サバイバー「デイビッド・キング」【デッドバイデイライト(DbD)】

サバイバーについて

みなさん、どうも( ´∀`)
さて、何かと見つけたらキラーに追いかけるサバイバーこと、「デイビッド・キング」について今回は紹介していきたいと思います。
このキャラはDLCキャラクターですが、ダッシュ系のパークに加え、BP稼ぎにももってこいのキャラクターですね。
ですが、このキャラクターを使うプレイヤーはチェイスを持ち込む人も多いため、何かとキラーから親の仇のように追いかけられるキャラクターでもありますね(笑)
そんなデイビッドについて今回はお話をして行こうかと思います。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

える
どうも、ALEのえるです。 ゲーム実況を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPG・インディー。 お洒落な雰囲気のゲームも最近やっていきたい。 スプラ2…オールX最高24 ポケモンユナイト…マスター1100を迷走中 Apex…奮闘中 実況動画投稿は気分で上げてます。ライブ配信が多め...

1:キャラ背景

デイビッド・キング
裕福な家庭で生まれた一人っ子のデイビッド・キングは、成功を約束されていたように見えた。
マンチェスターで成長する間にデイビッドはスポーツ・学問ともに非凡な才能を示し、彼の家族が持つコネと合わせればどのような進路も選ぶことができた。
デイビッドはどの分野でも偉業を修めることができただろう。--その喧嘩っ早い性格がなければ。
デイビッドは喧嘩の興奮を味わうために生き、自ら渦中に飛び込んでいった。

身体の頑丈さと運動神経により彼はラグビーの道に進み、その能力を十分に発揮し、歓声を浴びる身となった。
キングは期待通りに優秀で評判を集め、やや無鉄砲なルーキーとなった。
しかし長く続くはずだった流星のごときキャリアは、彼自身が短気を起こして審判に襲いかかり、リーグから追放されたことで突然終わりを告げた。
それでもキングはあまり気にしなかった。
カネに困らない彼は若くして引退することに決め、他のことを楽しむことにしたのである。

キャリアの束縛から逃れるとともに家族の富に支えられて自由となったデイビッド・キングはほとんどの時間をパブで過ごし、酒を飲み、試合を観戦し、喧嘩をすることに明け暮れた。
周囲の人間の一部は彼が人生を無駄遣いしていると言ったかもしれないが、キングが時折借金取りの仕事をしていたことや、秘密の格闘クラブに出場し、素手で闘っていたことを知る者は多くなかった。

デイビッド・キングがパブに現れなくなっても数少ない友人たちは驚かなかった。
彼らは、ついにキングが自身より強い相手に喧嘩を売ってしまったと思っていた。
そしてそれはある意味正しかったのである。

2:パーク

デイビッド・キング パーク

1:ずっと一緒だ

【効果】
あなたの数少ない友人は最高の誇りを得る。生存者をフックから完全に救出するか、生存者を守るために身代わりで攻撃を受けると、全カテゴリのブラッドポイントは25%追加取得する。この効果は最大50・75・100%まで重複する。追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
こノーパークは助けた時に安全に救出というのが肝となります。
そのため、単純な無理救助では恩恵をもらうことができません。特に救出の後はキラーが追いかけ回すことも想定できるので、ボロタイ(与えられた猶予)を組み合わせることがいいと思います。ちなみに救出後に10秒間味方が無事なら問題ないので、身代わりになるのも大事です。
また救出はしなくても味方の代わりに口撃を受けることでも効果は得られます。
わざと味方の壁となり、その後はデッハなど使ってチェイスを長引かせるのも有効かと思います。
基本的には、生存者でも強力なブラッドポイント稼ぎのパークといってもいいくらいです。

2:デッド・ハード

【効果】
発動可能なパーク。
あたなは攻撃を耐えられる。負傷時、ダメージを避けるためアドレナリンを一気に放出して前方に素早くダッシュする。
・前方へダッシュするには、走っている時にアビリティ発動ボタンを押す。
・走っている時のみアビリティが発動可能
・スキル発動中はダメージを回避できる
・キャラクターに60・50・40秒間の疲労を発生させる。走っている間は疲労が回復しない。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
デッハに関しては、使い所が多いので覚えておくといいことばかりです。
基本的にはキラーの攻撃に合わせて使う緊急回避のような使い方が多いです。ただし注意もあって、この使い方の場合少しでもラグかったりすると、ボタンを押したのに発動しない等ことも多々です。なので、ちょっと早めにボタンを押すのが発動のキモとなります。

そのほかの使い方で言うと、高台から飛び降りる前に使うと、大ジャンプをします。もちろん場所には条件がありますが、丘になっている場所だと成功しやすいです。後は、板近くでのデッハ発動からの板倒しでしょうか。
キラーとの距離感も大事ですが、そもそもチェイス中は板グルをすることが多いので、その使い方を知っていると、回避しながらスタンを狙うことも可能です。
逆にキラーだったらデッハ持ちのキャラがいた場合は、板付近で使わせないように気をつけた方がいいですね。

3:弱音はナシだ

【効果】
儀式の間、衰弱効果の影響を受ける。
あなたの濃い血は一瞬で凝固する。
・血痕は残らない
・不祥事による呻き声が常時0・25・50%低減される
・瀕死状態から完全に回復する能力を得る

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
正直なところ、扱いが難しいので使いたくないと言うところです。キラーからするとそもそも一撃で倒すことが可能とな裏ますし、放置していたら回復もするので即行で吊ると言う選択しかないです。
そうなった場合、見つからないというのが非常に重要となってくるため、見つからないように発電機をガンガン回すのがいいかと思います。
ちなみにデッハが疲労がない時はいつでも使えるので、負傷事に恩恵を受けやすいパークと組み合わせると良いかと思います。
組み合わせさえどうにかすれば多少はマシになるかと。

3:LV1から使ってみた感じ

正直なところ、「弱音はナシだ」を使わなければどうにかなるなと思っています(笑)
もちろん、「デッド・ハード」の発動条件をすぐ満たせるようになるわけですが、そもそも1発でやられるのはリスクが高いです。というか、見方への負担がでかすぎるんですよね。
基本的には隠密をすることが最優先となるため、発電機に集中しておき、キラーに追いかけられた時に逃げ切れる手段を持っているというのが非常に強かったです。
ただし、デッハに頼りすぎると、海戦の影響などによるラグで発動がしない時があるので、デッハを狙いすぎてチェイスを仕掛けない方がいいかなと思います。
なんとか逃げ切れる確率が上がるキャラでもあるので、最初から使うのもありですね。

4:キラーから見たイメージ

正直なところ、チェイスでいいイメージがなく、圧倒的な煽りプレイヤーがこのキャラ率が高いため、見つけた瞬間なぜか怒りがこみ上げます(笑)
というか、デッハが使えることもあり、チェイス時間が長くなりがちなので、さっさと片付けたいんですよね。できる限り負傷状態にはしないように1撃で葬りたいところです。
ドクターであれば元気ショックを浴びせて叫んだところを一撃入れたり、ゴーストフェイスなら1発で仕留めたりととにかくデッハを使わせないように工夫した方がいいです。
あと「弱音はナシだ」をつけているとやたら助けに来るので、そこを狙うのもありです。
とにかく見つけたら短時間で仕留めたいキャラですね。

5:最後に

デイビッド・キングについてですが、正直なところ、キラーしている時に見つけたら即倒したいキャラですね(笑)
特にプレイヤーに問題があるかというとそういうわけではなく、チェイス慣れしていたり、味方の前にうまいこと入ってカバーしたりと、後に残すと厄介なんですよね。
弱っているサバイバーとの間に入られるとそれだけで追いかけづらくなるので、なるべく早めに吊るしたいところです。
もちろん、サバイバーとしてもパークが優秀なので欲しいんですよね。ただし、ラグにはかなり細心の注意が必要なキャラですね。

今回はここまで。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました