメリット】
1:相手がヤグラに対して総攻撃をしてくる
2:人数不利を常にまねくリスクがある
3:味方の動き方に作用される。

こういう感じとなりますが、実はメリットとデメリットにおいてこの戦略のいい点があります。
それは
「相手のヘイトを一気に集めることができる」と「相手がヤグラに対して総攻撃をしてくる」
という点です。
これに関して言えば、ヤグラに敵が集まってくるんですよね。ということは、味方はヤグラに向かってくる敵さえ倒してしまえば先にカウントを進めさせるということができます。
さらに言えば、隠れた相手を炙り出す必要がなく容易に敵を視認することができるわけですね。
しかも傘という点からして、正面からの耐久力は高いため、敵が体を晒す時間が長くなるわけです。
リザルトをよく見ると味方のキル数がその分上がっていると思います。
もちろん自分もキルした方がいいですが、この戦法上「耐える」ことが重要であり、攻撃は関係ないんです。
そういった視点で見ると結構考えた戦法なのかなとも思いました。
本人がそこまで考えていたかは別ですが(笑)

4:基本中の基本ということ

ここまで、この戦法にいいように話しましたがこれに関して言えば、基本中の基本の戦法ということです。
そもそもどの試合を見ても他の方がヤグラに乗っているシーンはごくわずかであり、代わりに乗るという行動をあまりしていません。
ということは、ヤグラにのる人がいなければ負けていた可能性もあるわけです。
「ヤグラに乗る」
この基本動作をチーム全体でしないといけないのに、そもそもそれをしていない。
しかもリザルトが悪いといって、内容は見ていないとなるとそもそも基本抑えてるのかな?と思うわけです。

ルール関与は重要ですが、このヤグラに乗るというのは基本であることを本当に理解しないといけませんね。
それしない人が多いから、こんな戦法が注目されるわけです。

5:他のルールでは適さない

ちなみにですが、この戦法を他で試そうとする場合それは適さないとはっきりいっておきます。
理由は、ヤグラルールのメリットとデメリットがこの戦法に適しているからです。
まず、ヤグラに関しては乗るだけで勝手にカウントが進み、乗っているプレイヤーは攻撃ができるという仕組みです。
それに比べて他のルールは何かと制限がかかります。
それを考えたときに、ヤグラの場合は相手が邪魔をするという動作が入ってきます。ヤグラ乗りを無視して止める方法がないんですよね。

それを考えたときに守る傘は有利というわけです。

では、、ホコの場合どうでしょうか?カサの開いた状態で相手のホコを止めれるでしょうか?いや、それは無理ですよね。
エリアはどうでしょうか。傘さしていたらエリアは守れますか?いや、傘がいないところを塗れば取り返せます。
アサリはどうでしょう。あさりを集めた敵を倒さなければ十分なアサリは集まりません。シュートもできません。

さあ、これを考えたとき他のルールに適しているのでしょうか?違いますよね。
ヤグラのルールと戦法がマッチしたから良かっただけなんです。

6:最後に

いかがでしたでしょうか?
正直最初見たときは、「なんだこいつw」と思いましたが、冷静に考えてみるとなかなか面白い戦法でした。
まあ、誹謗中傷はありますが、そもそも真似する人が増えるとか、味方に引きたくないという意見が多いような気がします。それは、要らぬ心配かと思いますしね。

ですが、実際これだけ反応があるということは、「ヤグラに乗る人がいない」または「キルして勝つのが正義」的な固定概念があるからではないでしょうか?
個人的にはXP2400帯あたりでも勝っているので、その戦法に負けた相手が悪いのではと思うわけです。
ヤグラに乗られた時の傘対策をしっかりしておくのが僕らのするべき思考なのかと思うわけですよ。

今回はここまで。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました