キラーを使わなくても、特徴と対策がわかるブログ&動画「カニバル」【デッドバイデイライト(DbD)】

キラーについて

みなさん、どうも( ´∀`)
今回のキラーはデトバの元となったとも言える「悪魔のいけにえ」からレザーフェイスこと、「カニバル」です。
デトバの元になったというのは肉フックのことですね。
カニバルがチェンソーを持っていることから初動で音がするとヒルビリーと間違えそうですが、扱い方が違う2人なので聴き分けもしやすいんですよね。
ただし、ヒルビリーよりもチェイス時のチェンソー使いが巧みなので、近づきたくないキラーです。また、「バーベキュー&チリ」という金策パークがあるのでそれだけでも欲しいキラーです。
それでは、カニバルについて紐解いていきましょう。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

【ALE】エルザ レト
どうも、Elza(エルザ)といいます。 ゲーム実況と、攻略や解説を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPGを中心にしています。 お洒落な雰囲気のゲームも好きですね。 実況動画投稿は毎日1本を上げるようにしています。 ゲームを複数並行プレイしている時は、2本アップもあるかも。 ※現在動...

▼キラー説明書▼

1:キャラ背景

カニバル
殺人鬼の邪悪な行いは、病的な精神の衝動によるものなのか。あるいは外的な圧力により追いつめられるが故なのか。これは長い間議論され続けているが、ある1人の殺人鬼は、本性と外因が密かに結びついている。

レザーフェイスが他者を殺めるのは自身のエゴの強制でも、性欲欲求を満たすためでも、頭に響く声を鎮めるためでもない。彼が殺すのは、恐れているからだ。誰かに傷つけられることを、家族に失望されることを、そして人肉を食するという共通の秘密が露見することを恐れているからだ。

彼は言われたことは何でもやり、家族が自分を好きでいてくれる。それが全てなのだ。よそ者は驚異であり、驚異は排除されなければならないのだ。

例えば、家に上がり込んできたあの招かれざる少年たちのように。まるで我が家のように上がり込んできた少年たちは家の中を探し回り、家族の秘密を暴こうとした。間違いなく。しかしレザーフェイスは彼らを始末し、家族を守った。皆から教わったように。

彼はただ家族を守るだけでなく、沢山の仕事があり、それにはそれぞれの「顔」がある。夕食を用意し、家族の面倒を見て、食事には正装で現れる。かつては祖父母が家族全員の世話をしてくれたが、祖父は歳を取り、祖母は動かなくなってしまった。そのため、レザーフェイスと彼の兄たちがその役目を引き継ぐしかなかった。彼にとって家族は全てだ。彼にとって家族とは「安全」であり、「安心」なのだ。

しかし彼が最良を尽くしても、少年たちの1人が逃げ出してしまった。レザーフェイスは少女を止めようと懸命に追いかけたが、助けに入った他のよそ者――邪悪なトラック運転手により彼の兄は轢き殺されてしまった。まるで小動物のように。激怒した彼はチェーンソーを復讐に燃やして運転手に飛びかかったが、彼は素早く、逆に殴り倒されて自らの刃を受けてしまう。

よそ者たちが走り去るのを見たレザーフェイスは怒り、悲しみ、苦痛、そして彼の家族に降りかかるであろう事態への不安に襲われた。彼らは当然警察を連れて戻るだろう。そして警察は兄たちや祖父を奪っていくだろう。彼ら無くしてレザーフェイスに何ができるというのか?彼らの命令がないと、彼は野垂れ死にするだろう。

崩れ行く彼の世界で、彼は回り、チェーンソーを振った。彼を覆う無数の外的を退けるために。

その時である。レザーフェイスを異なる感情が襲った。それは冷たい戦慄と共に、視界の外から彼の皮膚を這い登ってきた。その時彼は理解した。よそ者が何をしようとも、更に大きい、更に悪しき存在が闇の中に存在することを。彼はかつてない恐怖に包まれたが、それは同時に、彼が家族に抱いていた恐怖と同じ、安らぎにも近いものだった。「失望させてしまう恐怖」である。

そして彼は、見たことがない場所にいた。しかしそこはどこか親近感があり、自分が何をしなくてはならないかを本能的に理解した。もう、家族を守りきれなかったような失敗は許されない。ここにもよそ者がやってくるだろうが、どのような脅威も排除する。叫び声が響いても、また静寂を取り戻すことができるだろう。この世界に残るのが、尊きチェーンソーの音だけになるまで。

さぁ、よそ者を迎えよう。

2:特殊攻撃・特性

カニバル 特殊攻撃

その他の特徴▼

移動速度 秒速4.6m(通常)
チェンソー速度 秒速5.29m
脅威範囲 32m
背の高さ 背が高い

2:アドオン

カニバル アドオン

2:パーク

カニバル パーク

1:ノックアウト

【効果】
攻撃された生存者はトラウマを受け、仲間の救助を得られにくくなる。瀕死状態の生存者のオーラを32・24・16メートル以上離れているほかの生存者が探知できなくなる。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「ノックアウト」は、可視能力妨害型パークです。
説明通り、サバイバーが一定距離以上で探知ができなくなります。瀕死状態のサバイバーは通常味方から確認ができるのですが、一定範囲内でなければ見えないというのは救助の遅延につながっていきます。出血死もあり得るので、サバイバーが無理やり救助してくるのを狙えるんですよね。

特にカニバルのように一撃持ちは「伝播する怖気」で近くのサバイバーを特定し一網打尽もできるので、パークで探し出したり放置しておびき出すのも非常にいいかと思います。

2:バーベキュー&チリ

【効果】
エンティティとの深い繋がりが潜在的なオーラ可視能力を強化する。
生存者をフックに吊るした後4秒合間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。
・生存者が初めてフックに吊るされるたび、全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で100%まで。この効果は重複する。(トークンを2・3・4取得する)
追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「バーベキュー&チリ」は、索敵&BPUP型のパークです。
このパークは、キラー必須といってもいいくらいのパークです。その理由としてですが、まず吊した瞬間にサバイバーの位置が特定できるため、次の行動が定まりやすくなります。見えなければ近くに潜んでいる可能性もあるので、警戒もしやすいんですよね。
あとは、ブラッドポイントのボーナスです。このボーナスが、全ての獲得ポイントに反映されるので、めちゃくちゃポイントもらえます。索敵だけでなく、ポイントも美味しいので、つけてて村がないパークです。

バベチリを警戒してロッカーに入るサバイバーもいるので、「アイアンメイデン」と組み合わせてロッカーに隠れたサバイバーを特定するのもいいかと思います。
ロッカーに入れないというだけでもプレッシャーにはなりますからね。

3:フランクリンの悲劇

【効果】
あなたの通常攻撃を受けた生存者は衝撃でアイテムを落とす。落ちたアイテムは150・120・90秒が経過する前に拾わなければエンティティに吸収される。
32メートル以内に地面に落ちたアイテムは、白いオーラで判明する。アイテムのオーラはエンティティに吸収されるまで徐々に赤へと変わる。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「フランクリンの悲劇」は、アイテム対策型パークですね。
特にライト持ちに対しても対策と言えます。回復やカギなどいろいろ要素はありますが、積極的につけるかというと難しいところです。
マッチング中にサバイバーが大量にアイテムを持っているようであれば付けるくらいで警戒用として持っておくくらいで良いかと思います。

4:キラーの使用感

チェンソーを使った際にいかに壁にぶつからないかが重要でした。
チェンソー状態で壁にむつかるとスタンが発生するためチェイスが長引くんですよね。特にうまいサバイバーは内側を舐めるように走ります。なので、壁際でもしっかり距離を縮めるためにもギリギリを常に攻めれるように動けるキャラコンが大事ですね。

また、窓枠を超えた場合、チェンソー状態が解除されるまで時間がかかります。板ならまだいいのですが、窓だとチェイスが長引きますので、発動を遅らせるなどの工夫をしましょう。

あと爽快だったのは、地下に吊った時の救助防止ですね。地下に釣ることが成功すれば地下からの脱出を全員防ぐことができるため、かなり爽快です。連続で当て続けることができるので、焦らずにしっかり狙っていきたいところですね。

5:サバイバー側の対策

カニバルの対策としては、とにかく近づけさせないこと。
近づいたときのチェンソーはピカイチと言っていいほど強いです。
移動速度が上がるので、一気に間合いを詰められることも多くあるんですよね。
とにかく、近くの板や窓枠をしっかり把握して、いつもより早めに行動するようにしましょう。ワンテンポ早く処理するのが重要です。

また、チェイスをやむなくするときはサバイバーのキャラコンが重要となります。チェイスが始まっていたがないとなったときは、なるべく壁を擦るように走りましょう。
特に曲がるときは擦るように動くのが大事です。壁にチェンソーをあt流ことによって癇癪を誘発するためです。

ちなみに救難は困難を極めます。
チェンソーは場合によっては2人まとめて倒せるためかなり辛い展開があります。
無理救をすれば一気にやられることもあります。
まずは、ボロ隊持ちを優先して助けること。そして救出するのは2人目が倒された瞬間を粘ること。確実に助けれるタイミングを狙うことです。
また、それまでは発電機を修理することが大事です。それだけで有利になりますし、キラーの不安を煽れます。
とにかく発電機を残り2個以上にして、はっちから逃げれる準備ができるところまで整えていきましょう。

1人に執着している時こそチャンスなキラーです。

6:最後に

今回はここまで。
何かとトンネルとキャンプが多く嫌われやすいキラーといってもいいですが、それをするだけの能力もあるキャラクターです。チェンソー自体も非常に強力でヒルビリーよりも扱いがしやすいので油断すると一瞬で全滅なんてこともあるんですよね。
そういったロマンある一面も備えたキラーですし、ポイント稼ぎにはもってこいのパークもありますので、そのためだけにも購入していいキャラだと思います。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました