サーモンラン講座(カタパッドの倒し方編)【スプラトゥーン2】

サーモンラン勉強会

みなさん、どうも( ´∀`)

サーモンラン講座(カタパッドの倒し方編)」です。

では解説の前に、「サーモンラン講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:サーモンランが必ず上手くなるわけではありません。
4:失敗しても責任は取りません。
5:実践を通して解説
以上に沿って説明をしていきます。

要は、ノウハウ本のような感じです。サーモンランの検証を含めての投稿となりますので、ガチマッチの腕前などについては不問といたします。サーモンランでの実力とガチマッチの腕前は異なるからです。
では、早速やっていきましょう!

1:動画で紹介

シャケたちの処理についてと特徴をこちらでまとめています。

2:バイトマニュアルの情報

マニュアル

3:倒す方法について

・ボムを投げるかスペシャルで対処
カタパッドについてですが、メインで倒せるのは一部のみで、基本はボムを投げての対処方法となります。
うまくいけば1ターンでキルすることも可能となっているので、一人でも対処はできます。
ただし、雑魚シャケがいなければです。
また、投げ方も焦って投げるのではなく、長押ししてボムの軌道も見ておきましょう。確実に倒すのが重要です。

あとは、スペシャルでの対応です。
ジェットパックであれば直接カタパッドの箱に武器込めば倒すことができます。ちょっと上目に狙うと当たりやすいように感じます。あとはスペシャルでいうとハイプレですね。はいプレの場合は左右の箱に対して打つのではなく、中央のシャケ自体を狙います。
そうすると直接シャケにダメージが入り落とすことができます。複数たいまとめての時はいい方法かと思います。

4:危険な倒し方

・片翼だけ残すこと
これに関してですが、使い方次第と思っています。正直なところ野良でこれが成功する確率は低いです。
あと、いつでも片翼残しをしたらいいとは思えません。
というのもこの片翼を残すテクニックは、そもそも同じオオモノシャケが4体目が出ないというギミックを使ったものになります。では4体目以降はどうなりのか?新しい違うオオモノシャケが出てきます。
またそれを使うことによりカタパッドはインクリング一人に対して8発打ってます。片側で4発のミサイルを発射するということですね。
では、単純な計算として片翼のカタパッドが3対の場合は、1人に対して12発のミサイルが飛んでくる計算になります。
これが通常となからいいんですが、満潮時も狙ってするのが辛いんですよね。
特に手練れの方同士ならいいのですが、正直なところ野良でこれをするのはきついです。むしろさっさと倒していくら回収した方がかなり楽です。
必須テクニックだからと言って状況を理解できないテクニックは無駄になりますので、しっかりと押さえておきましょいう。

5:倒した時の特徴(テクニック)

今回はカタパの特殊な倒し方などをご紹介したいと思います。
・エクスロきたら打ち込むのがいい
エクスロが来た場合、カタパッドに対して非常に強力です。
なんせ、メインで倒せる武器なんですから。倒し方は箱の中にエクスロを打ち込むだけ!簡単でしょ?
狙い方については、直接当てるイメージで打つと狙いやすいです。変に局舎をするよりも圧倒的に狙いやすいので覚えておきましょう。というか、エクスロいるのに片翼残しは勿体無い。

・熊スロが来た時は顔面をねらえ
熊スロも実はメインで倒せる武器です。箱の方を狙うのではなく、本体を狙うのが最適です。
本体に対しては、貫通してダメージを与えられるので、簡単に落とせます。
そのまま奥の敵も倒すなんてこともできますので、熊スロが来たら、狙ってみるといいかと思います。

・実用的ではないが、、、
スーパーチャクチで実は箱を壊すことが可能です。というか、カタパッドよりも高いところにいないとできないので、正直使うことはないです。
あとは、コウモリの雨降で倒すことも可能です。これは、本当実用性がないので、するならプラベでしてください。
いや、この二つは本当遊び程度になります。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?
カタパッドについては、片翼残しのことで残す残さないの議論がありますが、そもそも使っていいシーンとそうでないシーンがあることを理解しているのかと思います。わざわざ狭い中で上からのミサイルを気にしながら、下のシャケを処理するなんて辛いです。
さらにいうなら、みかたにカタパのミサイル飛んでくるので、巻き添えのリスクが増えます。
片翼が当たり前とかではなく、今するのが最適なのかの議論をしてもらいたいものです。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました