サバイバー「スティーブ・ハリントン」【デッドバイデイライト(DbD)】

サバイバーについて

みなさん、どうも( ´∀`)

今回紹介するキャラクターは、DLCキャラの「スティーブ・ハリントン」です。
ナンシーと同じストレンジャーシングスのキャラクターですね。このキャラクターについては、パークというよりもキャラクターの声質に注目されがちですね(笑)
特に吊られたときの「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんん」はいつ聴いても笑いそうになります。
そんな素晴らしい声の持ち主のスティーブについて紹介していきたいと思います。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

える
どうも、ALEのえるです。 ゲーム実況を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPG・インディー。 お洒落な雰囲気のゲームも最近やっていきたい。 スプラ2…オールX最高24 ポケモンユナイト…マスター1100を迷走中 Apex…奮闘中 実況動画投稿は気分で上げてます。ライブ配信が多め...

1:キャラ背景

スティーブ・ハリントン
人気者で傲慢でありつつも情に厚いスティーブ・ハリントンは、指導者とは程遠い人物だ。

彼はよくダスティンという名の少年の兄貴分として振る舞っている。スティーブは彼がペットとして飼っている異界の怪物、デモゴルゴンのダルタニャンを探す手伝いまで買って出ていた。彼は保護者としての腕前を上げ、奇妙な怪物を扱うコツを知る、子供たちの「ベビーシッター」のような存在となった。

だが彼は、デモゴルゴンが友人たちに危害を加えるのを防ぐほどの度胸はなかった。ある夜、スティーブは友人のナンシー・ウィーラーから助けを求める連絡を受ける。彼はナンシーの安否を確かめるべくホーキンス国立研究所へ向かった。

研究所を探し回ったが見つかったのは彼女のノートのみ。スティーブが事態に気づいた頃には、地面が口を開き黒い霧の渦が立ち込めていた。気がつくとそこは見覚えがあるともないとも言えない奇妙な場所だった。

2:パーク

スティーブ・ハリントン パーク

1:ベビーシッター

【効果】
自己中心的だという噂もある一方で、危険を冒して窮地に陥った仲間を助け出すこともある。

生存者をフックから救助すると、救助された生存者の赤い傷マークと血痕が4・6・8秒間残らなくなる。また、4秒間、自分と殺人鬼のオーラがお互いに視認可能になる。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
このパークの使い方としては、スピリットなど傷マークや結婚を頼りに追いかけてくるキラーに対して有効という程度になります。実際のところキャンプ対策に使うくらいですね。最大8秒くらいとしても味方がおとりにならなければ正直どうしようもないことが多いです。
このパーク一つでどうにかできるかというと正直きついなというところ。
もし使うのであれば、チェイス系のパークや楔子など準備しておくのが良いかと思います。
一つで使うにはちょっと厳しい気がしますね。

2:仲間意識

【効果】
自分に力を与えてくれる友情の大切さは、人生から教わった。

フックに吊るされて、耐久フェーズになった時に仲間意識が発動する。

仲間意識が発動中に他の生存者が自分から16メートル以内にいる場合、フックのゲージが26・30・34秒間停止する。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
こちらのパークもはっきりいってしまえば、キャンプ対策です。
基本的にキャンプをされた時は、こちらが玉砕覚悟になる必要があるため非常に救助が難しいんですよね。
しかも張り付いてるとほとんどどうしようもないですし。
ですが、ゲージが一向に進まないのであれば、味方が発電機を回し、自分が吊られている味方の近くにいることによって効率よく発電機を回すことができます。そのバランスを見て動く必要があるので非常に難しいですが、連携さえ取れれば発電機を治してプレッシャーをかけることができます。
ただし、全く動じないキラーもいるので、1人は犠牲にする流れになるかもしれないですね。。。
このパークを使うというよりも、ゲージが動いてないことに気づいたら頑張って味方のためにも耐えましょう。

3:セカンドウインド

【効果】
他の生存者を、負傷1回分に相当する量だけ治療すると、セカンドウインドが発動する。すでに衰弱のステータス効果を受けている場合、セカンドウインドは発動しない。

セカンドウインドが発動中、次に自分がフックから救助されるか自力で脱出した際、衰弱のステータス効果を受ける。合計34・32・30秒間止まっていると、セカンドウインドの効果により負傷から無傷に回復する。

セカンドウインドは自分が無傷に回復するか、セカンドウインドの発動に成功する前に瀕死状態になると無効になる。衰弱のステータス効果を失う。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
他にも回復系のパークを使ってなければ有効かなという感じです。
ただし、味方を回復している必要があり、救助した後にすぐ回復するなど味方のカバーを意識しないとかなりきついです。
使い方としては、共有などのパークをつけて、いち早く駆けつけるのが一番です。またフック救助した後にその場で回復ですね。
正直、セルフケアよりも使い勝手が悪く、その場にとどまらないといけないため回復しきれないということが多くなります。
しかもじっとしているとなると、動かない時間が増えるので、味方負担がでかいんですよね。
もし使うのであれば、発電機が全部直った後の通電するまでの間であったり、味方が遠くで吊られた後など、余裕が取れる時に使うというくらいで良いと思います。
狙いすぎると、なかなか発動しきれないというのがあるので、使うならチャンスシーンを決めると良いと思います。

3:LV1から使ってみた感じ

正直なところ、回復にしても味方のサポートにしてもどうしてもトンネルやキャンプ対策といったのが強いため、パークを使うシーンが限られており使い勝手が非常に難しかったです。
というか、普通に発電機回して、使えるチャンスがあれば狙うという感じがベストでした。10マッチして1回せ移行したらマシかなという感じですね。
他のパークと組み合わせようにも若干発動タイミングが難しいので、リスクの方がデカくなるんですよね。
なので、パークは全く他のに変えるか、救助重視のパークにする方がかなりやりやすかったように感じます。

4:キラーから見たイメージ

正直、スティーブを見た時は固有パークはないだろうなという感じです。
というか、逆に何のパークを積んでるかわからないくらいです(笑)
基本的には、そこまで注意することはないですが、あえていうなら声が特徴的なのでしっかりと耳で位置の特定をしておきたいという感じです。
意外と緑色の服が暗めなので潜伏すると見落とすこともありますので、イヤープレイをしっかりすることくらいですかね。
あとは、本当ぶっつけ本番で見極めるしかないです。

5:最後に

スティーブについて言えば声が特徴的ということが一番に来るので、あんまりパークのイメージがないんですよね。
吊るすと面白いキャラという感じです。あとは、キャンプ対策のパークなため、そもそもキャンプしないキラーにはそこまで有効ではないんですよね。でも使い方を知ればちょっとは役に立つかも知れないですね、、、。

今回はここまで。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました