サーモンラン講座(満潮、干潮、普通の見分け方編)【スプラトゥーン2】

サーモンラン勉強会

みなさん、どうも( ´∀`)

サーモンラン講座(満潮、干潮、普通の見分け方編)」です。

では解説の前に、「サーモンラン講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:サーモンランが必ず上手くなるわけではありません。
4:失敗しても責任は取りません。
5:実践を通して解説
以上に沿って説明をしていきます。

要は、ノウハウ本のような感じです。サーモンランの検証を含めての投稿となりますので、ガチマッチの腕前などについては不問といたします。サーモンランでの実力とガチマッチの腕前は異なるからです。
では、早速やっていきましょう!

1:判断はカウントダウンでする

そもそも、潮の高さは開始時に確認ができるようになっています。
といっても、この情報はかなり使い古されていますが、いまから始める方には必要なことかと思います。
こちらの画像で違いをどうぞ。
潮の高さ
薄い影が動くのですが、こちらではちょっとわかりづらいかもしれないので、点線をつけています。
数字にかぶるようだと「満潮」
数字の下あたりだと「通常」
画面下にあたりだと「干潮」

といった判断ができます。この判断ができるだけで、最初に何をすべきか判断ができますので、とても重要です。
間違えて水没ということもなくなるはずです。

2:満潮の特徴

この時には、ほとんどの陸地が制限される状態になります。
ということはオオモノシャケをある一定のペースでしばく事が重要になります。
最悪の事態としては、カゴ周辺に大物が集まってくるパターンです。そして、全滅するのが多い傾向にあります。

この状態でよく失敗が見られるのは、スペシャルを使わない事です。
wave1〜3にかかわらず、発動を躊躇する方をよく見ます。
というか、スペシャルを使うのが遅すぎるんですよね。
すでに囲まれた状態で敵と戦っている状態なので、危ないと感じる前には発動をしてしのぐ必要があります。
また、足場の確保も重要です。足場が取られればその分スリップダメージも入って大変なので、ボムなどを使って子じゃけの処理などしましょう。

3:干潮の特徴

干潮時には基本場所が変わります。
通常では出てこない新しいマップが形成されます。
そのため、このマップは足元がまず塗られていません。さらに特徴としては、地平線までまっすぐ伸びた広い場所が特徴となります。
見渡しやすいのも特徴ですね。そのため、マップ奥で処理をしてしまうと、いくらを運ぶのが困難になりやすいという面を持っています。
更に言えば、タワーやミサイルパッドの処理が難しく、かなり苦戦しやすいです。
ここで注意したいのは、奥まで行ってタワーの処理などで長居しすぎることや、鉄板、モグラ、ヘビ、といった近づいてくる敵を遠くで処理してしまうことです。

むやみやたらにキルしていると納品が足りないという事が多く発生します。
ていうか、手前まで連れてこい。というのが正直なところだよ。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回通常の説明話でしたが、基本となりますので、それは後日マップの特徴の時にお話をしたいと思います。
ですが、この潮の違いをしっかり押さえた上で書道を気をつけるだけで少しは展開が変わるのではと思います。
というか、初動が大事なんでこれは押さえてくださいね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました