中心性網膜症の治療を1年してみて【この世はつらつら日記】

この世はつらつら日記

みなさん、どうも( ´∀`)
さて、中心性網膜症を発症してから1年と言う月日が流れました。去年のお盆くらいに発症してからこの症状とも付き合いがあったわけです。
さて、ここ最近までまったくブログの方で説明をしていなかったわけですが、単純に言えば病気の回復が良かったため、経過観察しながら変視症(影やゆがみがある)が残っていたため、治療は続けていました。
ですが、こうやって書くということはまた悪化したと言うことです。
では、1年の間どのような感じだったのかも振り返りつつお話ししたいと思います。

YouTubeやってます


ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

1:正直、いつ再発してもおかしくはない病気

結論から言うと、
「いつ再発してもおかしくない病気」
ですね。
正直かなり再発率は高いんじゃないかと思います。もちろんこの後に経過を書いていきますが、単純に1ヶ月単位ではなく時間単位で症状が変化します。
特に多かったのは寝起きですね。
寝起きの際は横になっているため頭の方に水が溜まるんですよね。そのため、目を開けた瞬間からものすごく濃ゆい影が見えます。
もちろん時間によって解消はされますが、1日ずっと残ることもありますね。

ですが、全く何の異常もない日もあります。何なら3ヶ月くらい全く症状が出ないと言うこともありましたしね。
ですが、1年たった時にまた再発したと言うこともあるので、正直一生付き合う病気だなと思いますね。

では、振り返りもかねて治療の経過と変化を見ていきましょう。

2:治療6ヶ月での状況

治療6ヶ月ごろまでは、徐々にではありますが、ちょっとずつ回復をしていた時期ですね。
視界の影も薄くなり、歪みも減ってきていました。
正直、このまま完治だ〜!!!!
と言う感じですね。
回復が感じられていたのでとてもメンタル的にも良かったです。

半年治療した甲斐があった〜と言う感じでした。
ですが、気になることがありました。
それは、影は極薄になったとしてもなぜか歪みが消えないという点でした。
個人的にデザインやらしていたこともあり、歪みがあるのはかなり致命的です。また、影によっては見えないものが見えるようなこともあったのでその点がかなり複雑な時期でしたね。

3:治療9ヶ月での状況

さて、この時期になると「中心性網膜症は治った」という診断をしてもらえました。
いや〜マジで長かった。ちなみに治ったというのは「血管の膨らみ」についてだけです。
実は、影だったり歪みは残っている状態なんですよね。
正直僕の場合は仕事に復帰するというのは、会社からもNGの判断が出るくらいでした。

まぁ、歪んで見えているのでそりゃ無理だわな(笑)

ですが、色味がクリアになりつつあるので、その点はとても快適ですね。
ただし、白いものを見たときに昔見ていた真っ白ではないのが難点です。
ということは、他の色も暗めに映るんですよね。

仕方ないことだけどすぐには完治しないので、、医者と相談して仕事ができるのかの有無を常に確認していた時期でしたね。
もちろん無理やり仕事することは可能ですよ。

4:治療1年で起きた変化

さて、一年たった今どうなったのか?
結論から言うと、実は再発しています。
最初と言っても影や歪みだけでしょう?と思われるかもですが、違います。
「血管の膨らみ」
まで再発しました。

と言うことは、1年前に元通りになったわけですね。。。
いや〜、治療してたけど、まさかの再発。
ただし、緩やかに悪化していたので、影も以前より薄い感じです。
それだけは幸いですね。

ちなみに、医者も原因が不明というのと治療法がないことからかなり頭を悩ませてましたね(笑)

ちなみに治療法がないと言うのは「薬」による方法がないと言うことです。
実は、手術することによって治療はすることはできます。
その点は、次でお話ししましょう。

5:治療法について

基本的には、血流の流れを良くする錠剤を飲むくらいとなります。
また、原因と言われるのがストレスということなのでストレスを溜めないように適度な運動であったり、暴飲暴食、睡眠に気をつけるといったくらいです。
かなり時間がかかる治療方法ですね。ですが、短時間で直す方法もあります。
それはレーザー治療ですね。
事前検査をすることによって、手術ができるかの確認が必要にはなりますが、かなり早く治療ができると言うことでした。
ただし、一つ問題があります。治療が完了したとしても実はまた再発する可能性があると言うことです。

「え!?」

てなりますよね。
要は、同じ箇所に症状が出ると言うわけではなく、他の場所に再発する可能性があると言うことです。
中心と言っても1箇所ではないと言うことですね。
それを考えると自然治癒をしたほうが安全でいいと言うことから、時間をかけた治療にしました。

ですが、一年経って再発したこともあり、付き合い方を考えるのが一番だなと思いましたね。

6:最後に

最初の頃はすぐ良くなるだろうと思っていましたが、かなり時間を要する病気ですね。
場所が場所なだけに、治療にもちょっと慎重になってしまう感じもします。

家に良すぎてもストレスたまるし、運動しすぎてつかれてもダメだし、結構調整難しいです。
まだ待ち料は続きそうなので、気長に付き合っていきたいと思います。

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました