サバイバー「ウィリアム・”ビル”・オーバーベック」【デッドバイデイライト(DbD)】

サバイバーについて

みなさん、どうも( ´∀`)
今回の紹介は、「ウィリアム・”ビル”・オーバーベック」となります。
このキャラクターに関しては、別ゲームから参戦したキャラクターとなっております。
XboxとウィンドウズでプレイできるホラーFPSの「Left 4 Dead」に出てくるキャラということです。
そのため、衣装がほとんどなく、見た目も固定されるためスキンはないもののパークは救助を軸としたものが揃っており、場面次第ではとても強力なものとなっています。
渋いおじいちゃんということもあり人気ですが、その背景などもみていきましょう。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

【ALE】エルザ レト
どうも、Elza(エルザ)といいます。 ゲーム実況と、攻略や解説を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPGを中心にしています。 洒落な雰囲気のゲームも好きですね。 実況動画投稿は毎日1本を上げるようにしています。 ゲームを複数並行プレイしている時は、2本アップもあるかも。 もちろん...

1:キャラ背景


ウィリアム・”ビル”・オーバーベックが戦いをやめて平和な暮らしを生きるには、ベトナム戦争への従軍が2度、片手いっぱいの勲章と膝いっぱいに刺さった破片、そして名誉除隊を受けることが必要だった。
しかし、彼はそんな人生は嫌いだった。

将来性がない仕事を転々とすること数十年、手術のため病院を訪れたビルは、目を覚ますと今までの世界が消え去ってしまったことを知る。
伝染病が、ただの人々を心無き殺人マシンに変貌させていたのだ。
彼がまず最初に行ったのは自宅への道を切り開き、軍の制服を身につけることだった。
彼は寂れたゴーストタウンや暗黒の森を突き進むうちに他の生存者を見つけ、共に感染者の群れから逃げ続けた。

最終的にビルは仲間の安全を守るために自らを犠牲にした。
彼の死体は見つからず、ついに”見捨てられた”(Left for Dead)。
彼が長年求めていたもの--戦うべき敵--を見つけたことは誰も知らない。

2:パーク

1:置き去りにされた者

【効果】
潜在的なオーラ可視能力を解放する。
儀式で最後の生存者となった場合、24・28・32メートル以内にあるハッチのオーラが見える。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
このパーク日ては、儀式で最後になったという条件が必要です。ということは、味方が自分以外全滅しているか、脱出していた場合です。
そう慣れば使えるのですが、使うシーンが非常に限られているというのがポイントです。また、使うとした時にハッチを出すためにも発電機を残り2つ以下にしないと出現しないためかなりシビアなパークです。

最大限に使うとすれば鍵を持っていき、最後の1人になった時にキラーより先に見つけて一気に脱出するか、キラーがハッチを閉じた後にあえてこのパークで探し出し脱出するというのが使い方かと思います。単体として使うよりも、アイテムと合わせると使い勝手が良いように感じます。

2:与えられた猶予

【効果】
殺人鬼の脅威範囲内で仲間をフックから救助すると、想定外のエネルギーが体にみなぎる。
殺人鬼の脅威範囲内で生存者をフックから外すと、15秒間、我慢のステータス効果を得る。フックから救助された生存者を瀕死状態に陥れるあらゆるダメージの代わりに、深手のステータス効果が適用される。生存者は10・15・20秒間、自分を治療する時間が与えられる。
フックから救助された生存者が深手の影響を受けている状態で、ダメージを受けることや、深手のタイマーが終了することで、フックから救助された生存者はすぐさま瀕死状態になる。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
基本はキラーの脅威範囲(心音範囲)というのが条件です。そのため、キラーの心音がする範囲内で発動を狙うため自分が被弾しやすいことが多いです。キラーの位置を抑えていないと、何の発動もない時があるので心音に注意しましょう。
また、このパークが一番光るのは通電してからの救助です。出口が開いた状態の時など、ある程度距離があってもこのパークの我慢ステータスによって生き延びやすくなります。
特に通電してからは、キラーは救助されたキャラを追いかけまわしますので、このパークが発動していると生存時間を伸ばしやすくなります。もちろん、通電してなくても助けた人の生存時間を伸ばす手伝いができるので、非常に強力です。
他のパークと組み合わせるなら、やられる前提で「解放」や「決死の一撃」と組み合わせると良いです。
ただ注意しないといけないのは、心音がないキラーでは発動がしづらいため、キラーを見極めて使雨という点ですね。

3:不滅

【効果】
過去の戦いは、生き延びるための術を教えてくれた。
1マッチに1回のみ、瀕死状態から完全に回復することができる。瀕死時の回復速度が25・30・35%上昇する。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
1回限りのパークですが、これはキラーに依存するパークとなります。
というか、キラーが瀕死時に放置してくれないと使うことができないパークなので難しいところですね。
ちなみに、瀕死状態からの回復速度が上がるので、復活をすることを前提にするのではなく、回復スピードを上げるのを目的に使うのも良いかと思います。それだけで味方が助けに来た時に救助時間が短くてすみますからね。

復活できる確率はそこまで高くはないので、あえて回復速度を上げるという使い方が良いかと思います。

3:LV1から使ってみた感じ

なんと言ってもボロタイ(与えられた猶予)が使い勝手が良いと思います。
基本的には、助けに行くというよりも隠密で発電機を直すことが優先的になりますが、味方を救助する際に確実に助けれる確率がアップするので、立ち回りが臨機応変にできる印象でした。
ただし、チェイス用のパークはないため、隠密がうまくできないとかなり辛い感じですね。
ボロタイ以外の2つに関しては、そもそも運要素が絡むので、使えるシーンはそこまで多くない印象です。ただし、一発逆転が狙えるのでロマンのあるパーク構成です。

4:キラーから見たイメージ

正直なところ、ボロタイか不滅はあるだろうなという予測で追いかけます。
パークのことを考えるとビルを先に潰したいなというのがありますね。特にチェイスを仕掛けてくるようであれば要注意という印象です。
また、やたら助ける場合はボロタイが確定する時が多いので、ビルが助けた場合は、先にビル自体に1発入れておくか、ビルを誘うために囮用のサバイバーを吊すのが良いかと思います。

とにかく、フック付近にいる可能性が高いので、吊るした後に油断させ近づけさせ、救助の前に1発入れておくのがベストかなと思います。あとは脱出口が出てきた場合は、放置せず吊し上げたいですね。

5:最後に

非常に強力なパークを持っており、サバイバーで味方の救助の手助けになるパークはとても便利です。もちろんビル自体も渋いおじいちゃんでカッコいいのでいいですよね。
ただ、緑が意外と目立つこともあるので、しっかりと隠密しながらチャンスを窺いましょう。
今回はここまで。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました