バレルスピナーリミックスのサブの使い方について【スプラトゥーン2】

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

バレルスピナーリミックス(バレリミ)使ってますか?
僕は、エリアとルールに分けて最近使い分けるようにしています。
その甲斐もあり、先日エリアがXに到達しました。ほんと使い方次第といった感じです。
そこでさらにバレルスピナーリミックス(バレリミ)の立ち回りなど深めるため勉強していきたいと思います。
今回はバレルスピナーリミックス(バレリミ)の基本的なサブの立ち回りのお話をしていきたいと思います。
また、今回からの説明は、スピナーの操作の視点も入ってきますので、その辺りも考慮してもらえるといいと思います。
細かくは違うのですが、主にバレルスピナーリミックス(バレリミ)視点で考察しています。

では、バレルスピナーリミックス(バレリミ)のサブの使い方についての特徴を動画にまとめましたのでこちらも見ていただければと思います。

では、いろいろな視点でバレルスピナーリミックス(バレリミ)を紐解いていきましょう!
1:投げることの意味
バレルスピナーリミックス(バレリミ)を相手にしてよく思うのですが、正直サブを使ってなさすぎるというのが僕の意見です。
それはなぜかというと、バレルスピナーリミックス(バレリミ)はサポート特化だからです。
よく他の方では、前線武器として取り上げられていることが多いですが、それは、エイム力が高いからできることであって、一般的には無理だと思っています。
では、なぜサブを多用することがいいのか?

それは、味方に危険を知らせる一番の方法だからです。基本的に、デスが多い原因は、敵の位置がわからず背後を取られることです。それを減らすことにより、極力味方のですを防ぐことによって生存率を伸ばし、勝率を上げることにつなげます。
ある程度の前線まで進んだら、ポイントセンサーを投げて、敵の侵入や位置を知らせるだけ正直勝てる武器だと思います。自分も相手の位置がわかってますし、無理に侵入してきた相手にはメインで一掃することができるのです。
味方を守るために、投げるというのが最大の意味なのです。

2:キャンセルついでに投げる
僕がよくすることなのですが、メインをためて待機をしていたり、打ち始めた時に、イカ状態になるのがめんどい時があります(笑)
そういった時に投げるのがこのテクニックです。まあ、イカキャンセルを使えばいいのですが、そういうことではなく、打ちながらでもサブを使うことで、敵の位置を味方に的確に伝えることができるということです。
正直射程や、自分のキル力がしっかり理解がある程度できていれば、倒せる倒せないの判断ができます。
この時に、やられるリスクを減らすために、投げるわけです。
また、壁裏に隠れられた場合などにもこれが有効です。
相手からするとポイントセンサーを受けていると、位置がバレていることからストレスを感じます。
これは、攻めの意欲を削ぐことにも繋がるわけです。
キャンセルついでに投げるといっていますが、一番は敵の戦意を削ぎ、自分がやられるリスクを減らすことにもつなげるわけです。ちょっとでも時間が稼げればチャージができるので、正直、1〜2秒でも攻めることを躊躇ってもらえれば十分です。

3:投げることが味方を守ることにつながる
最初でも述べましたが、最大の魅力はこれになります。
このゲームでの一番の特徴は足元をインクで塗り、隠れれるということです。
この隠れるという行為はスプラトゥーンならではであり、他のFPSではなかなか見られない特徴です。
ということは、インクの中に溶け込んだ相手をしっかり見つけることができれば味方はやられるリスクが減るということ。
やられるリスクが減るということは、結果的に守ることに繋がるわけです。
また、気持ち的にも味方は位置がわかっているだけ余裕が出てきます。この余裕が相手を抑えることに繋がるわけです。
また、一番近くの敵を味方と挟み撃ちにしたりと、味方の行動もコントロールできるわけです。
実は、投げることによって、敵の位置が把握できれば味方の動きもコントロールできるんですよね。
正直、ガチエリアの時は投げるだけで味方の位置をコントロールしてました。
これをうまく使えるようになると、試合をコントロールできる感覚も味わえるので個人的には、とても大事なことだと思います。生存率を伸ばせるというのが本当いい。

4:まとめ
以上となります。
今回はサブの使い方についてお話をしました。もちろん、他の武器の時のポイントセンサーも同じような役割をしますが、武器の射程がちがうので、全く立ち回りが変わります。司令塔のような立ち回りができるのは、このサブがあってこそだと思いますね。攻撃系なら間違い無く、こんな試合のコントロールはできないですしね。

それでは次回お会いしましょう!またね♪( ´▽`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました