スパッタリークリアをガチマ別考察(エリア編)【スプラトゥーン2】

スパッタリークリアについて

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は、白スパッタリー(スパッタリークリア)のガチマ別考察(エリア編)についてとなります。
ガチマッチで白スパッタリー(スパッタリークリア)を使ってみて、しっくりくるルールがあるなと感じたのと、そもそも他のスパッタリーの方がいいぞ!?と思うことがあったのがきっかけです。
実際にS+〜Xでガチマに潜って動きもいろいろ試しました。そんな中でもガチマのルールによって全く役割が違うことが見えてきたのでそのあたりをしっかり解説していきたいと思います。

今回この記事を投稿するにあたり、プラベで白スパッタリーを使って確認をしてみました。
こちらの動画も見ていただくとよりわかりやすいかなと思います。

また、この記事に関しての注意事項があります。
・あくまで個人意見に偏った内容になります。個人の立ち回りや性格によっては結果が変わります。
・ガチマッチのため、キル数ではなく立ち回りで判断をしていきます。
・ウデマエは問いません(サブ垢が満映している環境なので、Xパワーが上位でないとウデマエの意味をなさないからです。)
・スパッタリー(赤スパッタリー)、スパッタリー・ヒュー(青スパッタリー)との比較はなしとします。

となります。あくまで、参考程度としていただけると良いかと思います。
とくにウデマエの部分に関しては、サブ垢が満映している中で、適正の試合ができていないと思っています。
もちろんXパワー2300以上くらいになると実力がともなってくるので別ですが、今回はウデマエうんぬんはなしでいきます。
では、早速解説していきましょう。

1:結論からいうと
では、早速結論からいきましょう。
「ガチエリアでは白スパッタリー(スパッタリークリア)は扱いやすい!」

理由についてですが、塗りに特化した構成なのかと思っています。
まず、メインは足元塗りに適しており、射程は短いけれど、塗り合いで競り合うことができます。
また、スーパーチャクチで、カウントを一時的に止めれるのも白スパッタリー(スパッタリークリア)ならではですね。
ただし、塗り返された時にスペシャルが使えないと、1人では打開が難しいのは今までと変わりません。というか、一番ダメかもですが、総合的に見て扱いやすい部類になります。

2:良い点
それでは、良い点をまとめていきましょう。

・メインとスペシャルのルール相性が良く、塗り返しが強い
これに関しては、塗りの維持をするにはとてもいいです。短射程で相手に見つかると意味がなさないように見えますが、そもそもその中をかいくぐって、塗る必要があります。スライドによって後ろに引くことも多少容易にできるので、塗りに向いたメインだと思っています。
また、スペシャルによる、エリアのカウントストップもできるので、メインと合わせれば、かなり塗り返しが強いのではと思います。ただし、人数不利の時は、スペシャルもメインも役に立たないのでその点はお気をつけを。

・トーピードによる牽制ができる
これについては、エリアを確保してから立ち回りになります。
ガチエリアでは、エリアの確保をしながら敵を抑え込むというのがとても重要です。
その動きをする時に優秀なのが、このトーピードです。トーピードは索敵効果もあり、投げた位置に敵が入れば一瞬でも視界に入れることができます。これができることで敵の位置を味方全体に知らせることができるので、対処の仕方が変わります。
また、嫌がって壊さなかった場合、変形ボムの場合は着弾後に拡散をします。これにより、敵の足場を奪うことができさらに追い詰めることができます。ただし、投げすぎると、インク切れが発生しやすくなりますので、距離感を大事にしておきましょう。

・足場が整った時の対面がつよく、ヘイト集めに向いているため
これに関しては、エリアに限った話ではありませんが、特にエリアで力を発揮できるように感じます。
確保エリア近くでは、常に敵が潜伏をしていたり、長射程は遠くから攻撃をしてきます。
その時に、味方の長射程を前線にいさせるのはとても危険です。それをカバーできるのが白スパッタリー(スパッタリークリア)の役割になります。
メインの塗りはもちろんですが、トーピードを投げることにより、敵に位置がバレるので一気にヘイトを集めることができます。
そうなった場合、敵が近づいてきてくれるので長射程が敵位置の把握ができるわけです。
仮に複数人に囲まれたとしてもスライドとキル速でカバーができ、スーパーチャクチで狩られなければ、返り討ちにもできます。
その点を踏まえるとヘイト集めにとっても向いているのではと思います。

3:悪い点
続いて、悪い点をまとめていきましょう。
・スペシャルが味方依存なため、使い所が難しい
スーパーチャクチが一番力を発揮するのは、味方の元へジャンプした時に使う時です。
とくに打開時にはこの動きが大事になります。
ですが、この行動は味方が前線にいることが条件となります。そのため、使いどころが悪ければ効果を発揮せず、味方へのサポートも悪くなります。
せっかくためたスペシャルが無駄に終わることも多々ありますので、使い勝手を覚えてないとなかなか厳しいのではと思っています。

・トーピードの活用が難しい
トーピードに関しては、効率よく爆発させることとが重要になります。
特に変形ボムをいかに当てるかと言う点が重要です。ですが、変形ボムは壊されやすく相手からすると足場が整っているときは、壊しやすいです。
そこで、重要なのがコロボムの使い方になります。軽さもあるため若干飛距離が長めになります。
また、威力も60位と低く、1撃でないため打開まではいきづらいのが正直なところです。
ですが、この転がし方によっては相手を効率よく退かせることができるため、投げ方が重要になります。
壁にわざと当てて転がしたりとテクニックが重要になるため、扱いの練習が必須になります。

・常にトップギアで立ち回り続ける必要がある
トップギアでの立ち回りといってもリスキルのことではありません。
白スパッタリー(スパッタリークリア)はキル特化の武器なため、攻撃の手を止めると一気に相手に叩かれます。
また、打開も上記で述べたように味方依存なため、味方よりも生存し続けることが重要になります。
これをノックアウト、または5分感維持することが重要になりますので、常に同じ立ち回りができるような熟練度が必要になります。
また、退き際を覚える必要があり、味方の数の把握もとても大事になります。
4:ルールで意識する立ち回り
ここまでは、あくまで良い点と悪い点のみを述べてきましたが、立ち回りでの意識する部分を考えていきましょう。
これに関しては、スパッタリーの視点でのルールに合わせてとなります。

・とりあえず、足場を固めスペシャルを準備する
まず、スペシャルと足場の確保が優先になります。
トーピードによってボムがあるから大丈夫と思われがちですが、トーピードが力を発揮できるのは追撃です。
それ以外はメインでの対処となるため、足場の確保がとても大事です。
また、スペシャルはルール関与のために残しておくのがベストです。エリアの確保はもちろんですが、味方のもとへ飛んで行って、一気に敵を殲滅するのもありになります。
ですが、一番はヘイト集めも考慮し、足場を固めることをしっかりしましょう。あえてキル取りに行かなくても大丈夫です。

・復帰時は、スペシャルを溜めることを避ける(ギア構成による)
これについてはギア構成次第ですが、スペ減を積んでいないのであれば、避けるべき行動と思っています。
むしろ、スパチャク狩りでやられない限りは必要ないとおもっています。
スペシャルを貯めるタイミングも重要なのですが、エリアはカウントが進むと返すのが非常に難しいです。
スペシャルで返すのも重要なのですが、着地狩りの危険もあるし、なんなら味方がその間ずっとに人数不利になりますので、前線に戻ることが重要になります。どうしてもためたいのであれば、ギア構成を考えましょう。

・エリア制圧後は、エリアより先の塗りを意識する
これは、どの武器にも言えることですが、確保エリアの先の足元を自陣塗りでとることがとても重要です。
理由は、相手の侵入経路を減らすことができるということと、前線の押し上げを防ぐためになります。
足元が塗れていることにより相手は無理やり侵入したとしてもスリップダメージのリスクを持ったまま戦うことになります。また、敵は体を晒して戦うことになるので、対処されやすい環境になります。
侵入経路も決まっていれば置き撃ちされると全く進めないですし、エリアより先を確保するのはとても重要なことです。
ただし、リスキルを始めろということではありません。
あくまで相手の侵入を邪魔するということです。人数不利になっても前線維持をし続けるのは得策ではないので、リスキルと混同しないようにしましょう。

5:まとめ
いかがでしたでしょうか?
ガチエリアは実際にやってみて、相性がいいように感じます。もちろん使い手次第のところもあります。
足元の塗りの確保をしっかりすることで、力を発揮することができる武器なのでそのあたりはしっかり押さえておきましょう。

他にもスパッタリー研究してますのでそちらも是非ご覧ください。
それでは次回お会いしましょう!またね♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました