サーモンラン講座(なぜサーモンランを解説するのか?編)【スプラトゥーン2】

サーモンラン勉強会

みなさん、どうも( ´∀`)

サーモンラン講座(なぜサーモンランを解説するのか?編)」です。
サーモンランはゲーム感覚でできるのが特徴で、対人関係ではなくCPUのシャケを相手にしばきまくると行ったゲームです。
このゲーム自体はどんな特徴があるのかというと、個人的にはすることで様々な恩恵が得られると思っています。
正直、サーモンランが上手い人は視野が広くみれているのではと思っています。
その結論に至った経緯をゲームシステムから読み解いていきたいと思います。

では解説の前に、「サーモンラン講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:サーモンランが必ず上手くなるわけではありません。
4:失敗しても責任は取りません。
5:実践を通して解説
以上に沿って説明をしていきます。

要は、ノウハウ本のような感じです。サーモンランの検証を含めての投稿となりますので、ガチマッチの腕前などについては不問といたします。サーモンランでの実力とガチマッチの腕前は異なるからです。
では、早速やっていきましょう!

1:解説する理由がここにある

そもそも、サーモンランは腕前に関係ないようなので、攻略という攻略をあまりみませんが、なぜ解説するに至ったのかその話をしていきたいと思います。
というのも、サーモンランについては、次のようなピラミッドがあります。
ピラミッド
実は、この3構成というのは、考え方がとても重要です。
成果を得られるために、今できることを最大限の知恵を出し、それを遂行する能力がいるわけです。
もちろん知恵がいるということは、知見がいるわけです。
ガチマッチなどに当てはめてみましょう。
成果=ガチマッチで勝利すること
現場で発揮する力=立ち回りで状況に応じる
個人がもともと持っている資質=エイムなどの基本的な能力
となります。
あとは、ガチマッチとサーモンランの経験値差が出るくらいの違いになります。もちろん経験値が違うということは知識も全く違うわけですからね。
なので、腕前が高くてサーモンランをある程度クリアできる方は、正直、一番下の「個人がもともと持っている資質」が成果に直結しているだけということになります。

それでは、それをもとに上から順に考えていきたいと思います。(多分一般的にはしたからですが、本来は得られる結果から考えることが重要です。)

2:成果とは、無事クリアすること。


ここで重要なのは、「いかなる手段を使ってクリアすること」です。
というか、どのゲームにおいてもいかなる手段を使ってクリアすることが重要になります。
ですが、そのいかなる手段の選択をするには何が必要でしょうか?
いくらを運ぶ?味方のカバー?シャケしばき力?
色々ありますよね。
ですが、実際にクリアするには全てを網羅する必要があります。
正しく言えば、クリアするには最低限のクリアラインに全てが載っているのが条件です。
そのためには「クリアするには?」というよりも「ウェーブをいかに効率よくクリアするか?」というように、成果に対して具体的にし、得られる成果を具体的にしていくことが重要です。
この成果が、単純にクリアすればいいというのであればそれもよしです。
ですが、この場合、負けた理由の検討がつきません。まあ、味方のせいというのも当然あります。
ただし、どう味方がミスをしたのかが導き出せないわけですね。
そう行った意味でもこの成果を具体的にし、クリアできない時の反省に生かすのが重要になります。

実際にこの点はガチマッチと一緒で、負けた原因を考える時の参考になります。味方は本当に弱かったのか?それとも自分が突っ込みすぎたのか?それを考慮しても味方が悪かったという結論も出せます。
要は、どのゲームも上手くなるには目的が大事なんですよね。

「100個以上納品クリアを目指す人」と「ギリギリでいいからクリアしたい人」とでは、求められる能力も変わりますので、当然うまさが変わります。質が変わるので反省の質も違うわけですね。

3:現場での能力=立ち回り


どのゲームにもよりますが、立ち回りというのはとても重要になります。
ガチマッチであれば、ルールに関するギミックの管理・相手の人数・スペシャル状況・味方の位置など様々です。
サーモンランも実はこれが一致します。
特に勉強になる部分としては、マップが見れないことです。
マップが見れないということは、「音と視界」をフル活用する必要があります。
というより、ガチマッチよりも情報をいかに集めれるかが重要になるわけです。
しかも、オオモノに関しては、全部特徴が違います。持っている武器によっても得意不得意が出てきます。
いわば、瞬時の判断力が必要になるわけです。
もちろん、ガチマッチでも同じことは言えます。
ですが、サーモンランにおいてのランダム性への対応「臨機応変」さが違うんです。
なので、立ち回り方が毎回変わりますし、それに対しての対応方法も複数パターン必要になります。
そう行った点では、一度視野を広げることに対してとてもいい勉強になります。
正直、サーモンランで周りを見る癖をつけてナワバリすると全く情報の集め方が変わるんですよね。
というか、個人的にはガチマのためのサーモンランしますw
これに関しては、人それぞれなので感想が違いますが、要は、「成果を達成するために、目的に合わせた現場の能力を考えているか?」というのが僕の中ではあるため、立ち回りに影響があるということです。

4:個人が持っているもの=個性

いわば、エイム力や、動き方のくせ、得意な武器といったところです。
ガチマッチと違って好きな武器を持つことができません。そのため、単純に個性の武器の能力や、キャラコンの影響が大きくなる部分です。
ただし、ここが重要ではないということではなく、ここが揃っていないと成果を達成するための行動を実現できないという面があります。
僕で言えば、スパッタリーが出た時の生存率が全く変わります。
というか、サーモンランでは、スパッタリーは最強だと個人的に思うくらい強いです。
ちなみに、スパッタリー を持った時の動きです。


うん、スパッタリー 最高( ´ ▽ ` )
個人が持っている力というのは、あくまで成果を達成するための行動です。
もちろん、ここが整っていないと上には行けません。
更に言えば、この部分には知識というのが入ってきます。
よくガチマッチで見るのが、キル力は申し分ないのに、知識が足りてないという方を見ます。
もちろん、その方なりに勉強をしているので問題はないのですが、言い換えれば質が高いか低いかということです。
サーモンランの勉強をするきっかけは、この知識の質を上げるためにしています。
この癖がついたのはガチマッチで上位プレイヤーの方に、遠慮せずアドバイスをもらったりしたことが癖になっていますね。
対面に関しては正直ある程度はできると思いますが、やりたい立ち回りを実現できる動きができないんです。
この差を埋めることができればサーモンでもそれなりには行けるとは思うので、質の高い知識というのはとても重要になります。
そういった点から、個人が持っているものというのは、知識も含まれると思っています。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
基本的にはこういった経緯でサーモンランの記事を書こうと思っています。
というか、サーモンラン楽しいので、いい勉強になりそうなんですよね。
切る力を上げるのは別として、少ない情報で最適な行動をとることを身につけるために一生懸命してみたいと思います。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました