サバイバー「ケイト・デンソン」【デッドバイデイライト(DbD)】

サバイバーについて

みなさん、どうも( ´∀`)
今回もDLCキャラクターですが、僕の愛用キャラ「ケイト・デンソン」についてお話をしたいと思います。
キャラ設定も好きなんですが、なんといっても見た目ですね(笑)
パーク自体も個人的には使いやすいことがあり、今でも使っています。
ちょっと癖のあるパーク構成ですが、彼女の背景も見つつ説明していきたいと思います。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

【ALE】エルザ レト
どうも、Elza(エルザ)といいます。 ゲーム実況と、攻略や解説を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPGを中心にしています。 お洒落な雰囲気のゲームも好きですね。 実況動画投稿は毎日1本を上げるようにしています。 ゲームを複数並行プレイしている時は、2本アップもあるかも。 もちろ...

1:キャラ背景

ケイト・デンソン
ケイト・デンソンが覚えている一番古い思い出は、家族の前に立って、
その日に学校で習った歌を歌いながら、みんなの顔に笑みが広がるのを見ていたことである。
歌のように単純なもので人を幸せにできると知ったその時、彼女は人生で何をやりたいのかを心に決めた。

ギターを持てる年になると、彼女はすぐに練習を始め、
8歳の時にはすでに観客の前で演奏していた。
ケイトの母は、地元のペンシルベニア州の各地、さらにナッシュビルを含む南部の至る所まで彼女を連れてゆき、
彼女の夢をかなえるためにできる限りのことをした。

ケイトは参加したフォークミュージックのコンテストやアマチュアのコンクールなどでことごとく優勝するが、
彼女が勝つということは負ける者がいるということであり、それは彼女の求めるものではなかった。
彼女が求めていたのは自分を表現する場であり、人々の人生に触れるための手段だった。
少しの間でも、みんなに日々の心配事を忘れてもらい、楽しい時間を過ごしてほしかったのである。

成長したケイトは新しい自由を手に入れる。
おんぼろの古いシェビーの軽トラックを買ったケイトは、一人で旅に出て、
さまざまな場所でファンと出会ったり、新しい友人を作ったりした。
ただ、彼女の旅はロックスターのようにグラマラスではなく、ドライブとギターと、一日を締めくくるバーボンといったものだった。

太陽が照り付けるフェスティバルから、薄暗くこじんまりしたバーまで、人々は彼女の友情、家族、愛、故郷についての歌を聴くために集まった。

それらの歌に込められた気持ちは口先だけのものではなく、彼女はできるだけ家族のもとに帰り、
地域のために援助活動を行い、より広い世界についての経験談で地元の子供たちを楽しませた。
彼女はそれを、自分が援助されてきたように他人も援助できる、お返しの方法だと感じていた。

ケイトの故郷は彼女のインスピレーションの源でもあった。
彼女は町の周囲の森の中を歩くのが好きで、
踏みならされた道から外れた静かな場所でギターを弾き、歌を書いていた。
特に何度も通うお気に入りの場所があり、
そこはまるで何千年も前に岩がくり抜かれたかのような、今は木で囲まれた空洞だった。

そこで、ケイトは自然、そして地球そのものと強いつながりを感じた。
自分の心を森に包み込ませることで、彼女は絶え間なくインスピレーションを受け取った。

ケイトはギターを手に取り、フレットボードの上で指を踊らせるように演奏した。
それは彼女らしい、高揚感のある曲ではなく、もっと物悲しい、陰惨ですらあるものだった。
それでも、彼女は何かに駆り立てられるかのように、最後までその曲を弾き続けた。

ケイトの周りでは、ギターの弦と同調するかのように木の葉が震え、木々の大枝が伸びて融合し、一つの生命体へと変貌した!
木々の天蓋から蜘蛛の脚のようなものが、彼女を捕まえようと降りてくる。
我に返ったケイトは石をつかんでそれを撃退しようとするが、
その皮膚は鉄のように硬く、石は簡単にはじき返されてしまう。

その脚はツルのようにケイトの手足に巻き付き、彼女を頭上の闇へと引き上げていく。
流れ込んできた霧のせいで、ケイトも、彼女を自分の方へ手繰り寄せる悪夢の生命体もはっきりと見えない。

霧が晴れた時、そこには争った跡も、生命の形跡すらもなかった。
あるのは真珠母貝の張られたピックガードに、花の模様と”KD”というイニシャルが刻まれているアコースティックギターだけだった。

2:パーク

ケイト・デンソン パーク

1:ダンス・ウィズ・ミー

【効果】
素早い乗り越えを行ったり、ロッカーから飛び出したりするとき、3秒間赤い傷マークを残さない。
60・50・40秒間のクールダウンがある。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
このパークについては、チェイスをする際にとても有効です。もちろんキャラを目視されていたら難しいのですが、基本キラーは足跡を追ってきます。ですが、入り組んだところでこのパークが発動するとキャラクターを視るしか確認手段はなく、3秒間で遠くへ離れることが可能です。
もちろん隠れて姿をくらますことができるので、かなり使い勝手がいいんですよね。
さらにこのパークを伸ばすのであればフェンミンの「しなやか」などを使うと3秒間足跡をつけずに移動することが可能なので、姿を隠すにはもってこいです。
最近、追いかけられて逃げ切れないなというときに使ってみてはどうでしょうか?

2:ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ

【効果】
潜在的なオーラ可視能力を解放する。20メートル以内のパレット、破壊可能な壁、そして乗り越えの位置のオーラを視ることができる。
逃走中にパレットを乗り越えたり倒したりすると、ウィンドウズ・オブ・オポチュニティは30・25・20秒間のクールダウンを要する。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
窓枠や板の位置などが掴みきれない時はこのパークをお勧めします。というのも初心者の時はマップ自体が覚えれません。
というか、建物の配置は常にランダム生成なため、パターンを覚えるまでは難しいんですよね。
また、このパークはある一定のキラーに対しても有効です。ナイトメア(フレディ)などのように偽パレットを作り出すキラーがいます。そいういったキラーの場合、自動で生成されるので作られた位置の確認ができるんですよね。
といっても稀にですが、常に視界で捉えながら確認できるのは非常に有効です。
まあ、使い勝手としては、初心者が板の位置覚えるのに有効といった感じですね。

3:ボイルオーバー

【効果】
闘志を奮い起こし、最後まで抵抗しろ!あなたの担がれた時のもがく効果が25・50・75%増加する。(※横揺れのことである)
10・12・14メートル以内にあるフックのオーラを探知する殺人鬼の能力を妨害する。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
このパークの特徴は、なんといっても担がれた時の横揺れの激しさが増すことです。
ええ、それ以外は特にという感じなんですが、そもそも横揺れが激しい場合フックに吊るすまでの時間を稼げます。というか、稼げたとしても自分がフックの近くにいないようにしないとダメなんですがね。
使い方としては時間稼ぎ程度です。

3:LV1から使ってみた感じ

「ダンス・ウィズ・ミー」と「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」が初心者にとってはとてもありがたい構成だと思います。
というのも最初はマップの形がわからないことと、キラーから逃げ切ることがとても辛いため、それをカバーするのに役立つからです。
といってもチェイスを仕掛けるわけではなく、逃げる道を確保するためにパークを活用するというものです。
窓枠などを見つけたら窓超えをしてそのまま足跡を消しながら逃げるということができます。
入り組んだ場所であればキラーを撒くことも可能です。
また、板の位置などわかると次の逃げ場の確保にも繋がります。
板を使って時間を稼ぐのがとても重要になりますので、使っているうちにマップを覚えれるのがとても良かったです。
ただし、回復手段はないので、しっかり隠れながら発電機を修理しましょう。

4:キラーから見たイメージ

ケイトの場合、固有パークを持っているかというよりも、ティーチャブルパークを使っていろんな編成をしているというふうに見てます。
というか、固有パークは上手いプレイヤーになるとあんまり使うことないんですよね。
なので、一度切りつけてから様子を見るという感じが多いです。強いというよりも何を持っているかわかりづらいキャラクターなんですよね。
でも、結構チェイス向けのパークが多いような気がするので、短時間で仕留めにかかりたいですね。

5:最後に

お気に入りのキャラということで、思い入れはかなりありますね。
というか、初めて使ったキャラもケイトでいまだに使い続けています。スキンもかっこいいのが多いのも特徴的なので是非試してみえください。
今回はここまで。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました