スパッタリークリアのギア相性を考える(ステルス系編)【スプラトゥーン2】

スパッタリークリアについて

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は、スパッタリークリア(スパッタリークリア)のギア相性を考える(ステルス系編)についてとなります。
ギアの組み合わせについては、何個つけたらいいとかあると思いますが、そもそもギアをつける意味とはなんでしょう?
上手い人がつけているから正解なのか?それとも個人の立ち回りなのか?いや、武器に合わせや最高のギアがあるのか?
それを考えるときりがありませんが、人それぞれ動き方がちがけれ場組み合わせによて変わりますので、その辺りをそれぞれのギアをつけたならという視点で解説していきたいと思います。

今回は、ステルス系のギアについて、スパッタリークリアを使う視点で考えていきたいと思います。
特にお世話になったギアでもあるので、使った感想としてもお話をしたいと思います。

1:イカニンジャ
■相性の良い点
横やりや後ろから攻撃をする人には比較的相性がいいように感じます。
簡単にいうと目視によって気づかれる確率が減るということです。中には見える方もいるらしいですが、使った感想としては、高確率で相手を倒すことができます。
また、このギアの相性を上げる立ち回りとしては、対面時でもイカ移動とスライドを織り交ぜた立ち回りをする人があっています。
対面時にただ単にイカ移動をするだけでは、相手に狙われますが、イカニンジャをつけている時は、相手が視認できなくなり対面時に有利に立てます。
これが結構強いんですよね。少しでも対面力を伸ばしたい方はいいと思いますし、立ち回りを直したい人にも向いていると思います。

■相性の悪い点
イカ移動を織り交ぜた立ち回りができ、かつ、足元が整った時に力を発揮します。
そのため、猪突猛進の方がこれを使いこなそうとすると相手にバレてしまいやられてしまいます。イカニンジャをつけてデスが多い場合はそもそもの立ち回りが悪い可能性がありますね。
また、イカニンジャを使用してる時は、塗りを行わず潜伏時間が長くなる傾向があります。
そのため、自陣の塗りが追いつかず、足元がおろそかになる傾向があります。
また、逆に塗り意識が高すぎる人も相性が悪いです。
イカニンジャを使っているといっても、置き撃ちなどには弱いので相手が近づいていることに気づいた時はバレてしまいます。
上記の方は相性が悪くなる傾向にありますので、その辺りも加味してもらえるといいと思います。

2:ステルスジャンプ
■相性の良い点
ある範囲内であれば、味方の元に安全に復帰できます。
広さとしては、感覚としてビーコンくらいの範囲で視認化できるくらいしょうか。
そのため、味方が前線では無く、前線より少し引いた位置にいる場合は、迷わず復帰ができ、攻撃に転じることができます。
また、相手からすると知らないうちに敵が前線に増えているわけですから、正直めんどいと思いますね。
移動できた敵は飛沫が飛ぶのでわかりやすいですが、イカジャンは視認しておかないと気付けないので、前線武器やデスが前提の立ち回りであれば特に有効だと思います。

■相性の悪い点
ステルスジャンプの効果のある範囲を理解していないと使えないと思っています。
また、前線位置にいる味方に飛んでいく時には効果を発揮しないので、その理解度も影響を与えます。
特にガチマの時は、味方が前線にいやすい傾向がいます。ということは、常に周りに敵がいる可能性が高いということです。
この冷静な判断ができない人には使うことは向かないと思います。
というか、ステジャンは保険という程度でギアを積む程度なのかと思っています。または、ワンチャン狙いですね。
正直飛んでる最中に、ジャンプの近くに敵が来てたらバレるので、本当使い方を理解してないと難しいと思っています。

3:まとめ
いかがでしたでしょうか?
ステルス系は、立ち回りに合わせたり、自分の見直しをするためのギアだと思っています。
ですが、イカニンジャに関しては、トーピードを投げて相手の視界を奪った時にイカ移動をすると、高確率で相手がこちらの位置がわからなくなっています。トーピードとメインで挟み撃ちというコンボも狙えるため、対面時のイカ移動さえマスターすればかなり使い勝手がいいと思います。

他にもスパッタリー研究してますのでそちらも是非ご覧ください。
それでは次回お会いしましょう!またね♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました